« まんまるお月見煎茶(京都・和束)&煎り玄米  しおせんべい | トップページ | アールグレイほうじ茶レモンピールブレンド & メイプルカシューナッツ »

三年ねかせた熟番茶 & 梅バターwithもなかの皮

2009120419040000
2009120418240000
2009120415570000
2009120415540000
2009120415480000

いよいよ12月。。。後半はイベント目白押しなので、お茶とお茶請けのラインナップもそのイベントに合わせて!という展開になるのですが、前半はどうしようかな~?と、いうことで!今回は、ゲストさんの顔ぶれを見て決めてみました。

イベントに行ったときや、遠出した時など、お茶請け用に”これは!”というものをみつけるとすかさず購入してくるまーしゃは、先月も地元のイベントで、モナカの皮を作っているお店が出品していたブースで、あんこのはいっていない”モナカの皮だけ”を購入してきたのでした。
いつ、どうやって使おうか?いろいろ考えを巡らせていましたが。。。

地元小田原の名産・十郎梅のブランド化研究の成果として発売された「梅バター」というアイテムがあることを思いつき、早速購入!

”モナカの皮”に”梅バター”をつけていただく!というお茶請けをお出しすることにしました。

で、なぜ、今回モナカの皮をチョイスしたか?というと。。。今回の番組後半のゲストさんが、このお店のかただから!なのです。さて、いらしてどんな顔されるかなぁ?(楽しみ♪)ということで、準備を進めました。

梅バターは、十郎梅の果肉をマッシュして、エシャレットやシソなどとともにバターに練りこんだもの。さわやかな酸味と、香味があります。

そしたらお茶はどうしよう??ということになり。。。
思いついたのが、京番茶。

硬化した茶葉と茎を蒸して感想させてから三年間貯蔵して熟成し、蔵出しした後にじっくりと焙じた。という「熟番茶」

カフェインやタンニンが少なくて渋みのないまろやかな味わいが楽しめます。

これなら「梅バター」とも相性いいかも?ということで!今回のラインナップが決定。

番組最初のゲストさんは、コンサートの実行委員さん3名様。お話を伺いながらあまりお茶の説明もできずにお出ししてしまったのですが、「おかわりしたいくらいおいしい!」とおっしゃる方が。。。(ウレシイ)

そして、後半冒頭のお味見タイム!

いつもの遅番スタッフくんの反応も気になるところ。。。

まず、鈴の形を半分にしたようなモナカの皮に、「梅バター」をつけて、”サクッ”といってもらいました。
「ちょっと酸味があって、普通のバターとは全然違う感じ。。。ガーリックトースト風?な香りもしますね」
香ばしいモナカの皮ともよくあうようです。

で、お茶!

「京番茶って、お漬物とよく合うんですよねー。その点、酸味のあるこのバターとの相性はばっちりですね」と、太鼓判!!

私も試食してみましたが、香ばしいモナカの皮に酸味のあるバターの風味と香味はピッタリ!放送中じゃなかったら間違いなく3つ位食べちゃいそうです。

そして、いよいよモナカの皮を作っているお店のかたが登場です。

「どうしてここにあるの!」とちょっとビックリしながらも、梅バターをつけて試食してくださいました。
梅バターを合わせるのは初めてだったそうですよ♪

もち米から作るモナカの皮は、あんこのような甘いものとも、今回の梅バターのようなのものとも相性がよいのたそうです。(なるほど!)

普段お店で買うモナカは、餡がはいった状態なので、どことなくしっとり感がある。。。というイメージだった“皮”なのですが、カリッと香ばしい“皮だけ”も結構好きかも?と思ったまーしゃなのでした。


|

« まんまるお月見煎茶(京都・和束)&煎り玄米  しおせんべい | トップページ | アールグレイほうじ茶レモンピールブレンド & メイプルカシューナッツ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まんまるお月見煎茶(京都・和束)&煎り玄米  しおせんべい | トップページ | アールグレイほうじ茶レモンピールブレンド & メイプルカシューナッツ »