« 大福茶(狭山) & 狭山茶秩父キャラメル(生キャラメル) | トップページ | 笑門来福 しあわせ茶 & 抹茶金平糖 御所の舞 »

大福茶(京都・一保堂)&第3新東京市土産・箱根二子山(ネルフ謹製温泉饅頭)

2010011519010000
2010011519000000
2010011518590000
2010011516530000
2010011516510000
2010011509000000
2010011508590001
2010011508590000
2010011508580000


新春“大福茶シリーズ”も今回が3回目。今回は、京都・一保堂さんからお取り寄せです。一保堂さんは、今回はじめてお茶を取り寄せます。友人がたまに注文しているそうなので、調べてみたら期間限定で「大福茶」がありました。で、早速♪です。どんなお茶かな?

そして、お茶請け。。。最近、箱根で話題といえば、これです。「第3新東京市土産・箱根二子山」アニメ“エヴァンゲリオン”を観ていなかったまーしゃは、あまりこの件については語れませんが、とにかくすごい人気らしい!?と聞いて、やはりこのタイミングでいくっきゃない!ということで、箱根までお買いものに行ってきました。

なんでも、箱根は、エヴァンゲリオンの舞台のモデルになっているとかで、昨年から、実際の箱根の風景と、エヴァの中で描かれている場所を対比させたマップが話題を呼んだりとか、いろいろなコラボグッズが登場したりとかしています。この「箱根二子山」も、そんなコラボ商品のひとつ。

平日の午後に担当している番組のスタッフによれば「”ネルフ”がなんだかわからないで食べるとこのおまんじゅうの真のスゴさが理解できない」そうなのですが。。。そこは、それ、地元のハヤリものはとりあえずチェックしとこう!というまーしゃですから~♪

で、お茶です。(なんだか今回はスゴい勢いで話題の重心がお茶請けにもってかれちゃいそうですが。。。)
年の初めにイチバンにご紹介した竹村玉翠園さんの「大福茶」は、結び昆布と小梅をいれた煎茶でした。前回ご紹介した宮野園さんのは、金箔を浮かべた煎茶。。。そして、今回初登場の一保堂さんの「大福茶」は、香り高い”玄米茶”でした!

説明書によれば、これに小梅をいれてもよいそうですが、“一年中の邪気を払い新年を祝福する縁起の良いお茶”であることには変わりはなく。。。「大福茶」にもいろいろなバリエーションがあるんだなぁ!と、奥深い文化を感じます。

すっきりと香ばしいお茶に、話題のお饅頭。

パッケージから、いろいろと凝った造りになっている「箱根二子山」。(製造元の表示まで凝ってます!)包みを開けてみると、香ばしい焼き菓子のような皮(某ひ○このような感じですね)に、小豆の皮(?)が見え隠れする白あんが入っています。

いつもだいたい一口で食べられるもの、ということで選んでいるお茶請けですが、「今回は、ちょっと重かったかも?ですね」と、スタッフくん談。たしかに、ほおばってしまうとトークはちょっとむずかしいかな?ま、コレもハナシのタネということで。。。(汗)

番組後半のゲストさんは、ひとつスタジオで召し上がって、ひとつお土産に!とおもちになりました。しかも、写メまで撮って。。。(そういえばスタッフくんも写メ撮ってましたっけ。。。やはり、注目の一品だから???)

ああ、どうしても今回はハナシの重心がお茶請けに。。。(大汗)

さて、次回もまだまだお正月のお茶シリーズは続きます。こんどは、お茶とお茶請けの(話題性の)バランス考えて!っと(笑)


|

« 大福茶(狭山) & 狭山茶秩父キャラメル(生キャラメル) | トップページ | 笑門来福 しあわせ茶 & 抹茶金平糖 御所の舞 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大福茶(狭山) & 狭山茶秩父キャラメル(生キャラメル) | トップページ | 笑門来福 しあわせ茶 & 抹茶金平糖 御所の舞 »