« 奥熊野 極 香焙茶 & かりんと日和・梅 | トップページ | 釜炒り茶(ロックティー) & 生姜くるみ »

ミル芽くき茶(氷水出し) & サクサク三種 有平糖

2010090218180000


2010090208510000


2010090208500001


2010090208500000


9月になりましたが、一向に残暑の衰える気配はなく。。。今回も冷たいお茶を淹れることにしました。さて、どんなお茶を冷たく淹れるか。。。(当初の予定では今回から温かいお茶にするつもりだったからまったくと言っていいほどなんも考えてなくて^^;)
これまで取り寄せたお茶のなかから甘みと独特の香りをもつこのお茶「ミル芽くき茶」にご登場願うことにしました。

この「ミル芽くき茶」上質の煎茶がとれる時期の茎で作ったお茶です。新茶のいちばん先に出るやわらかい芽を「ミル芽」というそうです。“ミルい”とは、やわらかいことを指すんですって!
通常だと、75度ほどにさましたお湯で丁寧に淹れて甘みと独特の香り・旨みを楽しむお茶です。冷蔵後がないスタジオでは、水出しといえども氷で冷やさないとぬる~くなってしまうので、今回も氷をもってスタジオ入り。冷茶ポットに茶葉をいれながら、ふと考えました。氷を浮かべた水で淹れてみたらどうだろう?(また現地入りしてから実験ですかぁ?←^^;)ということで、茶葉の上に氷だしの要領で氷をざくざくいれ、そのスキマを埋めるように冷水を満たしてみました。

そして、お茶請け。。。甘みのあるお茶を相性がよさそうなもの?ということで、3色の「有平糖」をあわせることにしました。一見飴?ですが、口にいれるとサクサクと噛まずにはいられないフシギなお菓子。抹茶・きなこ・あんこ(と、思ったら、あんこではなく“黒ゴマ”でした^^;)の3色があって、飴をサクッと噛むとなかからきなこやパウダー状の黒ゴマが出てきます。

うーん、お茶が出来るのが楽しみ♪

さて、番組が始まって1組目のゲストは合唱団の定期演奏会のPRにいらした男性2人。
ゲストトークが終わってからじっくりと味わってくださいました。
そして、「まーしゃ‘S Cafe」のコーナー。いつもまーしゃの次に放送している「ぼうずの元気モリモリラジオ」のスタッフくん(まーしゃが番組でお茶を淹れはじめてからずっとお味見をしているのだ)にお茶の感想などきいていたのだが。。。ぼうずさんの番組は終わっちゃうし、スタッフくんは代休だし。。。?!どうすんの?と思っていたら~なんと!ぼうずさんが新番組の収録でとなりのスタジオにはいっているじゃありませんか!!
収録がおわってから少し(いや、かなりだった)お待ちいただいて、新番組のおしらせかたがた登場していただきました。

水色がやや茶色っぽいのが少々気になりますが、「甘い?薄い?濃い?若々しい?新芽?」と、思いつくキーワードを挙げつつ「新芽のやわらかい味なのかなぁ」とまとめました。
あとで残ったお茶をペットボトルに移したのですが、某ペット茶飲料で“にごり”を売りにしているあの商品に似ているような?(見た目がね!)気がします。

お茶受けの「有平糖」もぼうずさん、いつもスタッフくんがしていたのと同じように「カリっ」と音をさせて食べてくれました。
「これって、見た目飴だよね。普通の飴みたいに口のなかで溶かしながらたべることってできるかな?」とチャレンジャー発言のぼうずさん、しかし「。。。ムリだね!」とあっという間に「カリっ」。やっぱりこの飴を噛まないで食べるって、至難の業かも?

ぼうずさんには、今回のお茶100点中90点!という点をつけていただきました。(誰ですか!点数とかいいだしたのは~!)
この秋は2カ月ちかくずーっと旅暮らしというぼうずさん、気をつけていってらっしゃい!旅からもどったらまたお茶飲みにきてくれるといいな♪

さて、この残暑どこまで続くかな?次回も全く予定がたたない!ハラハラドキドキになりそうです。


|

« 奥熊野 極 香焙茶 & かりんと日和・梅 | トップページ | 釜炒り茶(ロックティー) & 生姜くるみ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥熊野 極 香焙茶 & かりんと日和・梅 | トップページ | 釜炒り茶(ロックティー) & 生姜くるみ »