« 新茶 静岡(特上煎茶) & 抹茶糖 | トップページ | 番外編! 足柄うまみ茶花里のしずく & たまり煎餅トッピング! »

熊本 釜炒り茶(新茶) & きらず揚げ(塩)

2010052719590000


2010052708530000


2010052708440001


2010052708440000


新茶シリーズ佳境です。今週やっと注文したすべての産地、すべてのお茶が届き、取り寄せた新茶全部が揃いました。

で、今回は何にしよ?

これまでは届いた順!でしたが、いろいろある中から選ぶとなると迷います~

そういえば!いつも差し入れしているまーしゃの後の番組のばうずさんは、出張中で番組はすでに事前に収録済み!ぼうずさんはどこへいったのかな?と、思って、ぼうずさんのブログをチェックするとー!なんと!熊本にいるらしい。。。じゃあ!!ということで、今回はまさに、ぼうずさんがリアルタイム滞在中の!熊本の「釜炒り茶」の新茶を用意しました。

通常、お茶の葉は茶畑で摘むとすぐに蒸して加熱しますが、この釜炒り茶は、生葉を蒸さずに350度に熱した釜に入れ、丁寧にかき混ぜながら火を通して炒ったお茶です。

香りのよさと、独特の釜香が特徴で、脂っこい料理にもよくあいます。

と、いうことで、お茶請けは、油で揚げたおからのお菓子「きらず揚げ」を合わせることにしました。
”きらず”というのは、卯の花(おから)のことを指す言葉だそうで、、ま、”おから揚げ”みたいな感じでしょうか?
黒糖や、ゴマなどいろいろなフレーバーがあるのですが、今回はさっぱりと「塩」味を選びました。

今回の最初のゲストは、定期演奏会のPRにやってきた吹奏楽研究会の会員のかた。
日ごろからよく番組をお聞きになっているらしく、「これが、評判のお茶ですね!」「いつも、試飲しているスタッフのかたの絶妙なコメントと、美味しそうな試食の音が気になってました」。。。ですって!!いやぁ、恐れ入りますぅ(なんか照れますね)

そして、いよいよ「まーしゃ’s Cafe」のコーナー。
今日は、録音でお届けする「ぼうずの元気モリモリラジオ」の告知をしたり、検定クイズの問題をおさらいしたりしながらの試飲です。

お茶の袋に、70度くらいのお湯で1分浸出。とあったので、その通りに淹れてみたのですが、スタッフくん「甘い」と開口一番にコメントするじゃないですか!

釜炒り茶の香ばしさが全面に出ているかと思ったら意外!!
飲んでみると、ホントに甘い!

もしかして、茶摘み時期の低温で、茶摘みが遅れた分、地面の養分をいっぱい吸って濃い旨みが。。。っていう今年の傾向は、このお茶にも???

新茶の味や香りって、その年の独特のものを楽しむ♪っていうのは、こういうことをいうのかな?と、改めて思いました。

お茶請けの「きらず揚げ」は、やや硬いかな?という食感がたまらない!お菓子。スタジオ中がぽりぽりといい音に包まれました。
こういうときに、スタッフくんの「ぽりっ」という響きのよい音色は説得力があります。
これに、エコーかけちゃう番組ミキサー担当のスタッフくんがいるので、最近ますます音に磨き(?)がかかちゃってます(?!)

音も”おいしさ”には重要な要素なんですね。

さて、次回はどの新茶にしようかな?


|

« 新茶 静岡(特上煎茶) & 抹茶糖 | トップページ | 番外編! 足柄うまみ茶花里のしずく & たまり煎餅トッピング! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新茶 静岡(特上煎茶) & 抹茶糖 | トップページ | 番外編! 足柄うまみ茶花里のしずく & たまり煎餅トッピング! »