« 青しそ冷茶 & 宇治抹茶サンドクッキー | トップページ | 京都・和束「おぶぶ茶苑」かぶせ煎茶”氷出し“&京のキャラメル千鳥 »

柚子入り和三盆抹茶糖 & 三角しょうが糖 と、差し入れの「おこげ煎餅」

2010072019410000


2010072019350000


2010072019090000


2010072014150000


2010072014140000


今年もこの季節がやってきた?!
青汁。沼。。。いろいろと言われちゃうけどやっぱり夏の風物詩「抹茶糖」。
抹茶と和三盆を合わせた濃くて甘~いお茶。しかも今年は「柚子入り」というのを発見してしまいました。濃くて甘くて。。。に柚子?どんなテイスト??
お茶のチョイスにはなにより好奇心!というまーしゃ。早速取り寄せました。
そして、お茶請けには、この「柚子入り和三盆抹茶糖」と一緒に(7,8月限定と聞いて)取り寄せた「三角しょうが糖」。昔懐かしいお菓子で「ハッカ糖」というのがありますが、これはその“しょうが”版かなぁ?

今回は、まーしゃが番組後に差し入れをする「ぼうずの元気モリモリラジオ」が事前収録のため、お茶の紹介はぼうずさんから。。。
いつもはバタバタをスタジオを入れ替わってのお茶の時間になるのですが、収録なので、お茶の用意も“まったりと”できます。
番組の準備を進めるぼうずさんを前に、まずは、お茶の計量から。。。
今回はなんと、クッキングスケールをもちこんでぼうずさんの目の前で抹茶糖の分量を量ります。「抹茶糖10グラムに冷たい水を100ミリリットル」ということなので、きっちりとお茶(粉なんですけどね)とお水(こちらは計量カップでね)を量ります。
で、昨シーズンお味見のスタッフくんに苦笑された(!)混ぜる作業です。
細かな粉末がなかなか冷たい水に溶けず、昨年は番組中に(とてもお客様にみせられないほど!?)悪戦苦闘したのでした。
今回は生放送中じゃないので、この作業も“ゆったり”と。。。
そして、より冷た~くしていただくために、溶いた抹茶糖を氷をいれたポットにとって、器に注ぎます。
器に注いだとたんに、「濃い~!」ぼうずさんとスタッフ君からオドロキの声が上がります。
「青汁ですか!?」「沼?」
はい、みなさん!お約束のコメントありがとうございます。
この濃い緑色。。。なかなかのモノです。
お味は?甘すぎずさっぱりとした感じ。柚子の香りが後味もすっきりとさせてくれているようです。
お茶請けの「三角しょうが糖」も、柚子に負けず、しょうがの風味が効いています。
甘いお茶に甘いお茶請け。。。夏の甘みを堪能するにはいいか。。。?
と、おもっていると、そこにぼうずさんがファンのかたにいただいた、という差し入れのお茶請けが登場!その名も「おこげ煎餅」。中華料理の「おこげ」を煎餅に仕上げた(?)カリっカリっ!サックサクの香ばししょっぱいお茶請けです。
むかーし、中華の料理人をしていたというぼうずさんも太鼓判のこのおこげ煎餅。
香ばしさと食感、ほんのりした塩味が今回のあまーいお茶によく合います。
カップリングとしては、こっちに軍配があがっちゃうかなぁ?
ぼうずさんにはお菓子のチョイスがうまいファンがいるのねー!スバラシイ!!


コーナーのトーク中にぼうずさんから「きっちり計量してたけどやっぱりソレって大事?」と質問。そうなんです。
今回は粉のお茶でしたが、リーフのお茶にしても、製法や産地、時期などによって茶の葉の“かさ”が全然違います。お茶の袋のウラなどに、お茶の葉の分量やお湯の温度、浸出時間などがあるときには、まずはその分量や温度・時間をきっちり守って淹れてみてください。販売しているお店や生産者のかたが「この分量で」という数値をきちっと守ってみることで、お茶屋さん(生産者)がどんなテイストで味わってほしいと思っているか?がわかります。まずは基本の“き”から、お茶に限らずそうなのかも?ですが、ここんところは大事にしたいことろです。

で、ぼうずさんの収録から10日足らず。。。ようやく生放送でこのお茶を紹介する時がきました。スタジオの手前のテーブルで調合(?)しているところから、「なんだかアヤしげな粉だねぇ」と声がかかる始末。水で溶いた「抹茶糖」をスタジオに持ち込めば「濃!」と絶句するスタッフが約1名(収録時に見てなかったの)。このインパクトは結構スゴい!楽しい♪
京都のあるお茶やさんがツイッターで呟いていた「驚かせ力」って言葉。。。こういうときにぴったりくる感じ!好きだなぁ♪

いつものように「まーしゃ‘S Café」でお茶とお茶請けの紹介を始めると、収録の時のように、「青汁」だの「沼!」だの言いながら、某ス●バみたいなカフェのメニューにあってもイケるかも?とか、この「抹茶糖」にバニラアイスのせてフロートにしてもいいよね♪この粉をかき氷にかけたらおいしそう!(実は昨年も紹介しましたが、かき氷にシロップじゃなくて粉状のフレーバーかけると“新食感”)と、いろんなアイデアが湧き出し。。。インパクトだけじゃなく、味わい方もかなり楽しめそうな逸品であることが判明!やるなぁ!「柚子入り和三盆抹茶糖」♪

さて、次回から8月にはいるのでそろそろ“氷出し”はじめましょうか?「驚かせ力」のお茶屋さんのお茶も(まさにツイッターで呟いていらしたのが“氷出し”のお茶について、でした)紹介していきましょうね♪


|

« 青しそ冷茶 & 宇治抹茶サンドクッキー | トップページ | 京都・和束「おぶぶ茶苑」かぶせ煎茶”氷出し“&京のキャラメル千鳥 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青しそ冷茶 & 宇治抹茶サンドクッキー | トップページ | 京都・和束「おぶぶ茶苑」かぶせ煎茶”氷出し“&京のキャラメル千鳥 »