« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

碁石茶

お待たせをいたしました(?)ついに!あのお茶をご紹介です!!

なーんて、もったいつけて前フリしましたが、先週も書いたように、いつ、どのタイミングでご紹介しようか?かなり悩みました!これはかなりの賭けでしたが、ようやくその時がきました!

そうです。以前、ティーパーティーで出したら、試飲した番組の営業担当の男性が「毛穴がゼンブ閉じるようだ!」という伝説的な(?)コメントを残したあのお茶です!

四国は高知の大豊町の逸品「碁石茶」

お茶の種類としては、「後発酵茶」である「碁石茶」カラダにはいいんですが、酸味があるため、かなりはっきり好き嫌いが分かれます。

なので、あまり番組ゲストが大勢さんのときには、かなりキケンです!初対面の方にいきなり印象ワルくするキケンもないわけではありません。。。

で、今回、ゲストは、ハロウィンのイベント告知の商店会長さんのみ!

ゲストとしてお越しいただくのは初めての方なので、いかがなものか?という不安はありましたが、なにせお持ちいただく話題が「ハロウィン」です。イザというとき(?)には、「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」ということに。。。(若干ムリあり?)するとして、お出ししてみました。

合わせるお菓子は、ハロウィンにちなんで、カボチャのプレッツェル!

「ちょっとクセのある味ですから、ご無理なさらないでくださいね」といって恐る恐る差し出すと。。。

「いやぁ、そんなに違和感ないですよ」と!ああ、よかった!!

で、次!

そうです!お味見スタッフくんです。

彼にも前夜に選曲表といっしょに、「覚悟して飲むように!」とメールしておきました。

いつも、お味見の時間には、番組前半に出題しているご当地検定クイズの問題をおさらいする!というスタッフくんのお仕事があるのですが、今回は「毛穴が閉じてしまわないうちに。。。」ということで、お茶を飲むまえに、問題のおさらいもすませ、”覚悟をきめて”試飲!

「や、ダイジョウブ!毛穴、閉じませんよ!」

ふぅー。。。

「うん、キライじゃないな、この味と香り」

ああよかった。。。

一気にチカラが抜けたまーしゃでした。

この碁石茶。山間地の大豊町に古くから伝わる二段発酵茶で、発酵菌を野山から呼び寄せてつくるのだそう。。。乳酸菌や、酵素が含まれているので体にもやさしいお茶です。

お茶というと、撚れたリーフ状のものを連想しますが、この碁石茶は、四角いキューブのような固形。よく見るとミルフィーユのように茶葉が重なって固まっています。

並べて天日干しする様子が碁石のようにみえるから「碁石茶」とよばれるとか・

みなさんもトライしてみる??

| | コメント (0)

からべにブレンド

秋も深まってきましたね。

10月17日って、「貯蓄の日」だったそうです。

お茶に興味を持ち出してから、ことあるごとに「気になる」お茶をみかけると、ソク購入してしまう習性になってしまい。「お金」ではなく「お茶」を常に貯蓄しているまーしゃ。。。

今回は、ちょっと前に入手した「からべにブレンド」というお茶を紹介してみました。

中国茶風の香りがする!というキャッチコピーにひかれて買ったお茶。

なんで?今、このタイミングで???

というハナシになると、ちょっと説明が長いのですが。。。ホントウは、先週四国の「碁石茶」を取り寄せたのでソレを出そうと思っていました。「碁石茶」!そうです。以前、ティーパーティーで出したら、試飲した番組の営業担当の男性が「毛穴がゼンブ閉じるようだ!」という伝説的な(?)コメントを残したあのお茶です!
身体にはイイ、だけど、ちょっと酸味があるので、好き嫌いははっきりと分かれる。。。というビミョーなお茶。

たまには、こーんなお茶のサプライズもいいかなぁ?と思っていたんですが、なんと!今週、番組のゲストさんが番組史上初!の4組も!!あったので、急遽、「貯蓄」してあるお茶から無難そうなのを選んでみました。

だって、4組中4組とも番組には初めてお越しになる方たちで、もし、全員「うぁ!」と思ったら、番組出演がコワい印象になっちゃうんじゃないか?と思って。。。

しかーし、「中国茶風の香り」というキャッチコピーにひかれて衝動買いしただけあって、お茶の周辺事情が全くと言っていいほどわかんなーい。。。(大汗)

で、お菓子は、ちょっとウンチク語れるものを。。。と思って、高校生のチャレンジショップでみつけた「天下のかりんとう・豆乳きなこ」を合わせてみました。

これは、徳川家康出身地(だったかな?)の愛知県の商業高校で企画したお菓子で「天下の」シリーズは、きらずあげや、せんべい、あめ、などいろいろなラインナップがあります。徳川家康にちなんでパッケージにも葵の御紋がはいっています。

こんかいは、その中の1つ、「かりんとう」です。

で、その組み合わせで、
おでんの会の会長さん、青年団体のフォーラム実行委員さん、彫刻家、青年団体の渉外担当さんご一行、の4組のゲスト、プラス次の番組の関係者の皆さんにお出ししました。おっと、いつものお味見スタッフくんにも。。。

で、あんまり背景がわからないながら、淹れてみたのですが、ちょっとシブめの番茶風味。。。中国茶の存在は???どこかにかすかに。。。て感じだったんだけど。。。

今回は、お茶の紹介の時間にもゲストさんがはいってたので、あまり詳しい説明もできず。。。(かえって、ソレで助かった!だって、説明できるほどよく知らなかった!んだもの。。。)

あら、いけない!お味見スタッフくんにコメント聞き忘れた!!

さて、ビミョーな立ち位置の「碁石茶」いつ紹介しようかな???

| | コメント (0)

まんまるお月見煎茶(京都・和束)

11日は、「十三夜」でしたね。

その前日放送の番組では、その十三夜のお月見にちなんで、おなじみ「おぶぶ茶苑」さんの、その名も「まんまるお月見煎茶」を用意しました。

番組の選曲もこの日は、「月」にちなんだものでまとめましたよ!

さてさて、肝心のお茶です。

この「お月見煎茶」は、月が美しくなる10月に摘んだお茶。

お茶が秋に摘めるなんて、ちょっとオドロキ!というかたもいらっしゃると思います。

お茶は、春、夏、秋と一年に3回新芽が出るんです。このお茶は、秋に芽吹いた新芽だけで作ったお茶だそうです。

当然、おぶぶさんは、生産者さんなので、お茶は「荒茶」で届きます。
荒茶というのは、茶葉を刻んだり、ブレンドしたり、火入れをしたり、といった二次加工をしていないお茶のことで、茶畑で摘み取ったお茶を、すぐに蒸して、揉んで、お茶にした、そのままの形。。。(説明これでよかったかな?)

お茶の袋をあけてみると、たしかに、葉の形状が大きくて、「しの」とか「しらひげ」とかと呼ばれる茎の表皮まではいっているので、コレを淹れたらどんな???と少々恐ろしくさえある(おぶぶさん!失礼!!)のですが。。。

なんと!淹れたお味はすっきりとまろやか!

しかも、まんまるの満月のような、山吹色の水色がキレイ!

これには、お味見のスタッフくんもびっくりしていました。

そして、合わせたお菓子は、今回、「栗名月」とも「豆名月」ともいわれる(ちなみに十五夜は、「芋名月」)十三夜にちなんで、「チョコウエハース・マロン」を選んでみました。

マロンクリームを挟んだウエハースにマロンチョコでコーティングされたお菓子は、ちょっと庶民的だけれども、すっきりまろやかなお月見煎茶とよく合います。

このところ、試食のときにスタッフくんが奏でる(?)「カリっ」という音が聴けなくてさびしかった皆さん!お待たせでした!今回は、「サクッ」と、いい音がしました♪

さて、来週はどんなお茶にしましょうか?

おぶぶさんのHP

http://www.obubu.com/

(あいかわらすうまく貼りついてない??)

| | コメント (0)

足柄茶「秋せんえん」

秋も深まってきました。

足柄茶の「せんえん」シリーズは、これまで何度か番組でご紹介したことがありましたが、当然「秋」もあります♪

以前にもお話したかと思いますが、コレって、お値段が100グラム1000円だから「せんえん」じゃないんですって!

「千のご縁がありますように」っていう願いを込めてのネーミングだそうで、なんだかいただくといい出会いがありそう♪

今回はこの”秋限定”のお茶に、京菓子の「桔梗」をあわせてみました。

足柄茶のすっきりとした雰囲気に、上品な甘さの京都のお干菓子が合うんじゃないかなぁ?と思って、紫色のかわいいお花に葉っぱの形のお菓子をお皿にちょこんとならべておだしすることにしました。

さて、いつもなら、ひと組めのゲストのかたにお出しして、お茶の紹介の時間にスタッフと味見をして、
いつもなら、2組めのゲストの方にもお出しして、番組おわって、次の番組の出演者のみなさんにもふるまって。。。というのがお茶をいれる。というのが、だいたいの「お茶出し」スケジュールなんですが、今回、トンデモない事態発生!。。。といっても、スタッフくんの機転で事なきを得ましたが。。。

というのは、いつのもように、お味見までは、順調でした。

が、2組めのゲストのかたがいらしてから、しばらくして、スタッフくんが、私にメモを差し出すじゃありませんか!

そのメモには。。。

「お茶出しわすれてませんか?!」

「ぶぁー!!!!!!!」(声にならない叫びをあげて、瞬間、大汗!)

なんとか、トークの後半に間に合わせることができたのですが、今回ホントに冷や汗モノでした!

ちょっとこのところスケジュールがたてこんで、「イッパイイッパイ」感イッパイ(これでもか!)で迎えた金曜日ではありました。が、これはマズい!

ふだんからなにかとフォローしてくれるスタッフくんではありますが、今回ばかりは、頭あがんない!まーしゃでした。

スタッフくん「そのうち、『あ、お茶の道具忘れた!』とかいわないでくださいね」だって!

ハイ!それはダイジョウブですっ!

さ、来週は十三夜が近いですね。。。さて、どんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »