« 静7132ストレート & ひな菓子&白川路 | トップページ | 静7132ブレンド & 苺のホワイトショコラポルボローネ タント »

あしがり郷「玄米茶」 まさかりんとう&うす葉かりんとう

2010030519010001


2010030519010000


2010030517320000


2010030511420000


2010030511410000


2010030511400000


2010030511390000


ひな祭りのシーズンですね!
あちこちでひな祭りの催しが行われていますが、今回は「雛の競演 森と里のひな祭り」の会場でみつけたお茶とお茶請けを中心にまとめてみました。

まず、お茶!

実はこれ、まだ市販されていないらしい。。。です。
と、いうのも、開成町・あしがり郷瀬戸屋敷で開催中の「里のひなまつり」の会場で取材中に、“お茶の試飲とアンケート”を行っているところに出くわしました。
お話を聞いたところ、開成町の金井島地区で取れた「きぬひかり」という品種のお米を使った玄米茶なのだそうです。ベースのお茶も開成町産の二番茶ということで、すべてが開成町産の素材でできている!(すごい!)
ここ(ひな祭り会場)でお客様に試飲していただいて、アンケートをとって価格など販売方法を検討するんですって!!

そのお茶をちょこっと分けていただいてきました。

そしてお茶請け!
やはり「森と里のひなまつり」なので、森の会場「南足柄市郷土資料館」の会場で何か探そう!ということで、こちらにも足を運んでみました。

ら、ありました!「まさかりんとう」!!
南足柄ゆかりの金太郎のまさかりにちなんだ商品で、ほかにも「まさカリーパン」や、「まさカリーうどん」などのラインナップがあります。
この「まさかりんとう」は以前にもご紹介したことがあるので、もう1品!ということで、すっごいインパクトのある「うす葉かりんとう」をカップリングすることにしました。

「雛の競演」にちなんで「かりんとうの競演(?!)」
こちらの「うす葉かりんとう」はスーパーのお菓子売り場で発見しました。製造は秋田県角館市となっています。
以前にも落葉(だったっけ?)かりんとうというすっごいインパクトのある(短冊のようなおっきくて平たいかりんとうがねじってある!!というもの)をご紹介しましたが、この「うす葉かりんとう」もそれに匹敵するくらいの強烈なルックスです。
見た目はおっきな葉っぱ。。。ですが、ゲストにいらした誰もが「せんべいかと思いました」というシロモノ。。。

さあて、お味は???

今回の番組のゲストは2時間で3組!という満員御礼の展開!
みなさん「まさかりんとう」をつまんで「あ、ごぼう」とおっしゃいます。それもそのハズ!この「まさかりんとう」は、金太郎の息子・金平(きんぴらごぼうの語源にもなっているそうです)にちなんで”ごぼう"をたっぷりといれたこだわりの逸品なんです!!

いつもよりかなりあわただしくはありましたが、スタッフくんにもしっかりお味見してもらいました。

一見「せんべい」のような「うす葉かりんとう」に「見た目はせんべい。食べると。。。ちゃんと、かりんとう♪です」と、ばりばりといい音で試食。。。そして、お茶は???

「足柄茶らしいまろやかなお茶に香ばしい玄米がイイ感じですね」だそうです。

確かに、玄米のすっきりとした香ばしさが足柄茶の優しい風味によくあいます。
開成町の底力を見た!(?)気がします。
商品化されるのが楽しみ♪

さらに、曲がかかっている最中にスタッフくんからひとこと。「この(うす葉)かりんとう、最初の食感が“麩菓子”で、後に来る味がかりんとう。。。」ですって!!なるほどね♪
見た目もスゴイけど、お味も黒糖のコクのある甘みに黒ゴマというなかなかのものですよ!!

またスゴイお茶請け探してみよう!っと♪


|

« 静7132ストレート & ひな菓子&白川路 | トップページ | 静7132ブレンド & 苺のホワイトショコラポルボローネ タント »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静7132ストレート & ひな菓子&白川路 | トップページ | 静7132ブレンド & 苺のホワイトショコラポルボローネ タント »