« 碾茶・おくみどり(氷出し) & 茶通 | トップページ | 足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず »

和三盆冷抹茶(宇治抹茶)&大粒たまごボーロ

2009080719020000
2009080719010000
2009080717540000
2009080711210000

立秋。。。暦の上では秋ですが、まだまだ暑さはこれから。。。冷たいお茶シリーズもこれからがいいところ!?
毎回クーラーボックスと氷を提げてのスタジオ入り♪が続いています。

たまたまゲストさんがみなさん電話インタビューだった今回は、こんなお茶で“冒険”してみました。

夏の初めに宇治抹茶と和三盆を合わせた「和三盆ティー」というお茶を入手したまーしゃ。たまには甘いお茶もいいかな?と思って取り寄せたのですが、粉末のお茶(抹茶だから当然だけどね)なので、「なんか手抜きして淹れてるっぽい?!」って感じがして“出番待ち”になっていたのでした。が、今回ゲストさんがみなさん電話出演!ということで(て、ことは、お茶紹介の時間のお味見&次の番組への差し入れだけ!)ここで淹れてみることにしました。

で、試しに家で淹れてみました。。。
100グラム中、抹茶20グラム、和三盆(徳島特産の砂糖)80グラムという割合で作られているそうで、袋の裏の飲み方の説明では、10g~12gを100~120ccの水またはお湯に入れて。。。となっています。
計ってみると。。。10グラムって結構量が多い!
急須には通常200ccくらいは入るので、倍の分量。。。これって!!!まるで、ホットケーキの粉をボウルで溶くような???(スゴイ例えでスミマセン!)そんな感じです。

当然、出来上がったお茶も「濃い!」

うーん、例えていうなら「沼」(「インスタント沼」っていう映画?があった←て、タイトルしか知らないんですが。。。茶器の中は底も見えず、とろっとした感じがソレっぽい)かも???やはり、氷は必須かな?
もちろん、お茶請けも必須!あんまり個性を主張せず、この“濃さ”のクッションになるような???

ということで、お茶請けは、「大粒のたまごボーロ」をチョイス!

周囲のスタッフには「今日は”沼”だから」と宣言してスタジオに入りました。

急須の中の抹茶を悪戦苦闘しながら(笑)溶くまーしゃ(とてもお客さまにはみせられません。。。)を苦笑しているスタッフくんを横目になんとか”お茶”の体裁を整え(汗)お味見タイムとなりました。

「濃い!」思った通りのスタッフくんの第一声。でも、意外だったのは、「コレ氷なしのほうが僕は好きかも?」というコメント。「抹茶の苦渋みに慣れていればこれは結構イケますよ」というじゃありませんか!!(そうでした、スタッフくんは京都通。。。抹茶にも慣れていたのかな?)

見た目の”すごい濃い”に驚いて味のほうをじっくりと分析するのを忘れていました!阿波の和三盆の上品なコクが抹茶の香りとよく合っていて、濃くてもまろやかなんです!後味もすっきりと優しい感じ。

ちょっとびっくりだったけど、これって実はかなりのい逸品!

お茶にしていただくのはもちろんだけど、アイスクリームにかけたり、かき氷にかけたりしてもおいしそう♪
(かき氷にはシロップ!というイメージがありますが、抹茶とお砂糖を合わせた“粉”をかけていただくかき氷の食感ってけっこうイケるんですよ!ぜひお試しを!)

一見「沼」だったけど、この夏スイーツ感覚で楽しめそうなお茶♪いろいろアレンジを考えてみようかな?

さて、次回はどんなビックリ!を考えようかな?

|

« 碾茶・おくみどり(氷出し) & 茶通 | トップページ | 足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 碾茶・おくみどり(氷出し) & 茶通 | トップページ | 足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず »