「さくら 桜葉入り緑茶」&「桜のケーキ」

満開になった場所あり、まだまだ三分咲くらい?のところあり、といった感じの今年の桜。お花見はこの週末あたりがいいのかな??ということで、今回も桜のお茶を淹れていきます。小田原の老舗「江嶋」さんの「さくら 桜葉入り緑茶」です。桜葉の砂糖漬けと桜花を緑茶にブレンドしてあるというこのお茶。楽しみです♪

合わせるお菓子は「桜のケーキ」。こしあん入りの生地に塩漬けした桜の葉を練りこんでいるということです。桜葉対決?!早速スタジオで淹れていきましょう!

やってきたのは、Goodday!の後、19時から生放送のBIG FISHのハリー店長です。桜葉入り緑茶の説明をしばし聞いてもらった後に一服!「砂糖漬けということで甘い感じですね。桜の香りとお茶の味が絶妙です!」とな。ふんわりと甘み、そして、桜の優しい香り、緑茶の風味、と“絶妙”な訳ですな。

それでは「桜のケーキ」です。「外見はいわゆるカップケーキですが。。。」と言いつつ食すハリー店長。「中のあんこがこれまた絶妙です」と嬉しそうにもぐもぐ。「こちらも桜の葉が練りこんであるので桜の香りがふんわりします。甘くてほんのりしょっぱいってこれはもう鉄板ですね」と着地!桜葉の香りに包まれたお茶の時間になりました。

まだまだこれから!の小田原の桜。さて、次回はどうしようかな?Img_2832 Img_2833

| | コメント (0)

「足柄茶“極上”桜バージョン」&「生八ツ橋 桜」

ついにソメイヨシノ開花!の便りが届きましたね。平年よりは何日か早いそうですが、昨年よりは遅かったようですね(昨年はどんだけ早かったんでしょ?)。先手必勝!ということで早速桜のお茶を淹れていきましょう!定番・足柄茶の「極上」に、神奈川県産が全国シェアの8割を占めるという「八重桜の塩漬け」を浮かべるという春らしいアレンジ♪“金色透明”と言われる足柄茶ならでは!の水色に水中花のようにふんわりと桜の花が咲く見た目も美しいお茶。今回も上手に淹れましょうね!

合わせるお菓子は、こちらも「桜」。生八ツ橋の「桜」です。

やってきたのはいつものN(名誉)助手。桜やら、花粉症やらを語りながら着席。「いつもの澄んだ山吹色の水色の中にピンクの桜が浮いてますね。若干しょっぱそうな気がするのはこれまでのイメージでしょうかね」と言いつつ一服「あ、最初はザ・お茶ですが、後味が桜です。ほんのり酸味と塩味が残ります」とな。「なんというか、ひらひら舞う桜の花びらのようなイメージですね」とキレイにまとめます。

続いては、「生八ツ橋 桜」です。「生八つ橋の生地が桜色で、桜の葉の刻んだものが練り込んである感じですね」と形状を描写しつつ食すN助手。「こちらも桜が香ります!」とテンション高め↑↑「お茶と一緒にいただいてみると、咲き誇る桜を感じます」と着地。

まだ咲き始めの今年の桜ですが、満開が楽しみになるお茶の時間です。

さて、次回はどうしようかな?

Img_2811Img_2814

| | コメント (0)

「若芽の茎の甘みの茶づくり」&「こぶ柿」

Img_2794


Img_2795
ホワイトデーも過ぎ、続いてはお彼岸。春への期待が一段と高まる時期ですね。前回の“ゆめわかば”に続いては「若芽」という言葉が入っているお茶「若芽の茎の甘みの茶づくり」というのを用意しましたよ。一番茶の特に若い茎の部分を使ったお茶。茎の部分は甘みが豊富でテアニンというリラックス成分も多く含まれているそうですよ。(楽しみ♪)
お菓子は、富山県産水稲もち米と日高昆布を使ったという「こぶ柿」というあられを合わせます。“柿”って入っているけどどこかに“柿”が使われているとか???ないよね?
早速スタジオで淹れていきます。やってきたのは久々登場のN(名誉)助手。2、3日前から腰にキテいるそうな(春先は気をつけてくださいよ!)。甘みを出すためぬる〜めのお湯で淹れたのですが、予想外の濃い水色に驚きつつお茶を勧めます。「しっかり出ている感じですね」と言いつつ一服するN助手。「あ、ボディはガツンと太いのですが、甘いです。若い芽だけに勢いがある感じですね」とな。
続いて「こぶ柿」です。「この“こぶ”っていうのはなんのこぶでしょうね?」と“柿”ではなく“こぶ”にフォーカスするN助手。「小分けパックになっていて、中はいわゆるおかきなのですが、、、」と形状を描写しつつ、“こぶ”は昆布の“こぶ”じゃないの?というまーしゃに「形のこぶこぶしたところも関係がありそうです」と見た目も“こぶ”と結びつけたい雰囲気です。食してみて一言「柿は入ってないですね!」ときっぱり!「おかきの“かき”じゃないでしょうか?」そ、そうかも?でも“柿”っていう字を使ってあると妙にあの“柿”をイメージしちゃうよね!?
「では、こぶ柿とお茶を一緒にいただいてみます!」とN助手。「若芽のダイヤモンドの原石のような存在感を感じます!」と着地。なるほど!
さて、次回はどうしようかな???

| | コメント (0)

「ゆめわかばブレンド」&「佐賀みかんボーロ」

Img_2786


Img_2787

月に入ってから雨模様の日が多くてどーんよりしていたのですが、晴れましたね!今回は芽吹きの季節への期待を込めた?かのような「ゆめわかば」という品種のブレンドを淹れていきましょう!「ゆめわかば」は2008年に品種登録された比較的新しい品種だそうです。クセがなく上品で優雅!バランスの良い「やぶきた」とブレンドされているので飲みやすいとのこと。(楽しみ!)
合わせるお菓子は「佐賀みかんボーロ」です。佐賀みかん「あんみつ姫」を皮ごとペーストにし、生地にたっぷり練りこんだというお菓子。九州産小麦粉100%使用とパッケージにあり、九州の素材にこだわっているのがわかります。さらに!「ぼうろ」とは、400年ほど前にポルトガルから伝わった日本初の洋風の味を取り入れたお菓子と言われているそうで、今では九州を代表するお菓子として知られているんですって!たっぷりと九州を感じつついただくとしましょう!
やってきたのは、Goodday!の後、19時から生放送のBIG FISHのハリー店長です。「今日のお茶、花粉症に効きますか?」とマスク姿で登場。花粉の季節。かなりツラそうです。“べにふうき”だったらよかったねぇ。「春らしい名前のお茶ですね」と言いつつまずは一服。「飲みやすいですね。すっきりしています」とな。
続いて「佐賀みかんボーロ」です。「見た目はどら焼きの皮みたいな感じですね」とまずは外観から。「ぼうろって、あのちっちゃいのもぼうろですけど大きいこれもぼうろなんですね」と不思議そうに語るハリー店長。確かにあのちっちゃいぼうろとこのおっきいぼうろは何か関係があるのか?気になりますね。そして、実食!「あ、どら焼きの皮というよりは、食感はさっくりした感じです。ふわっと軽いですね」だそうな。で?“生地に練り込まれたみかん”は??「味としてはそんなにがっつりきませんが、香りがすごいみかんです」と着地。
冬の果物「みかん」のぼうろと春を思わせる名前のお茶「ゆめわかば」で、冬から春への季節の流れを感じるお茶の時間です。
さて、次回は???


| | コメント (0)

「つゆひかりブレンド」&「おひな菓子(三色羽二重餅)」

Img_2778


Img_2781

3月になりました!FMおだわらでは周波数が変更(難聴地域の改善のため送信アンテナが新設されたためです)になり、高校では卒業式。そしてひな祭りですね。今回はひな祭りにちなんだ三色の羽二重餅その名も「おひな菓子」を用意しましたよ。合わせるお茶は、春の光を思わせる(?)「つゆひかり」ブレンドです。この「つゆひかり」天然玉露といわれる「あさつゆ」と「静−7132」を掛け合わせて作られた品種ということで、スッキリした甘さと特有の香りがあるお茶だそうです。確か、静−7132って、ほんのり桜葉の香りがするお茶じゃなかったかな??どんな感じか楽しみ♪
早速スタジオで淹れていきましょう!やってきたのは深夜の番組「セノケンの深い夜」のセノケンさん。「セノケンの深そうな夜」というライブの情報を持ってきてくれました。このコーナーをきっかけに“お茶”に関心を持ったというセノケンさん。まずは一服「んー、なんかほんのりなんだけど桜餅を包んでいる葉っぱの香りがするかも?」と、嗅覚(?)のスルドイところを垣間見せてくれましたよ!(なんかスゴイ!)
そして、「おひな菓子」です。「三色なんだけど、どれから行こうかな?」と言いつつ「ピンクから!」と、まずはピンクの羽二重餅を食すセノケンさん。「うーん、羽二重餅だね」とな。「色によって味は変わるのかな?」と、続いて白を。。。「あんまりわかんないな。。。」そして、緑を。。。「あ、なんか緑は違う気がする!」だそうで。。。原材料を見る限りでは色によって味の違いはなさそうだけど??「やっぱり食べ物は見た目が大事っていうじゃない?」とセノケンさん。確かに、色からひな祭りの季節感を語っているようです。「でも、コレ、親指の爪の部分くらいの大きさのキューブで食べやすいから、いわゆる“菱餅”が苦手な人にもいいかもね!」とまとめてくれました。
お茶も和菓子も“深い”春の宵でした。
さて、次回はどうしようかな?

| | コメント (0)

「梅抹茶」&「梅だれ餅」

Img_2753


Img_2754

先日、足柄茶コンシェルジュの活動で小田原フラワーガーデンの渓流の梅林梅まつりの会場で「うまみ茶」の呈茶をおこなってきました。早咲きから遅咲きまで、約200品種480本の多種多様な梅が咲き誇る中での梅の香りに包まれての呈茶♪素敵なひと時を過ごしてきたので今回はそのおすそ分け!ということで、小田原フラワーガーデンのお土産品の中からお茶とお菓子をチョイス!お茶は「梅抹茶」です。(呈茶では足柄茶の高級煎茶を使用しました)お菓子はこれまた小田原フラワーガーデンオリジナルの「梅だれ餅」!(呈茶のお菓子としても使用しました)小田原産十郎梅を使用しているという本格派です。
梅づくし!どんな感じになるのか?早速スタジオで淹れていきましょう。
やってきたのは“いつものN(名誉)助手。「”いつもの“ってつくんですか?」と言いながら着席(久々の!ってつくときもあるけどね)。早速お茶を手に取ります。「抹茶と言うだけあって鮮やかな緑色です。が、底が見えないほどのこともありません。あられが浮かんでいますね」と詳細に描写していきます。そして一服。「梅の香りがふわっときます。適度に塩味も効いて酸味も効いて、お茶というより。。。なんていうんだろう?」としばし考えるN助手。「お茶漬けの素にこんな感じのものがあったかも?」と、まーしゃがつぶやくと「そう!それです!!これにご飯入れたら美味しいかもです!」とな。そして「毎回のようにこれを形に例えるとですね。これは、形状のないスライムのような。。。なんというかいっぺんにいろんな表情が飛び込んでくる感じです」とまとめてくれました。
つづいて、「梅だれ餅」です。「ピンク色の包みを解くと。。。一口大のカップに入ったお餅が出てきます」とN助手、丁寧にパッケージの形状を説明します。「これは一口でパクッといくんでしょうかね?」と食べ方をしばし模索しつつパフッと粉をこぼして一口で食すN助手(楊枝を用意すればよかったかな?)。「ほんのり甘くて中の梅だれの爽やかさがイイ感じです」と着地。「これをお茶と一緒にいただくと、甘いものとしょっぱいもののバランスが絶妙です」とまとめもバッチリ!なかなかフラワーガーデンのお土産は高クオリティなのでした。
さて、次回はどうしようかな?


| | コメント (0)

「足柄茶 早春限定 春いちばん」&「国産小麦のミニロールケーキ いちご」

Img_2745


Img_2746
立春を過ぎたもののまだ“寒〜い”日が続きます。が、先週末、足柄茶の直売所から売り出しのチラシが届いたので急行したところ、なんと!「早春限定 春いちばん」が今年も登場していました!(やはり“春”はやってきていた!)昨年もご紹介したのですが、このお茶“五月にとれた新茶を冷凍保存し、一足早く新茶の香りが楽しめる”というものです。まさに一足早く“春”を味わうお茶!(楽しみ♪)
合わせるお菓子は、「春いちばん」の春らしいピンクのパッケージに合わせて、こちらも春を思わせる「国産小麦のミニロールケーキ いちご」を用意しましたよ。こちらもふんわりしたピンクのパッケージが春の訪れを感じさせます。
早速スタジオで淹れていきましょうね!
やってきたのはいつものN(名誉)助手。「水色は緑がかった山吹色ですね」とまずはお茶の見た目から。「飲んでみます!」と一服。「力強い感じです。落下傘の逆向きというか。。。そうですね。雫の形のようなテイストです」いつもの名調子!「つまり、すんなり入ってきてガツンとうまみと渋みがバランスよく来る感じですかね」と解説。(なるほど)以前のコンタクトの2枚目よりはイメージしやすいわ(笑)
そして、ミニロールケーキ「いちご」です。「これはいわゆるロールケーキを縮尺した感じですね」とまずは形から。「某スモールライト!で小さくしちゃったみたいです」と形容し、実食。「いちごクリームの風味が口いっぱいに広がります!春を感じますね」とまとめ、「お茶と一緒にいただいてみます!」とまたお茶を一服。「すんなりとフラットになりました!」と着地。いつもながら冴えた例え方です。(感服!)
いちごクリームのふんわり感が新茶を思わせるお茶とともに淡い早春の空気を感じさせてくれるひとときでした。
さて、次回はどうしようかな?


| | コメント (0)

「黒豆茶ブレンド(いわしや)」&「胡麻味噌クッキー」

Img_2739


Img_2740
街はバレンタインデーに向けて猛ダッシュ!という感じですが、まーしゃは3日の節分の日に、山北町の“やまきた駅前朝市”に行ってきました。第1部は朝7時から!と早い時間からなのですが、美味しそうなもの色々並んでいましたよ!その中から、コーナーでも時々お茶を使わせていただいている和漢植物茶の“いわしや”さんで見つけた「黒豆茶」(節分でしたからね!)と、山北駅前のお菓子のお店“秋月堂”さんの「胡麻味噌クッキー」(パッケージに商品名が書いてなかったのでこの名前で良いのか?若干不安はありますが。。。)をチョイス!今回はやまきた駅前朝市特集でお送りしましょう!
早速スタジオで淹れていきますよ!「黒豆茶ブレンド」は黒豆茶に焙じハブ茶、なつめ、ほうじ茶がブレンドされています。どんな感じかな??
やってきたのは久々登場のN(名誉)助手。「色々あって。。。」と言いつつ着席です。「水色は赤みがかった黒っぽい茶色ですね。黒豆の色でしょうか?」とまずは水色から、そして一服「フリスビーのようです」とな。(いつもながら“冴えて”ますな)「なんというか、ほうじ茶のテイストに黒豆が包まれている感じです」とまとめるN助手。
続いては、「胡麻味噌クッキー」です。N助手「なんというか小判と四角のちょうど中間くらいの形で、クッキーにしてはやや薄めです」と形状を描写してから一口。「最初に黒胡麻がガツンときます!その後、かなーり濃厚に味噌がきます」とわかりやすく味を説明。秋月堂さんは、以前にまーしゃ’S Caféでもご紹介した「石炭糖」のお店。あの“石炭”ソックリな“あの”お菓子を手がけたお店だということを説明すると「攻める感じの和菓子屋さん、という感じでしょうかね?!」とN助手らしくまとめてくれました。
さて、次回はどうしようかな?


| | コメント (0)

「足柄茶 特撰くき茶」&「塩ようかん」

Img_2730


Img_2732
まさか!の“お味見ゲスト不在”の前代未聞の展開を乗り越え(?)2月に入りましたね!積雪があるかも?と言われていた昨日ですが、平野部は雪にならず、周囲の山々が綺麗に雪化粧して朝を迎えましたね。そろそろ節分!でもあるのですが、前回の“ゲスト不在”のリベンジをするべく今回も「足柄茶」の「特撰くき茶」を淹れて行きましょう(結局誰か味を見ないと終われない??)。
合わせるお菓子は、(こちらは前回とは変えて)「塩ようかん」です。北海道小豆を使用し、てんさい糖で仕上げたものだそうです。
早速スタジオで淹れてみましょう!。。。と思ったら、またしてもN(名誉)助手の姿がない!(さっき今回は大丈夫です!って言ってたじゃない!?)1曲挟んで待っても戻ってこない。。。(ヤバイ!今回もひとりお味見か?!)急遽“開店準備” (GoodDay!のあとの釣りの番組の準備ね)中のハリー店長にお願いしてお味見に来ていただき、なんとか2回連続でのひとりお味見を回避。
わらわらとやってきたにも関わらず、落ち着いた佇まいで湯呑みを手にするハリー店長。「スッキリしていますね。うーんと甘くはないんですが、ほんのり優しい甘みを感じます」とな。(でしょう!?特撰だからね!)
そして、「塩ようかん」です。「2つが縦につながっていて切り離すようになってますね」と、まずはパッケージから。「パッケージの後ろの閉じ目の部分を起こして矢印の方向にひっぱると。。。こうなるわけですね」と、ようかんを出して食すハリー店長。「うーん、いい塩梅ですね。甘いものとほんの少ししょっぱいテイストってなんでこうもハマるんでしょうね」とようかんの塩加減を絶賛!(なるほど!)
ほんのり甘いくき茶とほんのりしょっぱい塩ようかんは絶妙の組み合わせだったかも?
さて、次回はどうしようかな?

| | コメント (0)

「足柄茶 特撰くき茶」&「福井 黒豆羽二重餅」

Img_2725


Img_2726

1月も最終週ですね。風邪ひきさんやインフルエンザにかかったー!という方も増えてきていますね。風邪予防にはお茶!今回は、お正月だから“いいものを”ということで(?)昨年暮れに足柄茶の直売所に並んでいた「特撰 くき茶」をご用意しましたよ!たっぷり300グラムも入った大きな袋で登場!(楽しみ♪)
合わせるお菓子は、こちらもお正月は“いいお菓子で!”と買っておいた「黒豆羽二重餅」を持ってきました。ちょっと“いい感じ”で1月を占めくくれるのか?!
早速スタジオで淹れていきます。が、、、ここで”まーしゃ’S Café“始まって以来のピンチ到来!お味見ゲストが来ないー!!N(名誉)助手→体調不良で欠席、ハリー店長→収録終わらず!社内に人がいないー!!!
というわけで、史上初の“ひとりお味見”に突入!となりました。
特撰くき茶は“特撰”というだけあって、お茶の葉(くき?)自体が上品が緑色。良いお茶だからちょっと冷ましてお湯を注ぐとふわっとくき茶独特の香りが。。。水色も済んだ薄い緑。お味はスッキリとしてほのかな甘みがあるお茶です。(やはり特撰!)これがたっぷり300グラムってぜいたくだわぁ!
そして、「黒豆羽二重餅」です。 個別包装のパッケージを開けると、角餅的な四角い、それでいてやわらかーいお餅が現れました。(2センチかける5センチくらいかな??)黒豆は細かくひいたものがまぶしてあり、ちょっと見黒胡麻が混ぜてあるかのようにも見えます。いただいてみるとふんわり柔らかく、混ぜてある黒豆もチクチクしない感じなので、黒豆独特のほんのり甘くて香ばしい香りが程よく味わえます。うーん、トークを忘れて食べるのに集中したい感じ!(番組上はしゃべらないことには進まないのだけれどね!)
まさか!のひとりお味見もなんとか着地。次回はもう2月!どうしようかな?


| | コメント (0)

«「お年賀 純金茶」&「丹沢の猪」