« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ミントほうじ茶 & 黒コショウ餅

2009062619130000
2009062619050000

7月になったら“冷たいお茶!”ということで、今回までは“あったかいお茶”です。が、今日も暑い日でしたね。
そこで、今日はちょっと「ビミョー」なアレンジを。。。?

今週は、そろそろ水出しでおいしいお茶を。。。ということで先日相模原ジャスコの「おの寺園」さんに“仕入れ”(?)に行ってきました。

水出し茶の紹介は来週から。。。ですが、お茶請けの品揃えも充実しているおの寺園さん、先週のお茶紹介の時間に話題になった「ハーブおかき」と同じくらいそそられる(?)アイテムを発見してしまいました。それが、今回のお茶請け「黒コショウ餅」

さてさて、梅雨時にしては暑かった日の夕暮れに登場するビミョーなアレンジのお茶とは?
「ミントほうじ茶」!

名前からしてスパイシーなお茶請けに合わせる。。。しかも、蒸し暑い!とくれば、さわやかなミントかな?
おかき・あられといったお茶請けだと、やっぱり番茶とかほうじ茶とかがいいかも?

ということで、このアレンジにしてみました。
ミントはリーフのものをほうじ茶の茶葉と合わせて淹れます。高温でさっと抽出!見た目は普通のほうじ茶♪

いつものように、番組後半のスタッフくんのお味見コメントは。。。

「香りは普通のほうじ茶ですが、口に含むとミントの香りがふわっとしますね」

で、お茶請けは???

「うーん、ラーメンにかける黒コショウといった感じでからくないのがいいですね。なんか、ラーメン食べたような気になっちゃいます」

ほほぉ。。。

でも、このスパイシーな感じは、お茶もいいけど、やっぱり”ビール”だよね!!ゆっくりと日が暮れていく夏の夕暮れにお外でビール。。。っていいよねぇ(て、結局そこに落ち着いちゃう?)

前回の”からあげに見える「黒あげもち」”といい、今回の「黒コショウ餅」といい。。。なぜが連想するものが”ビール”にいっちゃうっていうのは?季節のせい?年齢のせい?

さて、来週からは水出し茶♪今年はどんなラインナップでご紹介しようかな?
おたのしみに!


| | コメント (0)

玉露ほうじ & 黒あげもち

最高気温26度の晴天!。。。こんな日にぐっといきたくなるのは???
ビール!じゃなくて、冷茶だよね?!
しかし!今月中はなんとかホットでまとめようと思ってるんですね。

で、新茶の紹介も落ち着き、冷たいお茶までもう少し!という今回は。。。
「玉露ほうじ茶」
そうです!茶摘み前に茶畑に覆いをかぶせて日光の当たり方を調節して育てた濃いうま味甘みを持つ「玉露」をなんと!焙じてあるというお茶です。

玉露とほうじ茶の両方の特徴を併せ持つというこのお茶。。。

玉露のように、低温でじっくり抽出しても良し、ほうじ茶のように熱湯でさっと淹れても良し!ということで。。。どういうテイストでご紹介しようか?とたっぷりと悩みました。

が、ここはやはり、玉露のうま味もあじわっていただきたいので、低温でじっくり!淹れることにしました。

合わせるお菓子は、「黒あげもち」揚げたおかきに黒糖がからめてあるお菓子です。

ほうじ茶には黒糖ってけっこう相性がいいようです。

さて、番組が始まる直前、スタジオでお菓子をもりつけていると。。。「から揚げですか?!」と早番のスタッフくんがフシギそうな顔。。。たしかに、ちょっと見「から揚げ」のような???

今日の一組めのゲストさんは、来週アルバムを、来月にはシングルをリリースする女性シンガーさん♪
シングルのほうはタイトルに”ビール”の文字が。。。なのでPR用のフライヤー(チラシ)にも、おいしく冷えている(?)ビールの写真がバン!と。。。ああおいしそう(!)こういう天気の日のこういう時間にグビッ!ぷはぁー!!といけたらサイコーだわ(?!)おっと!お茶の紹介するんでした!(汗)

しかし、心なしかお茶請けの「黒あげもち」がから揚げに見える。。。(いけないいけない。。。)

初登場のゲストさんには、トークしながらお茶を淹れる!というゲストコーナーを楽しんでいただけたようでよかったよかった(o^-^o)

さて、後半、遅番スタッフくんもスタジオにはいってくるなり「から揚げですか?!」
ああ、やっぱり?

で、恒例のお味見です。

スタッフくんからは、「香りも色もほうじ茶ですが、飲むと玉露!甘みが口の中にのこりますね」と今日もナイスなコメント!

一見”から揚げ”の黒あげもちも、黒糖のコクが香ばしいお茶と合うようです(ね?から揚げじゃなかったでしょ?)

この「黒あげもち」もそうですが、このところ、スタジオ周辺では、あられ、おかき、せんべいの類をよく見かけます。仕事のあとでポリポリとつまむこのテのお菓子ってなぜかおいしくて。。。で、その中に、すごい逸品が!

遅番スタッフくんが千葉のおみやげということで買ってきた「ハーブおかき」(だったかな?)ハーブと塩味のバランスがなんともいえないおいしさ♪取り寄せられるものなら取り寄せてでもまた食べたい!級だったのですが、そう思っていたのは、スタッフくんも同じだったらしく、お味見の時間まえにしっかりお取り寄せ情報をリサーチしていたのにはオドロキました!このおかきに合いそうなお茶を探してホントにお取り寄せしちゃおうかな?と考えてしまったまーしゃでした。(結構個性強いからなかなか手ごわそうだけど。。。)

というわけで、次回もう1回あったかいお茶かな?(あんまり暑い金曜日になりませんように。。。)

2009061919150000
2009061919030000


| | コメント (0)

低カフェイン茶(狭山茶) 茶の実ボーロ

2009061219090000

今年の新茶時期はずっと「足柄茶」をきわめて(?)きたTwilight Cafe。
でも、まーしゃのところには、いろんな茶産地のお茶屋さんからDMなど届いていたのでした。その中でもいろいろ気になるお茶があって。。。今日はその中で、狭山茶の「低カフェイン茶」を淹れてみることにしました。(肝心の新茶はスルーしちゃったんですが。。。汗)

カテキン成分はそのままにカフェインが従来の三分の一というこのお茶。お子さんや、カフェインに弱い方にもお勧め!ということなので、今回はお茶請けに「茶の実ボーロ」を合わせてみました。

見た目ちょっとみどりがかった”タマゴボーロ”「茶の実ボーロ」には、有機一番煎茶の粉末が使われているんだそうです。

ちょっと「良い子のおやつ」風になってしまった感がありますが、早速お味を見てみることにしました。

今回は一組目のゲストさんが電話での出演だったので、お味見タイムにはじめてお茶を淹れる!という展開になりました。

湯どおししてカフェインを抽出しているので低カフェインになっているというこのお茶。そこそこ高い温度で淹れてもいいかな?と、いうことで今回は湯ざましは使わず、ポットのお湯をいったん湯呑に注いでから急須に淹れるという淹れ方にしてみました。

抽出時間も30秒から1分くらいかな?という感じで。。。

水色は山吹色。お茶の葉はちょっと細かい感じです。

で、味は?

「苦味はしっかりでてますけど、後味がすごくスッキリ!渋い感じが口の中に残りませんよ」
とは、いつものお味見スタッフくん。

ホントにやや高い温度で出したので苦渋みはありますが、後味はスッキリ♪
これなら小さいお子さんでも飲んでくれそう!

いろいろな機能をもつお茶ってあるんですね!勉強になりました♪


| | コメント (0)

すすり茶呈茶スタッフ 3回目!

足柄茶で淹れる「すすり茶」の呈茶スタッフ(!)ということで、あじさい祭り真っ最中の築300年の古民家に行ってきました。

昔、名主さんを務めていたというこのお屋敷は、敷地が1800坪ほど。屋敷林と水路にかこまれて茅葺のオモヤと大きな土蔵、水車小屋などが点在しています。

このお屋敷が今回の「すすり茶」体験の舞台です。お祭り期間中の平日毎日奥のお座敷で訪れたお客さまにすすり茶を体験していただいています。

まーしゃは、火曜日担当でした。
実は地元なので、このお屋敷には公共施設としてオープンする前の整備工事を行っているころから出入りさせていただいています。

が、今回ばかりはお座敷に足を踏み入れてびっくり!
赤い毛せんとお茶の実、お花など見事なしつらえの空間になっているじゃありませんか!しかも、お客さまの座るテーブルはお庭がみえるように配置されていて。。。

初日・月曜日の担当のインストラクターさんがセッティングされたのだそうですが、見慣れたはずのお座敷がなんだかとても趣ある空間に演出されていて、「私なんかじゃモッタイナイ」くらい。。。

20090609123916
20090609113855_3

さ、この空間で、まーしゃのアドバイザー史上3回目の呈茶スタッフとしてのお仕事が。。。(汗)

お仕事としては、いらしたお客さまで体験を希望されるかたに、すすり茶の淹れ方をレクチャーしながら、一煎目、二煎目、三煎目と味・香りが変化していく様子を体験していただき(そうそう二煎目を飲み終わったところでお菓子をすすめるのもわすれずに。。。)最後にポン酢をかけてお茶の葉を全部召し上がっていただく、という流れですが、その間に、足柄茶についての説明など織り交ぜていくわけでして。。。

前回までと違うのは、ほかのインストラクターさん(アドバイザーさん)がいないところ!!!
これまでは、となりのテーブルで説明をしているインストラクターさんのトークを聞きつつ”見てきたようなことを言い”(!)ながら。。。というのもアリだったのですが、今回は、事前に「レッスンプラン」の提出!という条件もあり、「ひとり舞台」でこなさなきゃ!なのでした。

もう3回目だから平気でしょ?って。。。スタジオでしゃべりながらお茶を淹れるのとはワケが違う!わけでして(汗)はじめは結構緊張しました。

しかも、ひと組目のお客様は、ぜんぶ終わった後で「昔お茶屋をやっていたんですよ」と。。。(きゃー!)

この日のお客様は、そのあとも「農家で昔お茶をつくっていた」とか「自分の家で飲むお茶は自分のところで製茶していた」とか実はかなりの“通”のかたが多くて(大汗)

でも、みなさんいい方ばかりで、ニコニコとお茶を楽しんで行かれたのはうれしかったです。

空間のしつらえといい、効率のよい説明といい。。。まだまだ勉強!という感じの呈茶スタッフ3回目の体験でした。


| | コメント (0)

足柄茶 品評会茶(すすり茶用) 和三盆落雁

今年の新茶時期は、地元「足柄茶」を中心に紹介してきて「足柄茶」の奥の深さを改めて味わった気がします。今回は、新茶ではないのですが、いつもは「すすり茶」を淹れるときに使う「品評会茶」を、煎茶の淹れ方で淹れてみることにしました。

というのは、現在、足柄茶で淹れる「すすり茶」の「すすり茶」にかわる”足柄茶らしい”名称が募集されているんです。

今回の番組の一組目のゲストさんは、この”名称募集”のお知らせ!ということで、紹介するお茶も考えていきました。が、番組のゲスト枠ですすり茶を紹介していくとなるとちょっと時間がたりないんですね。すすり茶の説明だけでも時間オーバーしそうなのに、名称募集まではちょっと難しそう。。。しかも、すすり茶は番組で一度紹介しているので~ということで、今回はこのすすり茶用の「品評会茶」を使って、普通に上級煎茶を淹れるように淹れてみることにしました。

サンプルにいただいたお茶は、ゲストさんの数ぎりぎり。。。試しに淹れてみるわけにもいかず、過去にこの淹れ方で品評会茶を淹れたこともなく。。。ということで、ぶっつけ本番(!)ということになりました(汗)

二人分ということで、1袋3グラムにパッケージされた茶葉を2袋急須にいれ、60度ほどに冷ましたお湯で2分間抽出してみました。

思っていたより水色は黄色みが強い感じ。。。お湯で開いた茶葉は鮮やかな緑なのにちょっと不思議な感じ。

で、お味は???というと。。。ここはいつものお味見スタッフくんのコメントを借用しましょう!

「甘い!うま味が濃い!」

ホント!開口一番はコレでしょうね!やっぱり。しかし、すすり茶とちがって、さっぱりした感じもします。
しかも、後味がなんともいえないイイ感じ!

お菓子はどうしよう?とちょっと悩んでいたのですが、このうま味と甘みの濃さに和三盆の落雁がほどよく調和してくれました!

番組始まる前に「ハタチすぎると落雁が美味しく感じるようになるんだ」と語っていたスタッフくん。。。そっか!落雁で”オトナの味”なんだ?!(妙に納得?!)

やはり、足柄茶って深い。。。

20090605190653
20090605185801
20090605185740


| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »