« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

秋せんえん & ムラング「紫いも」

2010093018170000


以前からこのブログでもご案内している「清閑亭ティーサロン」の開催が迫ってきました。
昨日は現地で実際のテーブルセッティングとお茶を淹れるリハーサルをしてきました。
なかなかイイ感じです。
で、今回は、ティーサロンで実際に淹れるお茶のひとつ「秋せんえん」をこれまた実際にお茶請けとしてお出しする「紫いものムラング」を。。。

秋の怒涛のイベントを前に、嵐の前の静けさ(?)のようにこれといったゲストさんもなく静かに「まーしゃ‘S Cafe」の時間を迎えました。
今回のお味見ゲストは、同じくGoodDay!の水曜・金曜担当パーソナリティ・須加みきちゃん。明日の特番の打ち合わせで局に来ていたところをスタジオに入っていただきました。
同じ番組を担当していながら、向かい合ってのトークは“何年ぶり?”という感じ。。。明日の特番のお話やら、みきちゃんの出演するお芝居の公演のお話しやら。。。と話題満載です。早速お茶を淹れて「どうぞ!」と出したところに、前代未聞のハプニングが!!!
なんと!「虫~!」ちっちゃいちっちゃい虫がみきちゃんのお茶に飛び込んだ(!)んです。。。「てんちょー!」みき氏絶叫(!?)「はいはい、すぐにお取り換えしますぅ~」と虫がはいってないお茶と交換したのですが、この虫が入ったお茶、虫をとりのぞいて私の前に置いておいたところ、しばらくしてみると、また虫が入っているんです!よっぽど虫に好かれる(?)お茶なのかも?ま、虫も飲みたいくらいおいしい!ってことかな?
足柄茶の秋限定のブレンドで「秋せんえん」番組では何度かご紹介していますが、今回ティーサロンでは、三煎目まで味と香りの移り変わりを楽しんでいただく趣向です。
そして、ムラング「紫いも」。昨日のリハーサルでもその形状からかイチバン人気!お客様役で試食をしてくれた清閑亭スタッフのみなさんにも「一番気になる」存在だったそうで、真っ先にこの「ムラング」に手が伸びていました。
今回は、須加みきちゃん“初”「さくっ」と!うす紫のメレンゲ生地をいい音でお味見してくれました。
私もあとからいただいたのですが、表面より、中のほうが紫が濃いのね。。。ほんのり甘くてほんのりお芋のあじがするやさしいお菓子。足柄茶のやさしい感じをうまくひきたててくれるとおもうんですよ!

清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」まだまだ参加者募集中です。1日限定5名という少人数でたっぷりとお茶とお茶請けを堪能していただけます。海の見えるお庭をみながらのティータイム。詳細は下記の通りです。

2010092913000001


清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」
国登録有形文化財(旧・桜谷黒田長成邸)「清閑亭」で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。
日 時  10月4日(月)→空き有り、6日(水)→満員御礼、13日(水)→空き有り、
18日(月)→満員御礼、20日(水)→空き有り、25日(月)→空き有り、
27日(水)→空き有り
     各日とも13時30分~15時
場 所  小田原邸園交流館「清閑亭」(小田原市南町1-5-73)
内 容  足柄うまみ茶花里の雫を中心に2.3種類のお茶とお菓子を味わいます
定 員  5人・先着順
費 用  1,500円(資料、お茶、お茶請け代込み)
申込み  事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください
主催 NPO法人小田原まちづくり応援団
共催 野点イベント実行委員会

さて、次回は10月。ティーサロンを進めつつ、番組ではどんなお茶を紹介しようかな?

| | コメント (0)

静岡玄米茶&レモンバーベナ「グリーンバーベナ」&パンdeショコラ・抹茶ショコラ味

2010092418140000


2010092412220001


2010092412220000


おや?今週木曜なのにブログ更新しなかった?とお思いの方もいらっしゃるかな?実は今週のGoodDay!は変則シフト!木曜日と金曜日の担当を交替しました。ので、今回は金曜更新なのですね。

さて、9月も下旬というのにウソのような残暑だったのが、イッキに空気が入れ替わり涼しいというより、冷たい雨になった金曜日。ようやく“あったかいお茶”を淹れる時がやってきました。満を持してこの秋初めて登場する“あったかいお茶”は、「グリーンバーベナ」と名付けられたお茶。実は紅茶のお店の商品なんです。普段は断然日本茶なのですが、パッケージもかわいいし、フレーバーもなかなかラブリーなので時々取り寄せている「カレルチャペック紅茶店」さんのこの夏の新商品。カタログにあった“緑茶”という文字をみて即刻注文してしまいました。が、なかなかこの暑さでご紹介の機会がなく。。。今回の登場となりました。

さて、対するお茶請けは?というと。。。あまりの暑さにチョコ系のお菓子を購入することがほとんど不可能だったこの夏。先週の台風一過でようやく峠を越えたかな?というところに(て、いいながらそのあとも猛暑だったりしたのだけれど)目に飛び込んできたのが、「パンdeショコラ・抹茶ショコラ味」だったわけです。もう、抹茶!ショコラ!という文字が目に入るなりソク買い物かごにはいっておりました。(これを条件反射という?)我ながら単純な理由ではありますが、お月見もお彼岸もどーもピンとこない?!という気候の中、こんなカップリングでの秋スタートとなりました。

実は、この「グリーンバーベナ」リーフではなくティーバックの商品なんです。番組でティーバック淹れるのは実は初めて。。。なんか(イメージ的にね)手抜き感がある気がしてこれまでは避け続けてきたのですが、淹れてみると結構香りも味もいいんです。リーフと遜色ない感じ(さすが専門店)確かに手軽で本格派。。。ていうのはウレシイです。

今回は勤務もイレギュラーなら、ゲストもイレギュラー。。。なんと!飛び入りゲストさんが2組も!!でも、ティーバック仕様のおかげか、さほどの混乱もなく、お茶を勧めることができました。飲みやすいテイストなのか、みなさん“すいっと”飲み干して帰られるのでほっと一安心です。

そうこうしながらやってきた“まーしゃ‘S Cafe”のコーナー。このところ“ゲスト”としてむかえているスタッフくんに“ようこそ金曜日へ”と迎えられる“フシギ”な感覚。。。(スタッフくんは金曜の番組のミキサーを変わらず担当しているのでした)Twilight Caféが終了して半年。懐かしい我が家にもどったような?そんな気もします。
「あ、玄米の香ばしい香り!なんかスパイシーな香りがしますね?」とスタッフくんらしいコメントに続き、「カリっ」といい音でパンdeショコラを試食し、「ちょっと見ポテトチップに見えるんですが、そのつもりで食べると“堅い”抹茶のチョコテイストのラスクの薄いの、って感じです」とこれまたゼツミョーなコメントのスタッフくんです。

そして、今回は、久々に金曜夜の釣り番組「BIG FISH」にもお茶の差し入れをさせていただきました。

ちょっとなつかしい空気を味わいながらの金曜日。たまに戻ってくるのもいいものだわ♪と思いつつの4時間でした。

さて、次回はどんな展開に?(秋冬物も衣類を全く準備していなかった!と同じくらい秋冬モノのお茶の構想がたっていない9月末。。。汗)

そうそう、番組でもご案内しましたが、
まーしゃが、“元・侯爵様の別荘”で初めて開くお茶の会「清閑亭ティーサロン“別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編”」来月4日からの開催を前に徐々にではありますが、お席が埋まってきております。もし、参加してみようかな?というかたがいらっしゃいましたらお早目のお申し込みをお願いしますね。
(直接「清閑亭」までお願いします)

というわけで、ここにももう一度概要貼り付けておきますね。

清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」

国登録有形文化財(旧・桜谷黒田長成邸)「清閑亭」で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。

日 時  10月4日(月)あと4名、6日(水)満席、13日(水)、18日(月)あと1名、
20日(水)、25日(月)あと3名、27日(水)
     各日とも13時30分~15時
場 所  小田原邸園交流館「清閑亭」(小田原市南町1-5-73)
内 容  足柄うまみ茶花里の雫を中心に2.3種類のお茶とお菓子を味わいます
定 員  5人・先着順
費 用  1,500円(資料、お茶、お茶請け代込み)
申込み  事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください

主催 NPO法人小田原まちづくり応援団
共催 野点イベント実行委員会

ということで、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

清閑亭ティーサロン!準備進行中です

先週木曜日の番組で「水出しにして良かったものか?」と、悩むほどの涼しさだったのがウソのように、またしても“暑い”この頃。「やっぱり水出しのくき茶で正解~!」と、今回も番組ゲストのみなさんに冷た~いところを味わっていただきました。
ティーサロンまでに少しでも回数重ねて万全の味・香りが出せるようにしなくては。。。!
今回も3組のゲストさんをお迎えしましたが、みなさん、お茶との向き合い方がそれぞれ違うのですね。
出演直前に緊張を解きほぐすように“ぐっと”一服するかた。ひとしきりお話がおわって、喉を潤すように一服するかた、おしゃべりをしながらたのしそうに一服するかた。。。お茶の飲み方ひとつにもそのかたの心境が垣間見えるようです。
ティーサロンでは、どんな出会いがあるんでしょ?楽しみ(半分ドキドキ)です♪
おかげさまで、関係各所からプレスリリースを出していただいたり、地元のフリーペーパーで取り扱ってくださったり、とPRのほうも順調にすすんでいるようです。
(はい、自分の番組でも恥ずかしながら告知しております・汗)

各日限定5名様とかなり人数もかぎられていますので、もし、参加してみようかな?というかたがいらっしゃいましたらお早目のお申し込みをお願いします。
(直接「清閑亭」までお願いします)

というわけで、ここにももう一度概要貼り付けておきますね。

清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」

国登録有形文化財(旧・桜谷黒田長成邸)「清閑亭」で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。

日 時  10月4日(月)、6日(水)、13日(水)、18日(月)、20日(水)、25日(月)、27日(水)
     各日とも13時30分~15時
場 所  小田原邸園交流館「清閑亭」(小田原市南町1-5-73)
内 容  足柄うまみ茶花里の雫を中心に2.3種類のお茶とお菓子を味わいます
定 員  5人・先着順
費 用  1,500円(資料、お茶、お茶請け代込み)
申込み  事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください

主催 NPO法人小田原まちづくり応援団
共催 野点イベント実行委員会

| | コメント (0)

足柄・くき茶(水出し) & 五穀のビスケット

2010091618180000


2010091608280000


2010091608220001


2010091608220000


先週末の残暑がウソのように涼しい空気に入れ替わった雨模様の木曜日。「暑さ寒さも彼岸まで」っていうから、今回までは冷たいお茶で!と思っていたら。。。この涼しさ!うーん。。。どうしたものか?一瞬悩んだのですが、悩んでいる場合じゃなかったんです!今回は何が何でも“水出し”しなきゃ!…というのは、先日お知らせした「清閑亭ティーサロン“別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編”」にその理由が隠されているんですねぇ~♪
これまでも銀座情報プラザや、えこ座、大長院集会舎などで何度かティーパーティーを開いてきましたが、今回は、元・侯爵さまの別荘「清閑亭」が舞台。しかも、先日受講した「足柄茶コミュニケータ養成講座」の実践編ともいえるティーサロン。かなりのプレッシャー(汗)めずらしく緊張でバクバクしてます。
その「ティーサロン」のお茶を検討しているのですが、その中で候補に挙がっているお茶の一つに「くき茶」があります。あんまり詳細にお話するとネタバレになっちゃうので少々お話ははしょりますが、このお茶お湯で淹れたよりも水出しのほうが水色がキレイ!なんだそうです。そこで、どんな感じか?試してみたくて、冷たいお茶の今シーズン最後のお茶に選んだというワケ。
そしてお茶請け。。。このところの暑さもあり、あまりお菓子の買い出しにでなかったのね。特に温度差に弱いお菓子は買い置きもきかないし。。。ということで、久々にスーパーのお菓子売り場をうろうろしてイイモノ見つけました!その名も「五穀のビスケット」なんか残暑疲れしたカラダによさそう♪
ということで、このカップリングでGO!
今回はゲスト多数!
まず、一組目は、B級グルメの頂点を競う「B1グランプリ」に参戦する地元チーム!なんと(!)本業はお茶屋さん(!!)というお客様に最初の一服をお出しする!(これ結構キンチョーします!)そんなプレッシャーを知ってか?ゲストさん「何回かここの局の番組にはゲストにきているけど、お茶がでるのはこの番組だけ♪」とニコニコ(ありがとうございます~)
そして、2組目は、隔週土曜の音楽番組のパーソナリティさん。収録やら打ち合わせやらで私の番組の前後に局に現れる事も多く、お茶を飲むのも慣れたもの(?)番組でも自然~にお茶をのみながらのトークでした。
で、ここからが正念場(?)お茶の紹介をメインにしなきゃ!の「まーしゃ‘S Cafe」のコーナー。肩書き的にビミョーながら、お茶のコメントはこの人にもらわないと!ということで、いつものお味見担当のスタッフくんにはいってもらいました。紹介のときに「ええっと、なんてご紹介しましょうねぇ。。。」ともごもごしてたら「ただのスタッフでいいですよ!」と一刀両断(!?)…なるほど~そういえばそうなのね。
早速お茶のお味をみてもらいました。
「うーん、水出しとはいえ香り、いいですね。味は。。。濃い、というかしっかりしてますね。でも後味はすっきり♪」お見事!
お茶請けも、「ビスケットというよりクラッカーに近いかも?自然な味で五穀の歯ごたえがちゃんとする!」とコメントいただきました。
で、ここで、「清閑亭ティーサロン“別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編”」のお知らせを取り出しました。昨日付けでプレスリリースもでていたようで、今朝、朝の番組のパーソナリティさんから「講師の名前を見て、同姓同名の他人かと思った」と言われたばかり。。。なんだか自分の名前がでているプレスリリースを紹介するってちょっと照れますね(汗)
というわけで、ここにももう一度概要貼り付けておきますね。

清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」

国登録有形文化財(旧・桜谷黒田長成邸)「清閑亭」で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。

日 時  10月4日(月)、6日(水)、13日(水)、18日(月)、20日(水)、25日(月)、27日(水)
     各日とも13時30分~15時
場 所  小田原邸園交流館「清閑亭」(小田原市南町1-5-73)
内 容  足柄うまみ茶花里の雫を中心に2.3種類のお茶とお菓子を味わいます
定 員  5人・先着順
費 用  1,500円(資料、お茶、お茶請け代込み)
申込み  事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください

主催 NPO法人小田原まちづくり応援団
共催 野点イベント実行委員会

ということで、よろしくお願いします。
さて、次回からはあったかいお茶を淹れていきましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」

Photo


いつもはスタジオにいらっしゃるお客様にお茶をお出ししているまーしゃですが、なんと!この秋、海を見渡すお庭が素敵な旧・侯爵さまの別荘でお茶の会を開きます。話題の「足柄うまみ茶・花里の雫」(すすり茶)をはじめ、足柄茶とお茶請けで午後のひと時をすごしませんか?おしゃべりしながら気軽に楽しみましょう!

各回定員5名(先着順です)必ず事前にお申し込みくださいね。
申込は、下記・清閑亭までおねがいします。


清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」

国登録有形文化財(旧・桜谷黒田長成邸)「清閑亭」で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。

日 時  10月4日(月)、6日(水)、13日(水)、18日(月)、20日(水)、25日(月)、27日(水)
     各日とも13時30分~15時
場 所  小田原邸園交流館「清閑亭」(小田原市南町1-5-73)
内 容  足柄うまみ茶花里の雫を中心に2.3種類のお茶とお菓子を味わいます
定 員  5人・先着順
費 用  1,500円(資料、お茶、お茶請け代込み)
申込み  事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください

主催 NPO法人小田原まちづくり応援団
共催 野点イベント実行委員会

| | コメント (0)

釜炒り茶(ロックティー) & 生姜くるみ

2010090918170000


2010090909300000


2010090909290000


9月にはいっても残暑が続いています。豪雨のあとで若干涼しい風を感じられる日ではありましたが、予想最高気温は30度ということで、今回も“冷たいお茶”です。
さぁて、どんなお茶を?。。。暑いといっても夏の盛りじゃないので、ちょっと温もりのある感じの冷茶?(微妙にムジュンする表現。。。)と、いうことで、独特の香ばしい香りと甘みを持つ熊本の「釜炒り茶」をロックティーで淹れてみることにしました。
中国茶のように、高温の釜で炒って作られるこのお茶は、香気が強く、さっぱりしているのが特徴。なので、まずお湯で淹れ、それを氷で急冷して作る”ロックティー“にして「釜香」といわれる香りを楽しむ作戦です。
そして、お茶請けは。。。猛暑でエアコンにあたりすぎて冷えた身体にやさしい“生姜”をつかった「生姜くるみ」を合わせてみる事にしました。
さて、今回は番組前半からお客様が目白押し(!?)最初のゲストは、演奏会のPRにいらしたクラリネット奏者さん。急須に茶葉をいれ、お湯を注いだとたんに“ふわっ”と香ばしい香りが漂います。「いい香り~!」と香りに癒されながらお話がはずみ、お持ちいただいた演奏のCDを聴きながら“優雅な秋の午後”といった感じです。水色はやや茶色みがかった山吹色。口に含むとほんのり甘みが広がるやさしい風味はお湯で淹れた時とはまた違った表情の「釜炒り茶」かな?
そのあとも映画祭のPRにいらしたお客様とこの香りと甘みを楽しんで、いよいよ「まーしゃ‘S Cafe」のコーナー。。。まーしゃの番組の後に放送していた「ぼうずの元気モリモリラジオ」の番組PRをかねて。。。ではなくなってしまった(先月で番組終わっちゃいましたものね)のですが、やはり、お茶のコメントとしては熟練のスタッフくんにお茶の感想をもらうことにしました。
「薄すぎず、濃すぎず、甘みがいい感じですね」とスタッフくん。さっぱりした甘みがなかなかイイ感じなんですね。そして、お茶請けの「生姜くるみ」。“生姜”ということを告げずにお味見してもらったら「何だろう?このフシギな香り?!」と考え込んでしまいました。確かに、生姜の味と香りがくるみの食感と一緒になると、“?”なテイストに感じるのかも?“生姜”といってもあまり刺激は強くなく、くるみの風味と一体化して、何かのスパイス?という雰囲気です。
ちょっと無国籍な感じのお茶とお茶請け。。。夏の疲れを癒してくれそう♪
さて、次回までにどのくらい空気が秋にかわっているんだろう?
お茶のチョイスもお天気次第?風に任せてまいりましょうか?

| | コメント (2)

ミル芽くき茶(氷水出し) & サクサク三種 有平糖

2010090218180000


2010090208510000


2010090208500001


2010090208500000


9月になりましたが、一向に残暑の衰える気配はなく。。。今回も冷たいお茶を淹れることにしました。さて、どんなお茶を冷たく淹れるか。。。(当初の予定では今回から温かいお茶にするつもりだったからまったくと言っていいほどなんも考えてなくて^^;)
これまで取り寄せたお茶のなかから甘みと独特の香りをもつこのお茶「ミル芽くき茶」にご登場願うことにしました。

この「ミル芽くき茶」上質の煎茶がとれる時期の茎で作ったお茶です。新茶のいちばん先に出るやわらかい芽を「ミル芽」というそうです。“ミルい”とは、やわらかいことを指すんですって!
通常だと、75度ほどにさましたお湯で丁寧に淹れて甘みと独特の香り・旨みを楽しむお茶です。冷蔵後がないスタジオでは、水出しといえども氷で冷やさないとぬる~くなってしまうので、今回も氷をもってスタジオ入り。冷茶ポットに茶葉をいれながら、ふと考えました。氷を浮かべた水で淹れてみたらどうだろう?(また現地入りしてから実験ですかぁ?←^^;)ということで、茶葉の上に氷だしの要領で氷をざくざくいれ、そのスキマを埋めるように冷水を満たしてみました。

そして、お茶請け。。。甘みのあるお茶を相性がよさそうなもの?ということで、3色の「有平糖」をあわせることにしました。一見飴?ですが、口にいれるとサクサクと噛まずにはいられないフシギなお菓子。抹茶・きなこ・あんこ(と、思ったら、あんこではなく“黒ゴマ”でした^^;)の3色があって、飴をサクッと噛むとなかからきなこやパウダー状の黒ゴマが出てきます。

うーん、お茶が出来るのが楽しみ♪

さて、番組が始まって1組目のゲストは合唱団の定期演奏会のPRにいらした男性2人。
ゲストトークが終わってからじっくりと味わってくださいました。
そして、「まーしゃ‘S Cafe」のコーナー。いつもまーしゃの次に放送している「ぼうずの元気モリモリラジオ」のスタッフくん(まーしゃが番組でお茶を淹れはじめてからずっとお味見をしているのだ)にお茶の感想などきいていたのだが。。。ぼうずさんの番組は終わっちゃうし、スタッフくんは代休だし。。。?!どうすんの?と思っていたら~なんと!ぼうずさんが新番組の収録でとなりのスタジオにはいっているじゃありませんか!!
収録がおわってから少し(いや、かなりだった)お待ちいただいて、新番組のおしらせかたがた登場していただきました。

水色がやや茶色っぽいのが少々気になりますが、「甘い?薄い?濃い?若々しい?新芽?」と、思いつくキーワードを挙げつつ「新芽のやわらかい味なのかなぁ」とまとめました。
あとで残ったお茶をペットボトルに移したのですが、某ペット茶飲料で“にごり”を売りにしているあの商品に似ているような?(見た目がね!)気がします。

お茶受けの「有平糖」もぼうずさん、いつもスタッフくんがしていたのと同じように「カリっ」と音をさせて食べてくれました。
「これって、見た目飴だよね。普通の飴みたいに口のなかで溶かしながらたべることってできるかな?」とチャレンジャー発言のぼうずさん、しかし「。。。ムリだね!」とあっという間に「カリっ」。やっぱりこの飴を噛まないで食べるって、至難の業かも?

ぼうずさんには、今回のお茶100点中90点!という点をつけていただきました。(誰ですか!点数とかいいだしたのは~!)
この秋は2カ月ちかくずーっと旅暮らしというぼうずさん、気をつけていってらっしゃい!旅からもどったらまたお茶飲みにきてくれるといいな♪

さて、この残暑どこまで続くかな?次回も全く予定がたたない!ハラハラドキドキになりそうです。


| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »