« 新茶 知覧(鹿児島) & まるごと佐賀県産「緑茶大豆」 | トップページ | 足柄走り新茶 & ミニバームロールホワイト&抹茶 番外!たまり煎餅 »

玉露新茶 & カントリーマアム 宇治金時

2010050619230000


2010050614460000


2010050607570001


2010050607570000


夏も近づく八十八夜。。。今年は5月2日だったのですね。
4月は予想外!の雪やら寒さで、お茶は大丈夫かなぁ?と思いつつ、今年の新茶シリーズも佳境です。

今回は「玉露」の新茶が届きました。

玉露ですよ!!玉露!!!
(自分が一番平静を失ってる?!)

というわけで、今回はお茶請けに「カントリーマアムの宇治金時」をあわせてみました。

。。。コレ、フツウだったら“おいおい“って感じの取り合わせですよね(ですよねー?)

でも、ソコをなんとか“カジュアルな”楽しみ方で!と提案したいまーしゃとしては、この時期いろいろとでまわっている“お茶”フレーバーのお菓子を使ってみたいわけでして(汗)

茶器は久しぶりに宝鬢と湯ざまし、玉露用の豆茶碗を出しました。
お茶と一緒にとどいた「おいしい淹れ方」の説明書には、3人分・茶葉10グラムを60cc50度のお湯で2分半浸出。。。とあります。

はたして、この宝鬢に60ccとはどのくらい?だったかな?と、朝からキッチンで“実験”をはじめてみてすごくビックリしたのは、豆茶碗3人分のお湯がちょうど60ccなんですね!!やっぱり計算してこの大きさにつくられているのだ!と改めて感心。。。

ちっちゃいちっちゃい茶器を持ってスタジオへ。

案の定(?!)
お味見にやってきたスタッフくんからは「すっごい濃い!で、甘い!」と、素直な感想が。。。
このコメントの直前、まーしゃの後の番組のパーソナリティ・ぼうずさんの書画イベントの巨大な“こいのぼり”の作品の話をしていたので、「でっかい鯉」と、「すっごい濃い」が妙にカブッてフシギな感じ。。。(あとは“恋”でなにかあるといいなぁ?!)

はたして、その“濃さ”にカントリーマアムは合うのか??
宇治抹茶のほのかな苦みを小豆のまろやかな甘さでおいしくひきたてた。。。というカントリーマアム!
和風の甘さは玉露とも相性良かったみたい。。。

引き続き、次の番組「ぼうずの元気モリモリラジオ」にもお茶の差し入れをしたのですが、まず、かわいい茶器にぼうずさん「ちっちゃ。。。」とオドロキの表情!
確かに初めて玉露の豆茶碗みるとビックリしますよね!
ま、お酒でいうとショットグラス、コーヒーならエスプレッソ、って感じなのかなぁ?

急須の取っ手を取り去ったような”宝鬢”も初めて目にされたようです。
なぜ取っ手がないか?というと、“宝鬢”には、熱いお湯をいれないので、本体を直接もって注げる形状なのですね。

ぼうずさん、やはり、「濃い!」味と香りにひとしきり驚いたあと、宝鬢の中で開いた茶葉の美しさに感動されたようです。
三煎目くらいまで出したお茶の葉に、ポン酢や、しょうゆ(おかかもね!)をかけていただくことができるお話をすると、”やってみたい!”と前向きな発言が。。。

もうすこしすると、食べるのにピッタリ!のとっておきの“新茶”が届くので、その時はポン酢をもってスタジオ入りしようかな?

このあともいろんな新茶を手配してあるので楽しみ♪はまだまだ続きます!


|

« 新茶 知覧(鹿児島) & まるごと佐賀県産「緑茶大豆」 | トップページ | 足柄走り新茶 & ミニバームロールホワイト&抹茶 番外!たまり煎餅 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新茶 知覧(鹿児島) & まるごと佐賀県産「緑茶大豆」 | トップページ | 足柄走り新茶 & ミニバームロールホワイト&抹茶 番外!たまり煎餅 »