« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

冷茶の季節♪水出しかぶせ煎茶

7月も半ば。番組での冷たいお茶紹介も佳境です。

今回は、おなじみ京都・和束の生産者さん「おぶぶ茶苑」さんの、水出しにぴったり!という、かぶせ煎茶「きらめきの煎茶」をお取り寄せしました。

「きらめきの煎茶」は、
この時期に収穫できる、めずらしいかぶせ茶で、
二番茶特有の力強さと、かぶせ茶の甘みをもつ
水出しに最適なお茶です。
(おぶぶさんのメルマガ「おぶぶニュース」より)

http://www.obubu.com/SHOP/63.html

↑ここに詳しい説明がのってマス!

そして、お菓子は。。。

いつも取材でお世話になっている小田原銀座商店会の中にある、高校生のチャレンジショップ「ジェストーレ小田原」に並んでいた「京都・辻里」の「辻里のさと」をあわせてみました。(今回お店のイベントで仕入れたそうですよ!)

甘すぎず、ほんのりと香る抹茶クリームをせんべい(甘いせんべいね!)で巻いたお菓子は、おぶぶさんのかぶせ茶によく合います♪

いつもは、お話に集中して、お菓子に手が出るのは、トークが終わったあと!というゲストさんが多い中、今回はなぜか番組中にみなさん「では、いただきます♪」とポリポリ。。。おいしそうにみえたのかしら?
おいしそうにお茶とお菓子を楽しんでいただいたいる姿がなによりウレシイまーしゃです♪

番組では何度もご紹介していますが、京都のおぶぶ茶苑さん

http://www.obubu.com/

オススメですよ!

| | コメント (1)

大長院集会舎ティーパーティー

7月22日(火)曹洞宗のお寺・大長院さんの集会舎を会場に、「盛夏」のティーパーティーを行いました。

今回はじめての会場でのティーパーティーで、お客様も7名とかつてない人数(通常急須のキャパとまーしゃの力量?から5名以内でおねがいしています)で、すごーい緊張!

ラインナップは、「盛夏」らしく、

○お茶(冷たいお茶を中心に)
・ウェルカムティー「青紫蘇緑茶」(水出し)
・かぶせ煎茶(京都・和束「おぶぶ茶苑」)
・碾茶(氷出し)
○お菓子
・星の金平糖
・茶の実ぼうろ
・ムラング(きなこ、ミント)
・抹茶クッキー、
・抹茶フィナンシェ もしくは、・若鮎

というお茶とお菓子で、午前中のひとときをほっこり過ごしました。

今回は、某ペットボトルのお茶飲料のCMで、プレゼントとして出ていた「氷出し碾茶」に初挑戦しました。
碾茶とは、抹茶の原料になるお茶で、見た目はフレーク状。揉んでいないため、抽出には煎茶よりも時間がかかる、ということです。

ガラスの急須に10グラムの茶葉と氷、そして少しの水でじっくりと2時間ほど抽出してみました。
水色は、ちょっと薄めな感じですが、うまみ、あまみは、玉露ににている感じです。

夏休み中ということで、おばあちゃまといっしょに参加してくださった小学校4年生の男の子が、お茶の香りや味、色、そして、お菓子の味わいについていろいろと独自のコメントをしてくれたのが、まーしゃにもとても勉強になりました。

小さい頃から”和”の楽しさに触れて、日本茶を好きになってくれたらうれしいな。

| | コメント (0)

冷茶の季節♪青紫蘇緑茶

梅雨明け間近のTwilight Cafe
冷たくてさわやかなお茶を。。。ということで用意したのが「青紫蘇緑茶」
日本のハーブ”青紫蘇”をブレンドしたフレーバーティーを水出しでいれてみました。

紫蘇は、梅雨どきから盛夏にかけて収穫される一年草で、独特の香りがあります。
この香りには、殺菌、防腐作用や、食欲を増進する作用があるとか。
ちょうど食欲が落ちる時期に、旬の和風ハーブで”しゃっきり”してみてはいかがでしょう。

今回は、10グラムの茶葉を1リットルの水で6時間抽出しました。
あわせたお菓子は、もう番組ではすっかりおなじみの「お茶の実ぼうろ」有機栽培のお茶の粉末がはいっているうすい緑色のぼうろです。

静岡・森の「おさだ苑」さんからのお取り寄せです。
もちろん、赤ちゃんから年配のかたまでみんなで楽しめる「ぼうろ」口の中でサクっと解ける感じが好評です。

さて、青紫蘇フレーバーのお茶。。。みなさんの感想は?

さわやか!いいかおり!
という声に混じって
「これお茶漬けにしたい!」というかたがいらっしゃいました♪

たしかに、梅干をいれて、冷たいお茶漬けでいただいたらおいしいかも??


| | コメント (0)

冷茶の季節♪水出し玉露

先週から、冷たーいお茶を紹介しはじめたTwilight Cafe♪

冷たいお茶シリーズ2回目の今回は、「水出し玉露」

番組前にスタッフが「今日はスゴイお茶でるらしいっすよ」と、たまたま口にしたところに
「ふっふっふっ」と不敵な笑みで答えてしまったまーしゃ「そう!今日は、玉露!」
「ま、マジっすか!」
(ホントにスタッフくんは「玉露」とは知らないまま、ノリで言ってみたところに。。。)
「はい~♪」

玉露。。。お茶の新芽がでてくるころに直射日光を遮ってうまみ成分をたっぷりともった茶葉に育てたお茶。

京都・宇治、福岡・八女、静岡・朝比奈が有名な産地です。

今回は、静岡・朝比奈の玉露を水出しでいれました。

水750ミリリットルに、25グラムの茶葉で、6時間抽出してみました。

水色はびっくりするほどの緑色!(青汁か!とツッコミが入りました…爆笑)

かなりのうまみ・あまみ。。。淹れた自分でオドロくほどです。なので、お菓子は、小豆をホワイトチョコでコーティングして抹茶をまぶした「小豆ショコラ」をあわせてみました。

小ぶりの茶碗でいただく玉露にもあう小粒のスィーツ♪

かぶせ系のお茶は、そのうまみ成分の味に慣れないかたには「何コレ!」と言われたりしますが。。。今回のひと組目のゲストさんは、バーテンダーさん。

違和感なく玉露の風味をたのしんでいただくことができました(ホッ!)
カクテルでも抹茶を使ったものなどがあるそうですよ!
お茶同様奥深いカクテルのお話はとても興味があります♪
なかなかお店でカクテルをたのしんだり。。。という機会がないのですが、今度ぜひお茶を使ったカクテル。。。挑戦したいですね!

一服したときのオドロキの表情をみるのが楽しくて、番組の前後に、いろいろんな関係者にふるまってしまいました!

たまには、一口含んだ瞬間「!」というお茶もいいですよ♪

| | コメント (0)

冷茶の季節♪水出し煎茶

いよいよ7月!梅雨明けはまだだけど、そろそろ冷たい飲み物が心地よい季節。

番組でご紹介するお茶も今月から冷たいお茶にしました。

今回は、初回ということで、基本の”き”「中蒸し煎茶」で作ってみました。

1リットルの水に15グラムの茶葉、6時間冷蔵庫で抽出!

おや?どこかでみたような?というあなた!正解です♪銀座情報プラザの七夕ティーパーティーでもご紹介していたお茶です。

いつもは、番組でご紹介したものを銀座情報プラザでみなさんに体感していただく。。。という順序なのですが、今回は銀座プラザが先行デシタ!

七夕ということで、こちらも同じく銀座プラザでもご紹介したお菓子「星のこんぺいとう」と短冊に見立てたクッキー「レモンスティック」をあわせました。

いつもは、お客様の目の前で急須をつかってお茶を淹れるのですが、水出しだとすでにできあがったお茶をポットに入れてくるので、スタジオに用意する道具もぐっとシンプルになります。
お茶をいれたポットと茶碗さえあればどこでも楽しめる♪ので、思わずお昼の番組(本来はほかのパーソナリティさんが担当の番組なのですが、この日はお休みだったので、まーしゃがかわりました)にももっていってご紹介してしまいました。浴衣用の巾着に小さなポットとお茶碗をいれると、まるでピクニックセットのようでかわいい♪

水出しすると、苦味、渋味(高温で抽出されやすい成分)はほとんど抽出されずに、甘み、うまみ(本来低温で抽出される成分)がよく出ます。

水色もきれいなままで時間をおいても茶色くなったりしません。

冷たいお茶、というとペットボトルのお茶を愛飲していらっしゃるかたも多いと思いますが、家庭でひと手間かけるだけで、ぐっと甘いおいしいお茶がつくれるのでぜひためしてみてくださいね♪いつも飲んでいるペットのお茶とは一味ちがう!ときづいていただけるハズですよ♪
もちろんペットボトルも手軽でそれなりにおいしいのですが。。。
自分で作れば経済的!で、好みに応じていろいろなバリエーションも楽しめますよ!!

さて、次回はどんな冷茶を淹れようかな?

| | コメント (0)

銀座情報プラザティーパーティー7月

7月1日(火)すっかり恒例の「銀座情報プラザティーパーティー」を行いました。

いつもよりちょっと早めの開催日を設定したわけは。。。そうです!「七夕」

今回は、「星に願いを」と題して、まーしゃのおともだちのお習字の先生とコラボしてお茶をたのしみながら、七夕の短冊を書きました。

ラインナップは。。。

○お茶(夏越の祓い~七夕にちなんで)
・静岡・遠州・森「神饌茶(新茶)」おさだ苑
 お茶のまち、静岡・森町の「小国神社」に毎月一日に神饌(お供え)として献上されるお茶
・干支銘茶「戊子(つちのえね)」高塚園 
 香りと味が共に優れた品種「さえみどり」を中蒸し煎茶に仕立て、干支にちなんだ銘茶
 夏らしく今日は冷茶で。。。
○お菓子
・七夕菓子「ねがいごと」(星の金平糖を中心に)
・れもんすてぃっく(七夕の短冊にちなんで)
・きらず揚げ~天然塩・黒ごま・黒砂糖~(夏越し豆腐にちなんで)
・しみコーン(塩バニラ)七夕バージョン
・抹茶マシュマロ・抹茶きなこ豆・お茶の実チョコボール
○お楽しみ♪ ~毛筆で七夕の短冊をかきましょう~
ゲスト講師・千恵子先生 (きらめき市民教授・県立高校講師 等 諸方面で活躍中)

今回、今年初めて「冷茶」(水出し茶)を淹れました。
高温で抽出したお茶とちがって、甘み、うまみがよく出ます。
お茶の葉をティークーラーにいれて、お水をいれ、冷蔵庫で一晩。。。と、ひと手間必要ですが、経済的で甘くておいしいお茶が楽しめるのでオススメです。

今回は、茶葉15グラムを1リットルの水で6時間ほど抽出しました。

おためしあれ!

さてさて、今回の「お楽しみ♪」お習字!
実は、まーしゃも小さい頃からつい最近まで長いことお習字はお稽古を続けていました。
が、ここのところ、あまり筆を持つ機会もなく。。。久々のお習字体験になりました。

今回のゲスト講師の千恵子先生は、まーしゃとは「海外から来た中高生にお習字を教えるボランティア」を通じて知り合って、もう何年もこのボランティアを続けている仲間です。

はじめに、筆になれるために、お星様や、渦巻きなどを”なぞる”練習をして、いよいよ文字を書きます。
が、いきなり!では緊張するので、お手本を”なぞる”ことからはじめて、最後は、短冊に!!!

いつも参加してくださっているモンゴルからきたかたも、はじめてのお習字に興味津々!七夕の習慣や、筆の持ち方、漢字の書き方。。。などなど千恵子先生には質問のアラシ!

「興味をもっていただいてとってもうれしい」と千恵子先生も笑顔で答えていました♪

また、筆を持つのは、学生時代以来かも?という参加者のかたも、「おちつくし、集中できるし、筆で文字を書くことがこんなに癒されることだとおもわなかったわー」と、おもいがけず手にした筆で、書の世界にハマってらっしゃいました。

しあげは、短冊を笹につけて、銀座情報プラザの軒先(?)に。。。

そして、最後は夏越の祓いにちなんで、神前にお供えするお茶を丁寧に淹れていただきました。

開け放った扉からの風も心地よくて、アウトドアでお茶やお習字っていうのもきもちいいかも?と思える午後でした。

さて、来月は???またちょっとした企画を検討中です!おたのしみに~♪

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »