« 新茶♪鹿児島・知覧「ゆたかみどり」 焼もちマヨネーズ | トップページ | 足柄 走り新茶 抹茶ピーナッツ »

おの寺園  ail way's 初音 黒糖干し梅

前回は、いち早く鹿児島・知覧の新茶をご紹介したTwilight Cafe♪

今回も、”その「新茶」”を紹介してくださった相模原のお茶やさん「おの寺園」さんの若だんなさんにお電話をつないでのお茶の時間となりました。

もうじき静岡の新茶が入荷!というおの寺園さん。。。しかし!今日は、温故知新?!というのかな?昭和30年代~40年代にお茶やさんの修行をしていらしたというおの寺園さんの社長さんが商品企画を手掛けられたという「ail way's 初音」をご紹介!!

静岡茶を浅蒸し(蒸し時間を短め)で仕上げたこのお茶。。。通常静岡茶というと「深蒸し」(普通蒸しのお茶の3倍くらいの蒸し時間で仕上げたお茶)が主流なのですが、あえて、昭和の30年代~40年代に主流であった蒸し時間で仕上げた「金色透明」なお茶なのです!

深蒸しのお茶は、茶碗に注ぐときれいな緑色で濃く、茶碗の底が見えないことも多いのですが、このお茶は、きれいな山吹色で、茶碗の底もきちんと見えます!

たしか、まーしゃも、子供のころ、お客さまがいらしたときなどに、母が客用の白い茶碗に注いだお茶は「黄色!」だった記憶が。。。

そうなんだ!お茶は「山吹色だ」というイメージってこのころのお茶だったよね?!と、このお茶を紹介していただいて改めて思い出してしまいました。

さて、その“昭和のお茶”(オールウェイズというネーミングは、あの、昭和30年代を描いた映画のタイトルからきているそうです)今回も2時間で4組!というフルブッキング!プラス、あとの番組への差し入れ!ということで、たくさんのみなさんに飲んでいただいたのですが。。。みなさん「まろやか」「濃い」「自分が子どものころ飲んでいたお茶より高級そうな???」というようなご感想をいただきました。

お味見をしてくれたスタッフくんも「濃いですねぇ」と、さっぱりとした感じの水色からはちょっと想像しがたい”コク”のようなものを感じとったようでした。

で、お茶菓子。。。普通お茶の友というと、甘いものを連想することが多いかな?、ま、日本茶だと、おせんべいとか、しょっぱい系のお菓子もアリですね。しかーし!今日は、「すっぱい系」!!!

ご年配のかただと、お茶請けはお漬け物♪というかたも多いかも?ですが、今回は、ちょっと意外な?梅干しがお茶請けです。もちろん、おの寺園さんで扱っているお茶請けの中でも“好評”の逸品ということでご紹介いただいたのは「黒糖干し梅」!種を抜いてあるのがウレシイところです。しかも、黒糖でつけてあるので、すっぱ甘い!しかもその甘みにコクがある!!まさに、今回の“昭和のお茶”にはぴったりかも?

いつもは、お茶請けのお味見のときに「かりっ」といい音をさせてくれるスタッフくんも今回ばかりは「カリっ」とはいかず。。。若干フクザツな表情。。。たしかに、すごいインパクトがあるお茶請けですよね!

おの寺園さん、これからも、めずらしいお茶がはいったらご紹介してくださるそうですよ!楽しみ♪

おの寺園さんは、相模原ジャスコの中にお店があります!


20090424190722
20090424190705

|

« 新茶♪鹿児島・知覧「ゆたかみどり」 焼もちマヨネーズ | トップページ | 足柄 走り新茶 抹茶ピーナッツ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新茶♪鹿児島・知覧「ゆたかみどり」 焼もちマヨネーズ | トップページ | 足柄 走り新茶 抹茶ピーナッツ »