« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

足柄茶「春せんえん」 & 春うさぎのさくら菓子(桜おこし)

2010032619070000


2010032611050000


2010032608540000


いよいよ桜が開花しましたね!春が始まる♪って感じ。。。

年度の切り替えと重なる桜の季節には、やはり”わかれ“と“出会い”のドラマがあって。。。

2年半お送りしてきた「Twilight Cafe」も、今回が最終回となってしまいました。
思い出も、思い入れもある番組だったのでさびしい気持ちでいっぱい。。。
ですが、「Twilight Cafe」の中のコーナーのいくつかは、まーしゃがこれまでも担当していた火曜・木曜15時~19時の「Good Day!」にお引っ越しできることになりました。

ですので、このお茶の紹介もこれからも続いていきます。(あーよかった!いつの間にかこれが生きがいのひとつになってたの!!)

桜の季節のはじまり。そして、Twilight Cafeとしての最後のお茶の紹介で、淹れていくのは、やはり、地元足柄のお茶。春限定茶「春せんえん」に決定!
お茶請けは???やっぱり”桜”ということで、今回は桜のおこし。その名も「春うさぎの さくら菓子」を用意しました。

最終回にもかかわらず、というか、最終回というだけあって?か、今回はゲストさん、ほぼフルブッキングの3組!
春休み中の定期演奏会のPRにいらした中学の吹奏楽部の先生、商店街のマップ制作を手掛けているイラストレーターさん、
今月で2年の任期が終了する青年団体の会長さん、と、やはり、この時期らしい(?)顔ぶれです。

今回のお茶請けをこのお菓子に決めたのには実はもう一つ理由があって。。。

商店街のコーナーで登場してくださるイラストレーターさん(女性)、これまでも何度かゲストとして出演していただいているのですが、やわらかいタッチのイラストの作風は、ふんわりと舞う桜の花びらのようなやさしさで、「さくら菓子」のほんのりと甘い雰囲気が似合いそう!と思ったからなのですよ。

お茶請けをチョイスするインスピレーションをくれるイラストの作風って。。。やっぱりスゴいなぁ。と思うまーしゃ。

イラストレーターさんは、そんなまーしゃにオレンジと紫と白のお花を奇麗にくみあわせた花束を作ってきてくれました。(まさか最終回とはしらなかったようですが。。。ウレシイ!!)こんな心遣いができる女性ってあこがれます。

最終回。。。のせつない雰囲気を若干漂わせつつの2時間。
前半1時間終わって、前半のミキサーさんが、いつもより丁寧に「おつかれさまでした」と、あいさつして後半のミキサーさんに交代。
なんか、じわっときます。(「Good Day!」のミキサーさんはまた別のスタッフなのです)番組の前半後半でミキサーさんが交代する変則シフトだったけど、いいチームだったなぁ。(しみじみ)

そして、後半のミキサーさんといつものようにお茶のお味見です。
「Twilight Cafe」の前番組から一緒に番組やってきたスタッフくんと話していると「番組おわっちゃうんだ。。。」というさびしさもひとしおです。
今回ばかりはお茶の紹介もそこそこにこの2年半(前の番組からだと3年)の思い出話に花が咲いちゃいます。

しかし!、2年半、ほぼ毎回まーしゃの淹れるお茶を試飲し続けてきたスタッフくん、足柄茶「春せんえん」に「香りと甘みが春らしい」とか、「さくら菓子」に「さくらもちのようなほのかな香りと甘みがいいですね」と立派にコメントしながら恒例の「ぽりっ」といい音をさせてくれました。そういえば、このスタッフくんがお菓子を試食するときの「ぽりっ」という音のファンもいるんですよね。

でも、安心してください。お味見スタッフくんのコメント、来月からもちゃんとあります。

しんみりしつつ、ウラじゃバタバタ(!)の2時間もそろそろ終盤。
エンディングテーマに選んだ曲がかかったら泣いちゃうかも?という危惧もありましたが、なんとか着地!!

春の香りを運ぶ「春せんえん」と、「さくら菓子」に、これからの”まーしゃ’S Cafe”の門出を飾ってもらったような気がします。

さて、次回からは、木曜日のお茶の紹介をしていきます。
お楽しみに!!

| | コメント (0)

日本一早い新茶「印雑」 & 黒糖ちんすこう・黒糖落花

2010031919020000


2010031919010000


2010031901290000

暑さ寒さも彼岸まで。といいますが、もう新茶が届きました。
沖縄の本島北部で栽培されている「印雑」という品種。なんと!3月13日に収穫されたんですって!

私の手元にも昨日届いたばかり。。。
渋味と花香が特徴というこのお茶。この香りの正体は、ぶどうやジャスミンに含まれる芳香成分アントニル酸メチルによるものなんだそうです。この成分が含まれるのはこの「印雑」種だけ!だそうで。。。

いつものように京都和束の「おぶぶ茶苑」さんからのお取り寄せなのですが、おぶぶさんもすごいお茶扱ってますね!ついてきた淹れ方には、100度のお湯で30秒浸出だそうです。

そして、お茶請けは?
やっぱり沖縄!ということで、黒糖のお菓子をさがしてみました。
近所のスーパーで発見したのは、「黒糖ちんすこう」と「黒糖落花」どっちも合いそうなので、今回は両方採用!!

初めて淹れる「印雑」にちょっと緊張しながらのお茶タイムとなりました。

高温で淹れて渋みは?とおもったら案外さっぱりしています。
それどころか「さわやかでやさしい香りがしますね」とお味見のスタッフくん。

で、「黒糖落花」をカリっ、ポリっ、と。。。今回はこの「ポリっ」がポイントですな。

つづいて「黒糖ちんすこう」です。
ほろほろと崩れる感じがまたいいですね。

ちんすこうって、沖縄でしか手に入らないと思っていたら、近所のスーパーにあってビックリしました。

やはり沖縄の大地で育ったお茶。同じ沖縄産の黒糖を使ったお茶請けとも相性ばっちりです。

いよいよ春!今年初めての新茶をいただいて寿命が延びる♪お茶タイムでした!

| | コメント (0)

静7132ブレンド & 苺のホワイトショコラポルボローネ タント

2010031219010000


2010031217170000


2010031211180001


2010031211180000

ひな祭りが終わったと思ったら、あっという間にホワイトデーですね。
バレンタイデーからホワイトデーまでに1カ月を”エンジェル・マンス”っていうんですって!

しっかし、この1カ月。。。早かった~(やっぱり、1月は行く、2月は逃げる、3月は去る!ですね)

ということで、今回はホワイトデーにちなんだお茶請け。
お茶請け先行で決めてみました。。。というのも、チマタにあふれる「ホワイトデー・ギフト」のコーナーを見ていると、“自分で買ってでも食べてみたい”というスイーツに出くわすものです。。。

今回のお茶請けも、駅ビルの中のお店で、かわいくディスプレーされて店頭に積み上げてあったのを見つけてしまいました。

その名も「苺のホワイトショコラポルボローネ タント」(長い!!)
以前にも一度この”ポルボローネ タント”をお茶請けに使ったことがあるのですが、今回は“苺のホワイトショコラ”ですよ!!(限定ものの類に弱い私。。。)

半ば自分へのご褒美(?)感覚で購入してきました。

で、お茶は何にしよ?

そうです!春らしい薄いピンクのポルボローネ タントにあわせるなら!!!
先日ご紹介した“桜葉のような香気をもつ”品種「静7132」をブレンドしたバージョンが手元にありました。

これは「静7132」に、「やぶきた」と「おくみどり」を合組み(ブレンド)してある深蒸しのお茶です。

ほんのりと春らしい香気が漂うお茶タイムになるといいのですが。。。

で、お味見♪してみました。

ポルボローネ タントは、口に入れると”ほろっ”とほどける焼き菓子なので、スタッフくんがかじっても「かりっ」とはいきません。。。が、「あ、いちごの香り!いちごの種の食感もきちんとありますよ!」だそうです。
焼き菓子のポルボローネ タントの周囲にフリーズドライの苺のフレーク(?)と、ホワイトチョコがコーティングしてある!という逸品です♪

そして、お茶。。。深蒸しらしい濃い水色ですが、「まろやかな感じですね」とスタッフくん。
確かに、口に含んでみると、ほんのり「静7132」の桜葉のような香りがして、ふわっとさわやかで、春らしい甘さを感じます。

うーん、なかなかいいかも♪(ほとんど自画自賛状態。。。)

本格的に春到来も間近かな?と思える今回のお茶でした。

| | コメント (0)

あしがり郷「玄米茶」 まさかりんとう&うす葉かりんとう

2010030519010001


2010030519010000


2010030517320000


2010030511420000


2010030511410000


2010030511400000


2010030511390000


ひな祭りのシーズンですね!
あちこちでひな祭りの催しが行われていますが、今回は「雛の競演 森と里のひな祭り」の会場でみつけたお茶とお茶請けを中心にまとめてみました。

まず、お茶!

実はこれ、まだ市販されていないらしい。。。です。
と、いうのも、開成町・あしがり郷瀬戸屋敷で開催中の「里のひなまつり」の会場で取材中に、“お茶の試飲とアンケート”を行っているところに出くわしました。
お話を聞いたところ、開成町の金井島地区で取れた「きぬひかり」という品種のお米を使った玄米茶なのだそうです。ベースのお茶も開成町産の二番茶ということで、すべてが開成町産の素材でできている!(すごい!)
ここ(ひな祭り会場)でお客様に試飲していただいて、アンケートをとって価格など販売方法を検討するんですって!!

そのお茶をちょこっと分けていただいてきました。

そしてお茶請け!
やはり「森と里のひなまつり」なので、森の会場「南足柄市郷土資料館」の会場で何か探そう!ということで、こちらにも足を運んでみました。

ら、ありました!「まさかりんとう」!!
南足柄ゆかりの金太郎のまさかりにちなんだ商品で、ほかにも「まさカリーパン」や、「まさカリーうどん」などのラインナップがあります。
この「まさかりんとう」は以前にもご紹介したことがあるので、もう1品!ということで、すっごいインパクトのある「うす葉かりんとう」をカップリングすることにしました。

「雛の競演」にちなんで「かりんとうの競演(?!)」
こちらの「うす葉かりんとう」はスーパーのお菓子売り場で発見しました。製造は秋田県角館市となっています。
以前にも落葉(だったっけ?)かりんとうというすっごいインパクトのある(短冊のようなおっきくて平たいかりんとうがねじってある!!というもの)をご紹介しましたが、この「うす葉かりんとう」もそれに匹敵するくらいの強烈なルックスです。
見た目はおっきな葉っぱ。。。ですが、ゲストにいらした誰もが「せんべいかと思いました」というシロモノ。。。

さあて、お味は???

今回の番組のゲストは2時間で3組!という満員御礼の展開!
みなさん「まさかりんとう」をつまんで「あ、ごぼう」とおっしゃいます。それもそのハズ!この「まさかりんとう」は、金太郎の息子・金平(きんぴらごぼうの語源にもなっているそうです)にちなんで”ごぼう"をたっぷりといれたこだわりの逸品なんです!!

いつもよりかなりあわただしくはありましたが、スタッフくんにもしっかりお味見してもらいました。

一見「せんべい」のような「うす葉かりんとう」に「見た目はせんべい。食べると。。。ちゃんと、かりんとう♪です」と、ばりばりといい音で試食。。。そして、お茶は???

「足柄茶らしいまろやかなお茶に香ばしい玄米がイイ感じですね」だそうです。

確かに、玄米のすっきりとした香ばしさが足柄茶の優しい風味によくあいます。
開成町の底力を見た!(?)気がします。
商品化されるのが楽しみ♪

さらに、曲がかかっている最中にスタッフくんからひとこと。「この(うす葉)かりんとう、最初の食感が“麩菓子”で、後に来る味がかりんとう。。。」ですって!!なるほどね♪
見た目もスゴイけど、お味も黒糖のコクのある甘みに黒ゴマというなかなかのものですよ!!

またスゴイお茶請け探してみよう!っと♪


| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »