« 手揉み茶&すり茶講習会のお手伝いにいってきました | トップページ | 茶来未・茶組みあそび(柿の葉・深蒸し茶)&きぬ巻 »

みかん入り煎茶「薬師」(福寿園)&玄米揚げ柿の種

立冬を過ぎて、冷えるなぁ。。。って日も多くなってきましたね。
そろそろ”こたつでみかん”の季節ですね。

今回は、そんなイメージでお茶とお茶請け。。。選んでみました。

福寿園の「薬師」シリーズに「みかん入り煎茶」というアイテムをみつけました。
みかん(の皮)入りのお茶ってどんな??と思って早速購入!(ほかには「ゆず」とか「レモン(だったかな?)」といったフレーバーもありましたが、やっぱりチャレンジャーのまーしゃとしては”みかん”ですね)

そして、お茶請けは。。。やっぱりこの時期に色づく”柿”にちなんで(?)”柿の種”しかも今回はちょっと珍しい「玄米揚げ柿の種」を用意してみました。

前半の1時間を終わって、ミキサーさんが交代。。。お味見タイムの冒頭「前半のスタッフくんから、”今日のお茶請け、揚げてある”柿の種”ですよ、っていわれて、あの(果物の)柿の”種”を揚げたのが出るのかと思ってました!」と遅番スタッフくん。

目の前にある「玄米揚げ柿の種」を見て、「あられの一種だったんですね」と、安堵の表情。。。(笑)

一般的な”柿の種”のように、ちょっとピリッとする感じはありますが、たっぷりとした大きさがあるので、ちょっと辛い揚げせんべいのような雰囲気ですが、香ばしくておいしい♪

お茶は、”茶葉3グラムに90度のお湯200ccで1分おいて淹れる”とパッケージにあったので、その通りに淹れてみました。いつも淹れる時の茶葉の量よりちょっと少なめ?かなぁ?と思いつつ淹れてみましたが、すっきりした煎茶にほのかに”みかん”の香りがします。もっと”みかん”の味や香りが強いのかと思っていたのですが。。。意外にさっぱりと上品な仕上がりです。

茶葉に細かく砕いたミカンの皮がはいっていて、”からだがあったまりそう”な感じ♪
そういえば、後半のゲストさんのおうちでは、ミカンの皮を干しておいてお風呂にいれてあったまるそうで。。。
「薬師」という名前のとおり、身体にもやさしいお茶のようです。

本格的な冬に向かって冷え込む日が多くなっていくこれから。。。どんなお茶であったまろうかな?

2009111319120000
2009111319020000
2009111319010000
2009111316270000
2009111316260000

|

« 手揉み茶&すり茶講習会のお手伝いにいってきました | トップページ | 茶来未・茶組みあそび(柿の葉・深蒸し茶)&きぬ巻 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手揉み茶&すり茶講習会のお手伝いにいってきました | トップページ | 茶来未・茶組みあそび(柿の葉・深蒸し茶)&きぬ巻 »