« 足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず | トップページ | ぽんぽこぐり茶(水出し)&カレーかきもち »

玉露・氷出し & 和三盆のポルボローネ タント

2009082119070000
2009082117330000
2009082112330000

8月もあと10日あまり。。。夏の疲れはでていませんか?
いつもどおりの生活をしているつもりでもなぜか”まったり”な動作になってしまっているまーしゃ。
今日は早めにスタジオ入りしなきゃ!(と思っていたのですが、着いたらいつもよりも遅い時間デシタ(汗))

と、いうのは、今日は、午前中にも”お茶タイム”♪
いつもは、とある商業施設のステージで公開生放送をしているお昼の番組が、今日はスタジオからの放送だったのした!しかも、今回は、和菓子のお店のかたがゲストにいらっしゃるというので、ならば!というので、ゲストさん”お持たせ”(?)のお菓子を囲んでちょこっと”お茶タイム”にしましょう!と、お昼の番組の担当パーソナリティーさんと”コラボ”することに。。。

で、今回は「玉露」です。
しかも“氷出し”で!

収穫前にお茶の畑に覆いをかけて太陽の光を遮ることで、少ない太陽光の下でがんばって光合成しようとした茶葉は旨味・甘みの成分がぎゅっと詰まったものになります。こうして育てた「玉露」。。。通常淹れるときもぬるーいお湯でゆっくりと抽出しますが、今回は、氷が室温で一滴づつ溶けながら抽出していく“氷出し”で。

淹れていく時間も贅沢な夏のお茶です。

が、普通なら半日かかる氷出し。。。なのに、まったりモードでわらわらと(?)スタジオ入りしたまーしゃは、30分ほどでなんとかしなければならないことに(大汗)

そこで、氷出し専用の茶器よりも、若干濃い目に抽出できる急須に茶葉と氷をいれ、すこーしづつ冷たい水を注ぎながらくるくると急須を回す!という方法で淹れてみました。

ちょっと薄いかも?と心配はしましたが、玉露の旨味・甘みはほどよい感じ。。。

ゲストのかたのお持ちになったお菓子は「湘南ゴールド」という柑橘類のはいった氷衣です。
上品な酸味と、透明な生地、それを覆うさくっとしたお砂糖の衣がなんとも夏らしい風情♪(おっと!写真撮るのを忘れてしまいました!)

スタジオに居合わせたみんなで“お味見”タイムになりました。いつも番組でお味見をしてくれるスタッフくんがミキサーだったので、お味見タイム恒例の「さくっ」という“技”を披露してもらいました。が、お茶のお味見は夕方の番組まで“お預け”です。

番組のパーソナリティーさんも、ゲストのかたも、冷たい玉露は初めてだったそうです。
いつもとは、ちょっと違う雰囲気でのお昼時のティータイム♪楽しかった~!

で、夕方。いつもの自分の番組です。
ここでのお茶請けは、駅ビルに入っているスーパーのお菓子売り場で一目ぼれして買ってきた和三盆のお菓子。「ポルボローネ タント」という商品名ですが、なんというか、サクッとした食感と濃いテイストが美味しい♪んです。
ラジオでもブログでもなんとも形容しがたいのが難しいところ(汗)ですが~。。。

いらっしゃるゲストさん、みなさん同じように「おいしそ♪」とおっしゃるのがフシギ♪
(見た目もですが、食べてもホントにおいしいんです!)

で、2度目のお菓子を「サクっ」と試食して、初めて「氷出し玉露」を試飲したスタッフくん、「甘い!」とひとこと。
水出しよりも氷出しのほうが濃い味に出るようですね。

まったりと、じっくり氷で淹れたお茶をいただく夏の一日。。。うーん、ゼイタク♪

さて、今年は秋の訪れが早そう?!といわれていますが、次回はどうしようかな?


|

« 足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず | トップページ | ぽんぽこぐり茶(水出し)&カレーかきもち »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足柄茶・品評会出品茶(氷出し) & ムラング・ゆず | トップページ | ぽんぽこぐり茶(水出し)&カレーかきもち »