« ミル芽くき茶 | トップページ | 足柄 くき茶 »

すすり茶体験!で、アドバイザーしてきました。

いつものスタジオではなく、今回は、日本茶インストラクター協会の「日本茶アドバイザー」として、紅葉の美しい奥湯河原でのお仕事!(緊張!)

以前にも一度、鎌倉の呈茶席でご紹介した「すすり茶」を観光客の皆様に体験していただくお手伝いです。

鎌倉の呈茶席以来、2か月ぶり!

今回は、朝から1日のお仕事なので、事前に先輩方の様子をみて。。。というのはムリなので、結構な緊張!(スタジオやイベントじゃ緊張することってめったにないのにね!)

朝8時半に湯河原駅に集合して、車に乗り込み、途中コンビニでお昼御飯を買って、会場になる旅館へ。

この日のメンバーは、インストラクターでもある茶業センターのかたと、県の農政担当のかたたち、それに、実際に体験のインストをされるインストラクターさんと私。という顔ぶれ。

まずは、会場設営ということで、旅館の大広間に、6人がひとつのテーブルで体験できるようなコーナーを2つと予備のテーブルを用意して、水屋の支度。けっこう仕込みも大変です。使い勝手が良いようにいろいろとお道具類をセッティングしていくんですが、みなさん手際が良いの!今回は、私ともう一人のインストラクターさんがひとつづつテーブルを担当します。

おたおたしている間に、スタート時間になり、戦々恐々(!)とお客様を待ちます。

はじめは、4人のグループ。

イキナリではあまりに恐ろしいので(!)もうひとつのテーブルを担当するインストラクターさんに「おねがいします!」。。。してしまいました(なんて小心な!)

この日、お着物で登場のインストラクターさん、お話の導入部分に七夕の短冊を書くときの故事を織り込み、一煎目の抽出を待つ時間に、お茶(足柄茶)の由来や特徴を説明。すすり茶の由来についてなども見事なタイミングでトークを展開していきます。

さぁすが!と思ってみていると、なんとお客さまは外国のかたでした!そうです!今、アジア系の観光客のかたってとても増えていますよね!しかし!、このインストラクターさんのスゴいのは、流暢な英語で説明ができちゃうこと!
あとで聞いたら、海外にお住いだったことがあるとか。「やさしい英語しかつかっていませんよ」とおっしゃるけど、私なんて、「やさしい英語」すら口から出てきません。。。やはり、ひと組めのお客さまは、このかたにお願いして正解デシタ!

私も、がんばらなくちゃ!と、手元にある資料に目を通しながら一夜ヅケならぬ、一瞬ヅケ!で、いろんなデータなどを頭にいれようとするも!入らない!!んですね(大汗)最近、めっきり暗記モノに弱くなりました。(いかんなぁ)

そうこうする間に、お客様もだいぶ増えてきました。

私が最初に担当したのは、なんとテーブルいっぱいの6名様!

その後も、次から次!とお客さまがお越しになり、最終的には、この日70人以上のかたがお越しになったそうです。

「すすり茶」については、9月のバックナンバーでご紹介していますので、「呈茶スタッフデビュー!」の記事をご覧くださいね。

午前中は、お隣のテーブルで見事なトークを展開するインストラクターさんの受け売りでなんとかこなしたものの、お昼過ぎあたりからちょっと調子が出てきて、「きっと、お茶碗の中では、湯河原のお湯につかっているような気持ちでお茶の葉も気持ちよーくおいしい成分をだしていますよー」なんて語ってみたりもしました。
ようやく慣れてきたところで、この日は終了!となりました。(忘れないうちに、次!どこかでまたお仕事したいです!?)

で、ご紹介をしているうちに、なぜ「すすり茶」では、二煎目を飲み終わった後、三煎目の前にお菓子をいただくのか!が、はたと理解できました。(今さら遅い?!)

そうなんですね。一煎目では、旨みを、二煎目では、さわやかさを、三煎目では、苦味、渋みもいっしょに味わっていただく。。。ということになると、やはり、苦味、渋みが来る前に、甘いもの!となるわけ???ね。

手順の説明だけではなくて、一煎目を飲んでいただくまえに、ちょっとフタをずらして、香りを楽しんでいただく、とか、お茶の葉の開き具合を見ていただく、とか、お客さまに、味覚だけではなく、五感を使ってお茶を楽しんでいただくようにする。っていうのも勉強だったし、

お茶の葉をお茶碗にあけるときにも、山のように中心を高く盛っておき、お湯は周りからてっぺんを残して注いていただく。。。というのには、お茶の抽出に時間差をつけるように、葉の開き具合をうまく調整する意味がある!っていうことも、ご紹介しながらではるけど、学ぶことができました。(て、はじめから知ってなきゃマズくない?)

ということで、今回もすごーく勉強させていただいたお仕事でした。
まだまだ精進しなくては!です(汗)

せっかく湯河原まで行ったけど、今回は、名物「たんたんたぬきのタンタン焼きそば」までは、体験できず(会場まで直行直帰デシタ!)こんどは、プライベートで湯河原を楽しみに行きたいなぁ(勉強した!というワリに煩悩モードは抜けず・・・)

さて、今度はスタジオで「すすり茶」紹介しようかな?どんなふうに展開するか?ちょっと考えよう!

|

« ミル芽くき茶 | トップページ | 足柄 くき茶 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

まーしゃ様
楽しくブログ拝見してます。
私も11月24日(祝)に加満田旅館でのすすり茶を体験してきました。
まーしゃ様は、24日も活躍していらしたのですか?
大船でのイベントでも活躍されていたそうで、9月23日にも行ったのですが、どなたがまーしゃ様か、わからず・・・

投稿: | 2008年11月27日 (木) 21時10分

コメントありがとうございます!

24日にいらしたのですね。
実は、24日は生番組のお仕事がありまして、アドバイザーとして湯河原に出動(?)したのは22日だけだったのです。。。

そして、なんと!鎌倉の呈茶にもいらしていたのですね!
9月23日は、午後から会場におりました。

アド証つけて、金茶色のアドバイザーエプロンをしていたのが私です。もしかしたら、お会いしていたかも?しれませんね!

投稿: まーしゃ | 2008年11月27日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミル芽くき茶 | トップページ | 足柄 くき茶 »