« 加賀棒梅茶&ショコラおかき | トップページ | 静岡・森 べにふうき & ジンジャー ひなぼうろ »

鹿児島・知覧 べにふうき & つくし

花粉のシーズンですね!

今月にはいってから、「今日はとんでるねー」なんてあいさつがわりに話をしている人をよく見かけます。みなさんは花粉のアレルギー大丈夫ですか?

スタジオでも曲がかかってる合間にハナをかんでるスタッフがいたりしますが。。。そろそろツラい季節を迎えているみなさんに、ご紹介しましょう「べにふうき」

このお茶、もともとは紅茶用に栽培され始めた品種だそうです。が、この「べにふうき」には、メチル化カテキンという成分が豊富に含まれていることがわかり、最近にわかに脚光を浴びています。

というのは、このメチル化カテキンという成分は、抗アレルギー作用があるそうで、花粉アレルギーのかたにもオススメだといわれています。

しかし、紅茶のように製茶してしまうと、この成分が損なわれてしまうため、煎茶仕立てにするのだそうです。

高温で抽出するとこの「メチル化カテキン」が抽出されやすいので、高温で淹れます。

今回お取り寄せしたのは、おなじみ京都・和束のおぶぶ茶園さん。べにふうきの栽培に適した鹿児島・知覧のお茶農家さんのお茶を扱っています。

昨年はたしかおぶぶさんからは、ハーブブレンドの「べにふうき」を取り寄せたのですが、今回は、きほんの“き”ということで、「べにふうき」そのものを淹れることにしました。

関係者や、ゲストさんに「どんな字を書くの?」と聞かれたのでここにも書いておきますね。「紅富貴」と書きます。
漢字で書くと、なんか紅茶用っぽい雰囲気ですね。

そして、お菓子は、炒り米と落花生をアメで絡めた(これをパッケージでは“縁結び”を書いていた!!)「つくし」というお菓子。名前の春らしさにひかれて思わず購入しました。

で、淹れてみました。

昨年のこの時期に「べにふうき」単独で淹れたのは狭山のお茶やさんの「べにふうき」でしたが、今回の知覧の「べにふうき」は、そのときよりも、水色が明るい感じで、味も丸みを帯びています。全体的にマイルドな感じで、「毎日たのしくつづけられそう!」ってカンジです。(そうです、毎日続けて飲むことが大切らしいです)

いつものように、「つくし」をカリっといい音させて試食してくれたお味見スタッフくんも花粉の時期ツラいそう。。。
できれば、毎日もちあるいているマイボトルに入れて飲んでみるといいかも?

ということで、次回も「べにふうき」でなにかアレンジをしてみようかな?


|

« 加賀棒梅茶&ショコラおかき | トップページ | 静岡・森 べにふうき & ジンジャー ひなぼうろ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加賀棒梅茶&ショコラおかき | トップページ | 静岡・森 べにふうき & ジンジャー ひなぼうろ »