« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

釜炒り茶 & だったんそば茶

今年も残すところ何日?ってところですが、やはり今年のブログは今年のうちに。。。ということで!

今回は、今年最後の番組ということで、「年越し」の意味で、”そば”を素材にしてみました。

お茶は「韃靼そば茶」に、釜炒り茶をあわせてみました。
そして、お菓子は、「そばぼうろ」

それだけでも独特の香りがおいしい「だったんそば茶」。今回は、”そば”というので、その素材だけは早々にきまったのですが、いったいどういう日本茶があうのか!?それが問題でした。

いろいろならべて悩んでいると、そこへ冬休み中の息子が。。。「日記にお手伝いしたことを書かなきゃならないんだけど、今日、まだ何にもお手伝いしてない」とやってきました。
「じゃ、片付けしたら?」と、言ってみたものの息子は「それは自分のことだから”手伝い”じゃない!」
そっか。。。ほんとうはそこんとこ一番やってほしかったんだけどな(苦笑)

それなら!ということで、「じゃあ、明日番組で淹れるお茶の試飲をしてくれる?」
「うん!」

といういことで、ウチにも“小さいお味見くん”が登場!となりました。

普通の煎茶よりは、さっぱりした感じがよさそう。。。こう、なんか香ばしい雰囲気にまとめられるもの。。。
で、釜炒り茶をあわせてみることにしました。

釜炒り茶というのは、通常蒸して作るお茶を、釜で炒って作るお茶で、「釜香」と呼ばれる独特の香りがあります。

そして、だったんそばの独特のこうばしさ。。。うまく両方が引き立てあえれば。。。

だったんそば茶のパッケージには、95度で抽出する、とあったので、はじめに、たっだんそばと茶葉を一緒に急須にいれて、90度で30秒だしてみました。

ら、息子「にがい!」

そっか、それだとお茶は苦くなってしまうのか。。。じゃ!ということで、急須を2つ用意!
一つの急須には、だったんそば茶、もう一つの急須には、釜炒り茶をいれて、まず、だったんそばのほうの急須に95度のお湯をいれてだったんそば茶を抽出。そして、その急須から、釜炒り茶の急須にだったんそば茶を注いで釜炒り茶を抽出。

「うん、こうばしいね!」と、息子からもOkがでて、この淹れ方を採用することにしました。

そのお手伝い(?)の功績をもって、スタジオへ!

思惑通り、だったんそばと釜炒り茶、好評でした。が、もっと好評だったのは、「そばぼうろ」!
スーパーのお菓子売り場で見つけた“京銘菓”と書いてある「そばぼうろ」なのですが、これが、なぜか人気。。。
ゲストさん、お味見スタッフくんはもとより、番組がおわってから、残って仕事をしていたスタッフや関係者も袋からぼりぼり。。。なぜかみんな止まりません(笑)

みんなぼりぼりといい音をさせて、あっという間に一袋空になっちゃました。

そうそう、「いい音」といえば、今年は、お味見スタッフくんが試飲・試食のときにかなでる「いい音」が評判になりましたね!番組でお菓子もご紹介するようになったのは、たしか今年のはじめからなので、もしかすると、2008年発の「名物」ってことになるのかもしれません。。。番組を聞いて、スタッフくんの「かりっ」といういい音を知っている人から、ナマで見たい!という声も???

これからも、いい音!いいコメント♪をおねがいしますよ!!

さて、まーしゃは、年明け早々から、「大福茶」で、番組に登場予定!さらに、「すすり茶」も展開しようかと計画中です。お楽しみに!

では、みなさまよいお年を!!

| | コメント (0)

足柄 くき茶 & ゆず

師走。。。年賀状の準備やら大掃除やら、あれこれとやることがおおくて(汗)←しかもまだなんにも片付いてない!。。。おっと!この更新も滞っていた!(ぼーっとしてる間に今週も放送日になっちゃうよ!)

さて、今回ご紹介したお茶は、冬至にちなんで「ゆず」のアレンジティーです。
放送日はクリスマス前の金曜日だったけど、クリスマスの前にくるのが「冬至」デシタ!

冬至といえば「ゆず」そして「かぼちゃ:ということで、このところアレンジティーのベースにしている足柄の「くき茶」を今回も使いました。高温で淹れてもさほど苦渋みがでないところがアレンジ向き♪なので、重宝しますね!お値段もリーズナブルだし。。。

確か昨年は、この時期に既製品の「ゆず」のフレーバーティー(緑茶)を使って番組でご紹介したのでしたが、今回は、俗に「ゆず茶」として販売されている「ゆずジャム」(というかマーマレード?)のようなビン詰めのものを使います。

この「ゆず茶」見た目どおり、あまみがあるペーストなので、ジャムとしてパンにぬったり、炭酸で割ったり。。。もできるそうです。が、通常だと、このペーストにお湯を注いでいただくというもの。

まず、お湯呑に「ゆず茶」をひとさじ淹れておき、それに、通常(90度で30秒抽出)に淹れた「くき茶」を注ぎます。

すると、ほんのりと甘いゆずの香りのするお茶になります。

そして、そのお茶に合わせるのは、「かぼちゃリング」某ブ●ボンの「プチ」シリーズのスナックですが、ちょっとお醤油のフレーバーが効いているので、「あまじょっぱい」お味です。

今回、お茶が甘いので、お菓子はさっぱりと。。。(でも「かぼちゃ」が素材なので、ちょっとほっくりしていますが。。。)

あまり「甘い」というイメージのない日本茶ですが、今回の”甘い”口当たり。。。意外な顔をするかたが多いかなぁ?と思っていたのですが、けっこう「おいしい♪」といって皆さん飲んでくださいました。

飲んだあとには、(ゆずがマーマレード状になっているので)ゆずの皮のスライスが残りますが、お味見スタッフくんは、この皮まできれーいに飲んでくれました。(じつはおいしかったりする!まーしゃも残らず食べてしまいました)

甘いゆず茶にちょっとしょっぱいかぼちゃのスナック。。。まずは成功のようです。

おや?いつものお味見スタッフくんの絶妙なコメントが紹介されてない!と思われたかたもいらっしゃいます?(な、ことないかな?)

お味見スタッフくん、いつものように的確なコメントでゆず茶もお味見してくれたんですが、今回はそれ以上に絶妙(!)なコメントが。。。

「まーしゃさんは”ほっこり”ぼくたちは”ぽっこり”」

なるほど。。。たしかに(失礼!)早番のスタッフくんも、遅番のスタッフくんも、体型ちょっとふっくら。。。だわ
「ほっこり」と「ぽっこり」ね!かわいいかも?!

暮れのあわただしい中、ちょっと「ほっこり」できるコメントでした。

さて、次回(て明日だ)は今年の締めくくりのお茶。。。どういう展開にしようかな?

| | コメント (0)

足柄 くき茶 & エキナセア

以前に、足柄茶のくき茶を淹れたときのこと。「こんど番組であるアレンジをしてみようとおもうんですよ」と、このブログにも書きましたが。。。今回は、そのアレンジ編その1(その1ってことは、その2もある?!)

これからの風邪の季節に、アメリカインディアンが活用していたといわれるハーブ「エキナセア」をあわせてみました。

足柄のくき茶を淹れたときに、高温で抽出しても、苦渋くならない!ことを確認したので、これなら!ということで、ハーブとのアレンジのベースにしてみました。

ハーブを抽出するには、ホントはもう少し抽出時間が欲しいところではありますが、あまりべースのお茶が苦渋くなってしまってもいけないので、ここは、お茶に合わせた抽出時間で30秒で。

エキナセアは、殺菌効果や、体の免疫を強化する働きがあるといわれているハーブで、キク科の植物だそうです。

ハーブやアロマオイルを扱っているお店でも、「かぜ対策に」というコーナーにおいてありました。
お店のかたから、「緑茶とブレンドして飲まれるかたもおおいですよ」と聞いて、むくむくとやる気がわいたのでした。

日本茶は、高温で淹れると、カテキンやカフェインが多くでます。このカテキンは、やはり殺菌効果があります。しかも、日本茶に含まれるビタミンCは、高温で淹れても成分が損なわれないんですって!

高温で淹れたお茶は、それだけでも風邪対策に有効みたいです。

前回ちょっと変則だった番組も、今回は、通常営業(?)。いつもどおりの番組進行で、ひと組目のゲストのかた、後半にはいって、お味見スタッフくん、そして、2組目のゲストのかたがた。。。と、お茶をお出ししていきました。(今回は“出し忘れ”はなし!ですよ!当然!!)

合わせたお菓子は、期間限定の「ラベンダー&ホワイトチョコ」です。
いつものように、スーパーのお菓子売り場で発見し、「期間限定」につられて購入しちゃったモノですが。。。
ハーブつながり!ということで、ラベンダーとあわせてもいいかな?と。。。

で、お味見スタッフくんの感想です。

「くき茶はくき茶の味と香りがしっかりするし、エキナセアはエキナセアの味と香りがして、両方の味と香りが混ざる。。。のではなくて、それぞれの個性を主張しながら、うまく同居している感じ」

だそうです。(うーん、なかなかのコメントだわ!)

チョコのほうも、「口に入れたときは、ホワイトチョコ。。。ラベンダーの香りがしたあとに、ブルーベリーの味がする」(ラベンダーのほかに、ブルーベリー風味もはいっているチョコだそうな)と、これまたおみごとなコメント!(もう言うことなしです)

しかし!お味見スタッフくんの弱点は、チョコを大量に食べられないこと!(と、先日別件でスタッフくんたちと「好き嫌い」について語っているときに判明!)たくさん食べると鼻血がでちゃうんだって!?

このところ、「空気が乾燥して鼻がいたい」といっていたスタッフくん。チョコと風邪には気をつけてね!

| | コメント (0)

足柄 すすり茶

ついに!というか満を持して!というか(どっちもおんなじようなモノか?)

すすり茶が番組に登場!

このお茶、淹れてお客さまにお出しする。。。のではなくて、実際にお客さまに淹れ方から体験していただく!という紹介のしかたをしているので、番組でどう展開するか???正直悩んでいました。

というのも、いつもお味見をしてくれるスタッフくんは、ミキサー卓でお仕事をしながら、コメントしてくれているんです。

でも、すすり茶のセット一式をミキサー卓で展開するのはちょっとムリ。。。だし、キケン!

さあて、どうしたものか?

で、番組前半のゲストのコーナーと、後半のお茶紹介のコーナーを急きょこの日だけ入れ替えました。

これなら、ミキサーさんに早番のスタッフくんが入っている時間帯に、遅番スタッフくんにはゲストの席についてもらってご紹介ができます♪(前にも書いたけどまーしゃの番組はスタッフが前半と後半で入れ替わる変則シフトでお送りしています)

ここ1年のお茶紹介にほとんどつきあってくれている遅番スタッフくん、すすり茶をどう形容してくれるか!スゴく楽しみ♪にして、当日スタジオ入りしましたが。。。ここで、「説教」に値する(?)かも??のエピソードを聞いてしまったのでした(笑)

というのは、スタジオには、某ミネラルウォーターのサーバーがはいっているのですが、先日、そのお水の在庫が切れたところに、建物のメンテナンスで、断水が重なり、遅番スタッフくんは、急遽空のボトルに水道水を詰めてサーバーにセットしたのでした。そして、断水も無事乗り切り、2,3日後のこと。サーバーからお水をくんで飲んだスタッフくん「やっぱり●●●●●●(商品名)の水はうまいなぁ」といったところに。。。「その水、水道水!」というツッコミが。。。そうです!スタッフくんは、自分で詰め替えた水道水にまんまとひっかかってしまったのでした!(まぁ思いこみってそんなもんでしょ?!)

他の番組関係者から「ダイジョウブか!」とウタガイの目をむけられるも、今回はすすり茶!

ダイジョウブ!お水の味は●△◆☆でも、この1年でお茶の味は適確にコメントできるように成長してるから!!
ということで、早速「すすり茶」のレクチャースタート!

まず、お盆のセットしたすすり茶のお道具一式の説明から。。。

一煎パックになったお茶。お菓子(今回は、箱根の温泉餅をご用意しました)、湯ざましとふたつきの湯呑茶碗。それに、お箸。

お菓子は、二煎目をのみおわるまでお預け!
お箸は?あとでのお楽しみ♪

ということで、

品評会出品茶というたいへんハイグレードがお茶を湯のみに。。。

そして、ひと肌に覚ましたお湯を15CCほど。

こんもりと山型に盛ったお茶の葉の周りから静かに注ぎます。。。。と、先日湯河原のイベントでご紹介した手順どおりに展開していきます(ということで、このヘンもっと知りたいかたは、バックナンバーをごらんくださいませ)

そして、一煎目を”すすって”味わったスタッフくん。「濃い。。。ですね、旨みと甘みがすごくでていて。。。」と、オドロキの表情!「でしょー?」この一煎目を味わったときのお客様のお顔を見ると、いつもこう言いたくなってしまいます(笑)
スタッフくん、お水の味では窮地にたたされちゃいましたが、お茶の味はちゃんとわかってます!ダイジョウブ!!(笑)

そして、二煎目、三煎目。。。けっこうゲスト枠10分ですすり茶ひととおり、っていうのは、あわただしい!ということが判明。。。やっぱりゆったりと楽しんでいただかなくちゃ!なんですよね。

でも、なんとか尺(コーナーの持ち時間)にあわせて、お茶の葉を試食するところまでこぎつけました。

遅番スタッフくん、以前にかぶせ煎茶の茶葉を試食したことがあるのですが、今回は、1芯2葉で丁寧に手づみされたお茶。「新緑の香りがする!」と、コメントしてくれました。

で、この感動(かどうか???)を、早番ミキサーくんにも!ということで「食べてみる?」と言う展開に。。。お茶の葉って、10人のかたが10人とも「おいしい」とはいかない部分もあるので、どうかな?と思いましたが、早番スタッフくんも「イケますね」ということで一安心。

そして、通常のお茶紹介の時間には、茶業センターのかたに入っていただき、すすり茶をPRしている背景や足柄茶の特徴などをうかがいました。

で、後半のゲストのかたにもこのすすり茶をご紹介!

後半のゲストのかたは、先週に引き続きご登場!だったので、先週とのあまりの違いようにビックリ!お盆にのって一式でてくるところあたり「お店のようですねぇ」と。。。
ゲストトークもそこそこで、お茶の紹介になってしまいましたが、最後に、お茶の葉を試食していただいた時に、「なんだか”お通し”のような感じもしますね」というハナシになり。。。たしかに、居酒屋とかで「お通し」としてでてきてもいいかな?と、スタジオに居合わせた一同が妙に納得してしまいました。

日本茶居酒屋。。。いいかも?焼酎のお茶割のお茶の銘柄を選べる!とか???
いいかも?今度特番で「居酒屋バージョン」やってみる?(まさか。。。ねぇ)

今回は、茶業センターさんには、ゲストでお越しいただいた上に、すすり茶のお道具一式をお貸しいただき、そして、お茶(高価な!)もご提供いただいてのお茶紹介となりました。この場をかりて御礼申し上げます。

| | コメント (0)

足柄 くき茶

そろそろ「あったかーい」お茶が飲みたくなる季節。。。ペットボトルのお茶を買うにもつい「ホット」を選んでしまう。。。そんな時期になりましたね。

さて、今回は、足柄茶の「くき茶」に初チャレンジしてみました。

足柄茶にもいろいろな商品がありますが、「くき茶」は今回はじめて淹れます。
たしか高温でサッと淹れる。。。て聞いたことがあるような?

お茶の袋のウラをみながら「どうしたらおいしく淹れられるの?」と悩んでいると。。。

ちょうどそこに!いるじゃないですか!!なんと!息子の通う学童保育の保護者会の役員さんに、日本茶インストラクターで、茶業センターの職員さんが。。。いらしたんですよ!!(びっくり!取材でお会いして、保護者会で再会してみてビックリ!しかも先日は湯河原のすすり茶体験にもいらしていました!)世間は狭いものですねぇ~

で、保護者会の役員会で聞いてみました。「90度で30秒」だそうです。

実は、この「くき茶」を選んだのにもちょっとウラがあります!そのワケは。。。こんど番組であるアレンジをしてみようとおもうんですよ。。。(なので、どういう展開にするか!はまだナイショ!)

ということで、今回は、基本の淹れ方でご紹介します。
合わせるお菓子は、これまたお茶請けの基本「あられ」。今回は、「京上引茶」という、お抹茶をからめたものをご用意しました。

しかし!今回まーしゃ、トンデモないことをやらかした!ことをここで白状します。。。
ついにやってしまいました!「お茶の出し忘れ!」

今回のゲストは3組!いつもはお店紹介の録音でお送りしているコーナーに商店会の会長さんがお越しになりました。この会長さん、まーしゃとは、かれこれ10年以上のお付き合い。取材はもとより、イベントのお手伝いなど、いろいろとお世話になっているかたです。

ついついいつもの調子でおしゃべりがはずみ。。。気づいたらコーナーしめる時間になってました!

「あらーごめんなさい!」ということになったのですが、会長さん、「いつでも淹れてもらえるから今日はいいよー」とナイスなフォローで帰って行かれました。幸いだったのは、番組前半、早番スタッフくんがミキサーを担当していたこと。。。かな?とりあえず、見てみないフリ?!をしてくれて助かり(?)ました。(遅番スタッフくんだったら!!!きっと。。。)

で、その直後にスタッフくんが、いつものお味見の遅番スタッフくんに交代。。。何事もなかったように交通情報とニュースをこなして、お茶紹介マエの曲へ。。。
この日のこの時間の曲は、ケイト・ブッシュの「嵐ヶ丘」

遅番スタッフくん「この曲“説教部屋”テーマだ!」というじゃありませんか?
「へ?説教?」
「そうですよ、某お笑いタレントの番組の。。。」
「あ、ああ、そ、そうだねぇ。。。」
「じゃ、お茶紹介のコーナーって、別名“説教部屋”だぁ」

ここで、まーしゃの顔面が蒼白になったのはいうまでもありません。。。

「説教。。。される!」(きゃー)

しかし、スタッフくんからは、ソノ件ついては何のツッコミもなく。。。つつがなくお茶紹介の時間はクリアしました。

で、肝心のお茶です。

高温で淹れるので、シブ味がでるかな?と思っていたら。。。さぁすが足柄茶!

「え?甘い!渋くなくて、香ばしい香りがする!しかも、後味がすっきりしてる!」(スタッフくん談)いつもながら的確なスバラしいコメント!(今日は後光が差して見えるようだわ)

このところ甘いお菓子がつづいたので、さっぱりとしたお米のあられも、くき茶の香ばしさと合って正解でした。

さ、次回からはこんなヘマはしないように。。。と。

そう!次回いよいよあの「すすり茶」登場予定!スタジオでどんな展開になるか!ご期待くださいませー♪

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »