« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

静7132ストレート & ひな菓子&白川路

2010022619310000


2010022617060000


2010022614150000


2010022614140000


2010022609360000

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る!といわれるように、2月って”あっ“という間にすぎていくのね。
もう来週は3月!しかも、ひな祭りが終わっちゃう!!!

ということで、番組では今回”ひなまつり”を実施することに決定(?)しました。

ひなまつり。。。といってもねぇ。。。2時間の番組中にそんなイベントが大々的にできるわけではないので、まず!
女子アーティストの曲で2時間分の選曲をする!そして!!ひなまつりらしいお茶とお茶請けを用意する!!と。このくらいかな?

で、用意したのが、花見団子にも見えるこの干菓子。パッケージには桃の花をあしらってあって、ひな祭りらしい一品です。

そして!今回は、差し入れのお菓子をいただきました。
京都にいっていらしたという茶道連盟の先生からのお土産のお菓子。受け取ったスタッフから「せっかくだからお茶紹介の時間に一緒に。。。」と、いうことでこの時間にいただくことになりました。

そして、お茶です。

お雛祭りらしいお茶って??と、いろいろ考えました。
おひなさまには”桃の花”ですが、以前取り寄せていたお茶のなかに「静7132」がありました。

これは、”桜の葉の香り”のする品種のお茶。
桜には少し早いけど、春の香り♪ということで。。。

香りをつけた、とか、桜葉をブレンドした、とかではないのに、桜の葉の香り。。。ってちょっと不思議ですね。

ひと組めのゲストさんは、今回初登場の方々。。。若干緊張気味でしたが、ゲストトークが終わったあと、お茶とお菓子をすすめたところ。。。

「あんまりキレイだから飾りかと思った!」と、お菓子を見てひとこと。
。。。なるほど!そう見えなくもないなぁ(盛り付けるときにあしらった桃の花、造花だし。。。)

「”ぜんまい侍”のだんご剣みたいですね」と、花見だんごをかたどったお干菓子で、出演後のほっと一服。

つづいては、いつものように、遅番のスタッフくんとお味見です。

お茶を淹れているあいだに、スタッフくんはお茶請けのお味見。。。さすがに今回は干菓子なので「かりっ」とはいきません。。。が、お土産でいただいた「白川路」のほうは見事に「カリっ!」といい音で。。。

白川の水底の小石を黒ゴマと金ゴマで表したというおせんべい。
一見八橋のような形ですが、生地は「大雄山の天狗せんべいに近い」とはスタッフくんの談。

で、お茶のほうは???というと。

「ほんのりと”桜餅の葉っぱ”の香りがする」そうで。。。

春らしい色どりと香りのお茶タイムになりました。

さて、次回は3月!どんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

梅緑茶(伊藤園) & うめ風味のおせんべい「うめ」

2010021920050000


2010021900260000


2010021900210000

小田原では現在「梅まつり」が開かれています。曽我の梅林はもとより、小田原城址公園でも!さらに、今週末には、「梅まつり菓子展示会」があります!!

お菓子に目がないまーしゃとしては、会場ごと買い占めたい!ところですが、あれもこれもほしい!!という気持ちをおさえておさえて、今回は”きゅうすけ”と呼ばれる割れたりちょっと焦げちゃったりしたお煎餅を袋詰めしたものを職後のおやつ(食後じゃなくて、仕事のあとにいただくおやつってことね!)に買ってきました。

さて、今回のお茶は、梅の季節にちなんだもの。。。ですが、菓子展でみつけた!ものではなくて。。。
駅ビルの名店街をうろうろしていたら目に飛び込んできた”梅”を用意しました。

はじめに目に入ったのは、「うめ風味のおせんべい うめ」♪
お茶屋さんの売り場にならべてあるピンク色にひかれてよくみてみると”うめ”だったので、まず、これを。。。と思ったところに、うすいピンクのパッケージに包まれた「梅緑茶」が!!!

もうこれは、ペアで購入するっきゃないでしょう!!!

お店のかたに聞くと、梅緑茶には、フリーズドライした梅の果肉が入っているとのこと。。。梅昆布茶や、梅茶漬けでは、フリーズドライの梅がはいったものがありますが、普通のリーフの緑茶ではめずらしい!
どんな味?どんな香り?と興味津々で買ってきました。

お茶の袋をあけると、ホントに梅の果肉がかなりの割合で入っています。香りもほのかに”梅”です。

残念ながら今日はゲストさんが全員電話出演だったので、お味見はひっそりとスタッフくんとすることになりました。

まず、おせんべいを「バリバリ」(今日もいい音です)
このおせんべいの形状について、音声だけでどのように表現するか!ココ結構悩みました。
で、「くわしくはブログで!」ということになり、スタッフくんが発したのは「あんまりココで詳しく説明しちゃってブログ観る人が減ってしまうといけないので。。。」
うん、なかなかナイスなフォロー(もといいいわけ?!)

そして、お茶です。
水色は、ちょっと薄めの黄緑色。(上品できれいな色です)
香りはもちろん梅のさわやかな香り!
で、味は???
すっきりとした飲み口のお茶に、香りとともにはいってくるこれまたさわやかな酸味!

お茶としていただくのはもちろんですが、これ、お茶漬けのお茶にしても良いかも?
炒り玄米と海苔といっしょにちょっとワサビを添えてこのお茶かけたらけっこうイケる気がします。

このお茶と梅干しいれたおにぎりもって、梅のお花見にいくのもいいかな?

本格的な春が待ち遠しいまーしゃなのでした。

さて、ひな祭りも近づく次回はどんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

バレンタインデーです

バレンタインデーですね!

今年は日曜日♪ということで、恒例の(?)義理チョコ配布(!)は金曜日から行っております(なんと事務的な!!)

このところお年賀とバレンタインはポチ袋で!というのが恒例なのですが、今年はこんな中身にしてみました。

宇治の山政小山園の「抹茶チョコレート」に、Blendy新茶人「ほうじ茶」(粉末でお湯や水を注ぐとお茶になるタイプ)&MAXIM抹茶ラテ(これもお湯や水で作れる泡立ちクリーミーなラテ♪)

ほっこりといっぷくタイムをすごしていただけたら幸いです♪

今年は本命(といってもムスコ用)チョコの用意が出遅れてしまい、結局なーんにも買わないまま当日に突入してしまったので、ムスコとジイちゃんにはみなさま用の”ギリ“ポチ袋を渡し(うーん、この公平感!なんとも言えないすがすがしさだわ!?)、夕飯のあと、チョコレートフォンデュを催しました。

電子レンジで様子を見ながらとかしたチョコにフルーツやマシュマロをつけて。。。今回は、手づくりチョコの売り場で見つけたマンゴーのクランチをいれたり、カラフルなチョコスプレーをふりかけたり。。。と、けっこうなイベントになりましたが、カンジンのムスコは途中で飽きてしまい、結局、まーしゃは、あまーいチョコレートをイヤ(ほんとうか!?)というほどいただきました。(ああ、でも明日になればまた、チョコたべたくなるんだろうなぁ)

で、ここで、事件が!!

ポチ袋からチョコを出して食べていたジイちゃん、チョコをたべおわるなり、抹茶ラテの袋をあけて口にあて、粉末をむしゃむしゃ(!)「わー!それ、お湯で溶かして飲むんだったらー!!!」

みなさまもおマチガイなきよう。。。

バレンタインデーは過ぎてしまいますが、今週中くらいは、”ポチ袋”もちあるいておりますので、運がよければお会いした男性にはお渡しできるかも?(数に限りがありますが)お楽しみに♪


2010021123430000


| | コメント (0)

ほうじ茶(足柄)&黒豆&そば 雪わさびチョコレート そして 塩羊羹

2010021221110000


2010021219040000


2010021218110000


2010021217580000


2010021216270000


2010021200210000


2月。。。いよいよバレンタインデー♪ですが、今年はソレだけじゃないんですね。2月14日のバレンタインデー当日は、旧暦の元日でもあります。

というわけで、今回のお茶は。。。
足柄のほうじ茶に、”黒豆”、”そば”をブレンドしてみました。
旧暦の元日を控えて、”そば”で無事に年を越し、“黒豆”で来る年も”マメ”であるように。。。という感じでしょうか。

そして、お茶請けは、やっぱりバレンタインにちなんでチョコでしょう!!!
が、コレが普通のチョコじゃない!!オホーツク産・山わさび使用の「雪わさびチョコレート」
偶然某生協の宅配カタログでみつけてしまい、即購入!
しかし、スタジオにもちこむまでお味見はしていないので、どんな展開になるものだか?!(たまにこういうキケンな賭けにでるまーしゃ。。。イカンなぁ)

そして、今回は、お茶の紹介の時間にスペシャルゲストあり!!

郷里の母校の卒業ソングのPRにやってきた書画家のぼうずさん♪
なんと!お茶請けに出身地・和歌山の「紅葉屋本舗」さんの「塩羊羹」を持ってきてくれました。

この羊羹がまたタダモノではない“絶品”でして。。。
羊羹て、ふつうパッケージをあけると、ねっとりとしたツヤがあるものだとおもっていたら。。。なんと!この羊羹は、お砂糖の衣をかけたように、ざらっと固まった感じ?
聞けば、羊羹から出た糖分が固まったものだそうで。。。

いつものように、遅番のスタッフくんとぼうずさん、そして、まーしゃ。。。というにぎやかな顔ぶれでのお味見タイムとなりました。

お茶を淹れている間に、ぼうずさんに羊羹を切っていただいたいて、まずは、「雪わさびチョコレート」の試食です。個包装の袋をあけると、中からはホワイトチョコレートがでてきました。

「わ、わさびの香りだ!でも辛くない。。。ツンときませんね」とはスタッフくん。

そして、お茶は。。。「ほうじ茶の香ばしい香りに、黒豆の甘さ、そのあとに、そばの香りがきますね」

なるほど。。。時間差で味と香りを楽しめる?のね。
今回は、急須1回分として、ほうじ茶5グラム、黒豆3グラム、そば2グラムでブレンドしてみました。

そして、ぼうずさんお持たせの「塩羊羹」です。
「甘くない!」一同そろって「で、うまい!」
そうなんです。さっぱりとしていて素材の良さが全面にでている感じで、例の外側の衣(?)の部分のサクサク(ザクザク)が何とも言えない感触♪
いつもようにスタッフくんはここでも「ザクザク」といい音をさせて試食!

試食も情報量も盛りだくさんで、いつものお味見タイムに収まりきれないー!(大汗)

てんこ盛りのとても充実したひとときでした。

さて、次回はどんな展開にしようかな?


| | コメント (0)

べにふうき緑茶(静岡・本山) & 一口おこし

2010020520040000


2010020512440001


2010020512440000


2010020500110000


今年もそろそろそんな季節。。。立春も過ぎ、暦の上では“春”♪
花粉の季節がまた来る!と、思っているかたも多いかも?!

そんなわけで、今回は、今年初の「べにふうき」を淹れることにしました。

もともとは紅茶用に開発された品種で、「メチル化カテキン」という抗アレルギー作用を持つ「べにふうき」。

昨年は、花粉シーズンにいろいろとアレンジをしながら何度もご紹介したのでしたが、今年もそろそろ。。。ということで、今回は静岡・本山産の「べにふうき」を用意しました。

お茶請け。。。どうしようかな?といろいろと考えたのですが、今年は2月1日が「初午」でしたね。
秦野の白笹稲荷神社の初午に行ったときに、沿道に「おこし」を売っている露店がたくさんありました。
「家を興す、身を興す」とかいうキャッチフレーズを掲げているお店もあったりして、これってやっぱり“縁起もの??”ということで、立春直後の今回には良いかも?と思って、かわいらしい「一口おこし」を合わせてみることにしました。色彩は若干“雛あられ“っぽいですが。。。

さて、昨年”これでもか”というほど何度も淹れた「べにふうき」。
スタジオで茶葉を急須にいれたら、ほんのりと独特の香り。。。「ああ!べにふうきの香り!!」
意外と香りの記憶って鮮明なものですね。

べにふうきは熱湯で淹れると有効成分がよく出る。ということなので、ポットのお湯を冷まさずに注いで、じっくりと浸出させます。

金色の水色に、紅茶とも緑茶ともつかない味と香り。。。うーん、まさしく「べにふうき」だわ!

で、お茶請けの「おこし」です。

今回もスタッフくんは、いい音で「ぼりぼり。。。」
すんごく硬かったり、逆に柔らかかったり、からめてあるアメがたっぷりだったり、少なかったり。。。と、おこしにもいろいろなタイプがありますが、今回のおこしは、さくっとした食感がキモチいい一口タイプ。

独特の香りの「べにふうき」とさくっといただける「おこし」は、ちょっとしたブレイクタイムに似合うかも?

本格的な花粉症シーズンを前に、毎日の生活の中に「べにふうき」取り入れていくと良いようですよ。
急須に茶葉をいれて熱湯で淹れるのももちろんですが、鍋に茶葉と水をいれて煮出していただくとこともできるんですって!(まーしゃはまだ煮出していただいたことはないんですが。。。どんなでしょう?やってみようかな?)

さて、次回は???旧暦のお正月(今年は2月14日)と、バレンタインデーが近い!どんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »