« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

HAKONE SWEETS Collection2009 Autumn

今回はお茶というより”スィーツ”食べてきました♪編です。

まーしゃは、いつもこのブログで紹介している”お茶を淹れる番組”のほかにも、平日の夕方4時間の生放送番組を週2回担当しています。

先日、この番組の“シルバーウィークスペシャル“企画で、箱根地区の36店舗がオリジナルの和・洋スィーツを提供する「箱根スィーツコレクション2009秋」の取材に行ってきました。

箱根エリアのホテルや旅館、飲食店や観光施設などで、10月末までの期間限定で、オリジナルのスィーツが登場するこの企画。春・秋と行われていて、今回で4回目だそうです。

「地産地消」のこだわりの食材を使ったり、CO2の削減に取り組んだりと、地球にやさしい企画でもあるんだとか。

まーしゃが担当しているこの平日夕方の番組「Good Day!」は、全部で3人のパーソナリティが、日替わりで担当しています。今回は、この3人がそれぞれ“気になる”スィーツを実際に食べてきちゃおう!ということで、一人3店ほどのお店で実際にスィーツをいただいてきました。

まーしゃが気になったスィーツ。まず1つ目は。。。

箱根湯本の「湯葉そば いさみや」さんの「あわとよもぎの焼き生麩with黒糖バター」
2009091812160000

懐石料理でおなじみの“生麩”をワッフルのように焼いたものに、黒糖バターと、豆腐アイスをお好みでつけていただく。というスィーツです。

一見ワッフル!なのですが、これが、外はカリッと、中はもちもち♪のオドロキの食感。それに、黒糖バターのコクのある甘みが絶品です。豆腐アイスにつけてもこの黒糖バターは美味!アツアツの生麩とアイスの相性もマルです♪

お店に着いたのがおひる時だったのにもかかわらず、いきなりスィーツ!からスタート♪

続いては、箱根登山線でトコトコと山を登った強羅にあるお店「銀かつ工房」さんの「限定秋のスィーツセット」です。

強羅で有名な「銀豆腐」を使った豆乳ムースとつややかな紫いものお団子が一つのプレートに盛られています。まーしゃは、ここで、ドリンクセットをオーダー♪セットドリンクは、やっぱり(?)”冷たい日本茶”を選びました。

2009091814010000


豆乳のお豆の香りがするなめらかなムースに、紫のラグビーボールのようなお団子が2つ。お団子を割ってみると、中は真っ白な生地が・・・!

ムースの食感と、お団子の食感。。。異なったテイストがなんともいえないハーモニーを醸し出しています。

金色の冷茶もすっきりとした感じでよく合います。

スィーツをいただくためだけの箱根の旅っていうのもなかなか幸せ♪なひと時です。

最後にお邪魔したのは、強羅の駅前にある「強羅花詩」さん。
本店は仙石原にあるそうですが、強羅と宮城野のお店でも同じスィーツが提供されているというので、立ち寄ってみました。こちらのスィーツは「秋色箱根しるこ」

2009091814240000


2色のおもちと栗が入っているお汁粉には、お漬物とお茶が添えてあります。こちらは、お水にもこだわりがあるそうです。スィーツ道中(?)のシメは、とっても満足感のあるお汁粉!箸休めのお漬物がウレシイ♪

ここでビックリしたのは、セットになっていたお茶の美味しさ!やはりお水にこだわるお店だけあります。やはりお茶が美味しい♪ってポイント高いです!(まーしゃ的には、ね)

お昼ごはんも食べずに半日スィーツ三昧!(幸せ♪)観光もいいけど、こういう趣向のツアーもなかなかいいなぁ!と思った取材デシタ!

| | コメント (0)

熊本・水俣 釜炒り茶 ごま板

2009092519120000
2009092519080000
2009092515070000
2009092515060000
日差しは強いものの、あたりはすっかり秋めいてきましたね。スタジオの近くでどんぐりを拾いました。住宅地の中にもこんな自然があるってウレシイですね。

さてさて、先週はめずらしい”蒲鉾スィーツ”(スイーツ感覚でいただける季節限定蒲鉾)をお茶請けに「ぐり茶」をいただいたTwilight Cafeですが、今週は。。。同じ産地、同じ品種(やぶきた)で殺青(酵素の働きを止める)工程が違う「釜炒り茶」を淹れることにしました。

熊本・水俣産のやぶきた品種のお茶を釜で炒る方法で殺青しているのが今回の「釜炒り茶」。
殺青は“過熱する”ことによって行われますが、通常の日本茶の煎茶は蒸す方法が一般的です。
釜炒りは、もともと中国緑茶の製法なのだそうで、摘み取った新芽を鉄釜で炒り、手でもみながら乾燥させる作業を繰り返していくと、葉の形は球のようになって、白く粉を吹いたような状態になります。香気が強く、独特な「釜香り(かまか)」があり、ほのかな甘みと旨みがあるお茶です。
乾燥具合が高いので、変質しにくく、カテキンの含有量も多いそうです。

で、合わせるお茶請けは???と。
やはり、香ばしい釜香とあわせるのは、”香ばしい”系だなぁ~!ということで、黒糖を使った黒ゴマのお菓子「ごま板」を用意しました。

一つずつパックされたこの「ごま板」。番組前半で登場した気象予報士さんがまず一つ。そして、ミキサーさん交代のタイミングで早番ミキサーくんがひとつ。と、お味見の時間を前に、ぽちぽちと減っていきます。パッケージからのぞく黒ゴマの塊が興味を引くようですね。

そして迎えたお味見タイム!

いつものように、スタッフくんが“カリッ”といい音で試食してくれました。「お、ゴマの味濃い!で、甘い!」
そうなんです。もう、ゴマぎっしり!という感じです。

お茶のほうは、80度位のお湯で1分くらい抽出してみました。
やまぶき色の水色。口に含むとほんのり甘みを感じます。(ちょっと中国茶っぽい感じもします)
で、釜香といわれる香気です。口に含んだとき、というよりは、口に含もうとしたときに、鼻から”ふわっ”と香りがはいってきます。黒ゴマの香りとも合う感じ♪

同じ品種のお茶でも作り方が違うと雰囲気ががらっと変わって面白い♪です。
さて、次回はどんなお茶にしようかな?

前回ごお茶請けとして紹介した“かぼちゃ”と“栗入り紫いも”のかまぼこは、小田原・錦通りの美濃屋吉兵衛商店さんの商品です♪かぼちゃは通年あるようですが、紫いもは、季節限定商品だそうで。。。気になる!かたはお早めにどうぞ!

| | コメント (0)

熊本・水俣 ぐり茶 蒲鉾スィーツ・栗入りむらさきいも、かぼちゃ

2009091819050000
2009091819010000
2009091816320000
2009091816180000

すっかり秋の気配に包まれてきたこの頃。。。

秋限定の凄いスィーツが手に入りました!

それは。。。カマボコ!!

今回は、一組めのゲストさんは電話インタビュー♪お話の内容は、蒲鉾や塩辛などを扱うお店と、ひものの専門店が2店合同で開催する「秋の大感謝祭」について。

1500円以上のお買いもので大型の液晶テレビ!など豪華賞品が当たる!という企画のご紹介でした。
事前に資料に目をとおしていると、そのお店では、感謝祭期間中に秋限定で、スィーツ感覚で楽しめる蒲鉾「栗入りむらさきいも」と「かぼちゃ」の2種類が、お得なお値段になる!!のだそうで。。。スィーツ感覚で楽しめる”カマボコ”とは???と、気になったまーしゃは、早速これをお茶請けにしてみることにしました。

で、合わせるお茶は???(今回ばかりは、お茶請け先行です)

ちょっと甘いらしい、で、やはり、お魚のすり身の味もするらしい。。。という手がかりをもとに、熊本・水俣の「ぐり茶」を選んでみました。

葉のかたちがぐりぐりしていることからこの名前になったという「ぐり茶」。殺青(さっせい=酵素の働きを止める工程。。。これをしないと紅茶のように発酵してしまうんですって!)を蒸し(普通の煎茶と同じ方法)で行い、最後の火入れを釜で炒って作った「蒸し製玉緑茶」ともいわれるお茶です。

甘みと旨みのバランスがとれているこのお茶なら。。。合うかも?ということで、スタジオへ。

一組めのゲストさんは電話での出演だったので、実際に淹れるのは、お味見の時間からです。

ナマモノでもあるカマボコは、やはりいただく直前に切り分けたほうが。。。と、お味見の時間の前の曲の間にパッケージを開けて切り分けはじめたのですが、コレが、お味見の時間になっても切り終わらないんですね(汗)

なんとか、お味見スタッフくんのトークでつないでもらって、やっと体裁を整えることに成功!
お茶淹れるのがまにあわないので、こんどは、カマボコスィーツのお味見をしてもらっている間にお茶の準備をする!というバタバタな展開になっちゃいました(大汗)

で、このカマボコスィーツのお味は???

むらさきイモのコクのある甘みとほっくりした栗の味が、なんともカマボコのしょっぱい旨みと合うんです。

かぼちゃのカマボコを試食しながら、スタッフくんは、「なんだか好きな味だけど、コレ、何の味だったかなぁ?」としきりに考えていました。
あとで(番組終了30分後!)、「そうだ!チーかまの味だ!」と、思い出してましたが。。。お魚の旨み成分とほんのりした野菜の甘みって、結構相性いいんですね。

で、お茶は?というと、すごく品のいい感じの旨みと甘み。。。そして香り!
かまぼこスィーツとも合う感じ(ヨカッター!)

いままでは、“お菓子”系のものが大半だったお茶請けですが、たまにはこんな展開もいいかも♪

さて、次回はどうしようかな?

| | コメント (0)

足柄茶「秋せんえん」&栗むし、そして抹茶 サブレ

2009091119060000
2009091119030000
2009091116440000
2009091116430000
2009091116410000

空の雲も、陽の色も。。。すっかり秋めいてきましたね。
そろそろ今年もそんな時期!?
足柄茶の秋限定のお茶「秋せんえん」今年もご紹介する季節になりました。

と、文章にすれば優雅な秋のはじまり。。。なんですが、今回はウラでかなりばたばたしました。

というのも、今回の一組めのゲストは、年に一度の「阿波おどり」の大イベントを控えた町の町長さん!こちらの町長さんには何度かゲストに来ていただいているのですが、やはり、お出しするお茶については「地元の逸品で」お迎えしたいじゃないですか。

で、ゲスト出演を前に、地元「神奈川県農協茶業センター」に「この時期オススメのお茶って何かありませんか?」と、お願いして、この“秋せんえん”をご紹介いただきました。(山北町の農協茶業センターの直売所で販売していますよ!)

そして、お茶請けです!!!
これは、正直前日の夜から当日の午後まで悩み抜きました。

「秋せんえん」に合うテイストで、VIPのおもてなしにも失礼がなくて、できれば、季節感や地元の良さが伝わるもの。。。むずかしい(汗)

家にストックしてある”お茶請け候補”の中には思わしいものはなく、たまに掘り出し物がある近所のスーパーに行くもみつからず、地元の生産者さんが出店しているお店に行ってもピンと来なくて、洋菓子やさんに行って、とりあえず「足柄茶のパウンドケーキ」を購入。。。しかし、スタジオできれいに切り分けられる自信がなくて(!)、さらに探しに駅ビルの名店街へ。。。そこで、「抹茶サブレ」というクッキー大の焼き菓子を発見!即・購入!!悩み抜いた末にスタジオに戻れば、なんと!すでに町長さんがいらしていた!!!のです。(汗汗)
しかも、あまりに放送時間まで間があるので、いったん出られたというのです(大汗)

で、その代わりに(?)「町長さんからいただいたよ」というシュークリームが。。。(内心“お持たせですが”って、コレでお茶淹れる方法もあるなぁ、と思ったりもしましたが、関係者に配ると足りない。。。)

なんか”しっくりこない“感を抱えつつ、やはり、抹茶サブレで!と思っているところに、こんどは、小田原の老舗”ういろう”さんから差し入れが届きました!!「栗むし」というかわいい!きれいな!!季節感のある!!!和菓子♪竹かごに入っていて、それぞれがグラデーションになるように色違いの包み紙でくるまれている“芸術的”な逸品です!

わ!これぴったり♪
ということで、急きょ”差し入れにいただいた”「栗むし」をお茶請けに番組スタート!となりました。

「雨の予報が出ているのでお天気が心配」とおっしゃる町長さんと、トークしながらのお茶出し。。。「秋せんえん」の抽出は70度位のお湯で1分ほど、ということだったので、久々に「湯ざまし」が登場しました。ちょっとブランクがあくと、なかなかちょうどいい温度をみつけるのがムズカシイ。。。(まだまだ修行ですな)

町長さん、トーク中にはお茶請けまでは召し上がっていただけなかったのですが(さすがに。。。ね)、帰り際に「車で待っている運転手さんにも」と、二つ「栗むし」をお持ちになりました。

で、番組の前半が終わるときに、早番のミキサーくんも「ひとついただいていいっすか?」と「栗むし」をひとつ。。。

おお!なんて人気(さすが!)
やっぱり、「なんか”しっくりこない”感があるとき、って、”ぴったりくる”モノ待ちだったりする状態なのかなぁ?まさかこれほどタイムリーに差し入れ♪がやってくるとは!!!びっくり♪

やがて、いつものお味見タイムになり、遅番ミキサーくんが“お味見”
はじめは、「栗むし」から。。。パッケージの美しさについてしばし語り、一口でパクっと!いったら、なんと中には栗がまるごと1粒はいっていた!んだそうで。。。「外側は、上品な餡。中は、ほっくりとした栗!さすが老舗の味ですね」と、まとめてくれました。

慎重にお湯を冷ましながら、お茶を淹れて、こちらも試飲。。。「まろやかな甘みとがあって、バランスがいい感じ」だそうです。

それもそのはず、この「秋せんえん」は、春に摘んで作ったお茶を夏の間じっくりと熟成したお茶なのだそうです。
だから、まろやかで甘みがでているわけですね!

そして、二組めのゲストさん(お二人でした)も、トーク中にかわるがわるお茶とお茶請けを召し上がっていらしたので、かごに入った「栗むし」はきれいになくなってしまったのでした!

で、次の番組への差し入れのお茶請けには、先ほど買ってきた「抹茶サブレ」が登場!こちらも抹茶とバターの風味がまろやかな「秋せんえん」に合っていたようです(ヨカッター!)


今回は、(お茶といい、お茶請けといい、ホントにいろいろなかたに助けられながらのお茶紹介デシタ!
やっぱり”ホンモノ”は凄い!です。

さて、次回はどんな展開になるかなぁ?


| | コメント (0)

ぽんぽこぐり茶&焼もちサラダ

いよいよ9月!秋の空気がここちよい今日この頃。。。今回からTwilight Cafeのお茶も”あったかい“お茶になります。

で、今回は、”切り替え時期ならでは!”のこんな趣向でご紹介です!
というのは、前回“水出し”で淹れたお茶を今回は、お湯で!というもの。1週間おいて冷たいのと温かいのを飲み比べられる!というものです。

いつもお世話になっている相模原市の「おの寺園」さんから届いた「ぽんぽこぐり茶」。伊勢(三重県)の新茶です。熱湯玉露ともいわれているそうで、熱湯でサッといれても濃い甘みが楽しめるのだとか。

前回水出しでオソロシく甘かったので、お湯で淹れたらどうなるんだろう?と興味津々でスタジオへ。

お茶請けは、やはりおの寺園さんでチョイスしたおかき「焼もちサラダ」

今日初めのお客さまは、バイオリニストの女性。トークのあとで一口飲んで「甘い!」と一言。

ほんとにお湯で淹れてもビックリな味です。

そして、やってきたお味見タイム。

いつものように、カリッといい音でお茶請けをテイスティングしたあとは、お茶です。
「すごく個性的な感じですね」とスタッフくん。

水出しとお湯で淹れたのと。。。それぞれ表情がちがって、不思議な感じです。

さて、次回はどんなお茶にしようかな???

2009090419030000
2009090416360000

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »