« 和三盆冷抹茶(宇治抹茶)&大粒たまごボーロ | トップページ | 玉露・氷出し & 和三盆のポルボローネ タント »

足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず

2009081419050000
2009081419040000
2009081417210000
2009081416410000

立秋をすぎてから、にわかに夏らしくなってきたような?気がする今日この頃。

冷たいお茶は、まだまだ絶好調に続きます。
今回は、”あの”「すすり茶」として淹れる「足柄茶の品評会茶」(3グラム入りパック5袋詰めで1000円!)を“氷出し”にしてみました。

今回も、朝も早よからお茶道具を2回に分けてスタジオに運び込み、(オヂゲー苦手と言われないように)きっちりと氷出し茶器に茶葉と氷を詰め、急須での氷出しにも挑戦しつつ、じっくりと抽出にとりかかりました。

今回、番組の選曲などの準備をしつつ、その傍らに氷出し茶器をおいて様子をみていたのですが、氷出しって、何がゼイタクって、抽出している時間も涼しげ~!なんですね♪

茶器の中を、溶けていく氷の雫が滴っていき、下の段のポットに、「ポトリ♪」とたまっていく。。。その雫のハーモニーがなんともいえないいい響き♪です。

金色の雫が一嫡、また一滴とたまっていくのをみているのって、時の経つのも忘れるような楽しみ♪な時間です。

そして、約半日。。。

急須にも、氷出し茶器にも冷たくてキレイなお茶ができました。

そして、合わせるお茶請けは。。。以前もなんどか番組に登場しているメレンゲのお菓子「ムラング」。今回は”ゆず”フレーバーのものを見つけたので、夏らしくすっきり!香りもさわやかで、うまみ甘みの濃い品評会茶に合うかも?ということでコレに決めました。

で、いよいよ番組です。

今日のゲストさんは、2組。蒸し暑い中スタジオに駆けつけてくださったのですが、2組とも、ゲストコーナー始まる前に、まずお茶を”ゴクリ!”上品なちっちゃいお茶碗じゃなくて、たっぷりおっきなカップでお出ししたほうがよかったかなぁ?蒸し暑いと喉乾きますものね。

そして、お味見タイム。

いつもの遅番スタッフくんは、この「品評会茶」をすすり茶で、そして、普通の煎茶の淹れ方で、と体験してきているので、今回、氷出ししてみたらどんな?というところもわかるハズ!

さっそく、感想をきいてみました。

「わ、色は薄~い上品な感じですね。でも、すすり茶とおんなじうま味と甘みがよくでていますね」

ほほぉ。確かに、水色は薄めですが、緑色というよりも“金色”。しかも、濃いところが”ギュっと”出た感じです。
さっすが「品評会茶」!いろいろ試してみていますが、やはりすごいです。

で、お茶請けのムラング「ゆず」

「ゆず独特の酸味といい、香りといい、”濃い”しっかりした風味」(スタッフくん談)

なんですね。洋菓子なんですが、このテイストは日本茶にもよく合います!!

そして、「すすり茶」にすると、最後は、ポン酢をかけて食べてしまう(!)茶葉。もちろん氷出しした後も食べられます!!が、今回z”きれいだなあ”と思ったのは、急須で淹れているときに、氷水の中で開いていく茶葉。。。なんだか水中花をみているような感じでした。

うーん、氷出しって、淹れているときからゼイタク♪

さて、次回はどんなお茶を淹れてみようかな?

|

« 和三盆冷抹茶(宇治抹茶)&大粒たまごボーロ | トップページ | 玉露・氷出し & 和三盆のポルボローネ タント »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和三盆冷抹茶(宇治抹茶)&大粒たまごボーロ | トップページ | 玉露・氷出し & 和三盆のポルボローネ タント »