« ゆず入り煎茶「薬師」(福寿園) & 柚子琥珀 | トップページ | 今年のお年賀 »

そば茶&熟番茶 そばかりんとう

2009122519050000
2009122519020001
2009122519020000
2009122519010000

クリスマスの一週間後はお正月!
今回が今年の最後の放送です(ていうことは、次回はもう“新年”なのね!!)

クリスマスでもあるのですが、ここは、やはり今年の締めくくりということで、“年越しそば”ならぬ「年越しそば茶」で年を越そう!となりました。

たしか昨年は「だったんそば茶」をブレンドしたのでしたが、今年は、正真正銘(!?)の「そば茶」が手に入ったので、この「そば茶」を、やさしいお味の「三年寝かせた“熟番茶”」とブレンドすることにしました。

そして、お茶請けは、先日商店会のみなさんと長野に視察に行ったときにみつけた「そばかりんとう」!

そばの実の殻をとり、砕いて、焙じて作ったという「そば茶」パッケージを開けるなり、すごーく香ばしい香り!!
まずは、この「そば茶」だけを熱湯で淹れてみました。パッケージを開けた時に増していーい香りがします。

これに、やさしーい味と香りで”やわらかーい”感じの「熟番茶」を合わせていきます。

いろいろとブレンドの分量をためしてみたのですが、そば茶を多めにして、香りを立てるようにするといいようです。
今回は、「そば茶」5グラムに「熟番茶」3グラムの合計8グラムを急須1回分として淹れることにしました。

師走のあわただしさの中、今回は、なかなかゲストコーナーのゲストさんが決まらず、当日やっとご出演いただけることになったかたが2組!もう、ホントにゲストのかたがきまらなかったらどうしよう!!と久々にアセりました(^^;)

そんなヒヤアセものの展開の後での「そば茶&熟番茶」の香ばしくてやさしいテイストに癒される~♪という感じでお味見させていただきました。

さてさて、「そばかりんとう」のほうは。。。というと、いつものようにスタッフくんが、「カリっ」といい音で試食!「そばの香りが。。。あ、あとから来る!!!」そうで。。。一見普通のザラメをかけたかりんとうなのですが、口の中で噛むほどにそばのテイストが広がって、ついつい手が出るお茶請けです。

年末のあわただしいひと時、こんな香りのいいお茶とぽりぽりといただくお茶請けでほっこりタイムを過ごすのもよいのでは?

さて、先週から今週にかけて、お正月の大福茶が続々と届きました。
今回は、いろいろな種類を揃えてみたので、来月は大福茶でふくふく(?!)な番組になりそう!!
お楽しみに~!
そして、よいお年を!!

|

« ゆず入り煎茶「薬師」(福寿園) & 柚子琥珀 | トップページ | 今年のお年賀 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆず入り煎茶「薬師」(福寿園) & 柚子琥珀 | トップページ | 今年のお年賀 »