« まんまるお月見煎茶(京都和束・おぶぶ茶苑) & 鳴門金時うず塩甘露 | トップページ | 清閑亭ティーサロン 別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編レポート »

緑のアールグレイ「南十字星」 & 天地のポテト・生キャラメル

2010102918260000


2010102918160000


2010102913170000


2010102913160000


東静岡で開催中の「世界お茶まつり2010」にいってきました。久々に新幹線に乗って。。。今週は金曜のパーソナリティさんと勤務を交替しているので、お茶まつりの初日に“取材”にいくことができたんです。あいにくの雨模様の中、東静岡の駅の降り立つと「お茶まつり」の会場とは線路を挟んで反対側に「ガンダム」が立ってるじゃありませんか!!「お茶まつり」の開場時間には早い時間だったので、雨の中しっかり等身大ガンダムに再会してきました。と、いうのも、昨年お台場にいた(?)ときに見にいってるんですよね。今回はビームサーベル持ってる!ということで気になってたんです~(おお、お茶のブログでガンダムを語っている私!?)おっと!いけないっ!!本題はお茶だった。
で、その「世界お茶まつり」会場でみつけたお茶を今回は番組で淹れていきます。「お茶まつり」会場にはお茶にまつわるいろいろな企画が展開されていて、テーブルコーディネートの展示などはとっても勉強になります。また、「ワールドO-CHAメッセ」には世界のお茶の新製品や関連商品がそろっていて試飲・試食も多数!!(10分も歩くとガブガブになっちゃいます~)このO-CHAメッセ会場でちょっと気になるお茶をみつけました。それが、今回ご紹介する「南十字星」。緑茶でアールグレイ(紅茶のフレーバーとして有名ですね。別名ベルガモットともいいます)!というだけでもかなり珍しいのに、なんと茶葉は南アフリカ産。葉は日本茶の2,3倍ほどの大きさのアッサム種。カフェインは普通のお茶並みなのにカテキンの含有量が高いお茶!というのですからオドロキの連続です。早速購入してきました。
このお茶にどんなお茶請けを合わせるか?!結構これも難問です。あれこれ悩んでいると、目の前につい、2,3日前に衝動買い(これを煩悩に負ける!といいます)した「天地のポテト・生キャラメル」があるじゃないですか!!(某コンビニの店頭に山積みになってたの!!)なぜ“緑茶なのにアールグレイ?”に、なぜ“ポテチなのに生キャラメル?”という“なぜ”シリーズでまとめてみるものオモシロイかも?というので、今回はこの組み合わせでGO!
スタジオ一組目のゲストさんは、合唱団の団長さん。定期演奏会のお知らせでご出演です。トーク終了後に早速「南十字星」で一服していただきました。「紅茶のアールグレイ好きなんです」とおっしゃる団長さん、きれいな薄緑の水色を不思議そうな表情でながめつつ「おいしいですね」と、笑顔でスタジオを後にされました。
そして、まーしゃ‘S Caféのコーナーです。曜日は違ってもこのコーナーはいつものお味見スタッフくんが担当です。「実験ですか?!」と余裕の表情で番組登場!すぐさま「あ、香りは紅茶だ!」と、まずは香りの印象から。。。そして、「香りはアールグレイそのものなのに、味はすっきりですね」そうなんです。まーしゃも飲んでみましたが、紅茶のアールグレイは後味に独特の渋みのようなものを感じるのですが、この「南十字星」にはその渋みを感じないんです。アールグレイと緑茶のいいとこどり!?とでもいいますか。
そして、しょっぱいはずのポテトチップにあまーい生キャラメルをコーティングしたという「天地のポテト」です。
「口にいれたところは生キャラメル味。で、ちょっとしっとりしたポテチの食感、で、ポテチのしょっぱさと生キャラメルの甘さが混ざり合う感じ。。。」とはスタッフくん談。一言でいうと「あまじょっぱい」んですね。でもその甘さは生キャラメルだし、しょっぱさはポテチの独特の塩味。ビミョーなバランスの上に成り立つお菓子だといえそうです。
ふつうはまず思いつかない!という展開にビックリさせられた今回のお茶とお茶請けでした。やっぱり見聞を広めにでかけないと!と、すっかりお茶をさがす旅にハマりそうなまーしゃ。。。さて、次回はもう11月ですねぇ~晩秋のお茶♪どんな展開にしようかな?

|

« まんまるお月見煎茶(京都和束・おぶぶ茶苑) & 鳴門金時うず塩甘露 | トップページ | 清閑亭ティーサロン 別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編レポート »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まんまるお月見煎茶(京都和束・おぶぶ茶苑) & 鳴門金時うず塩甘露 | トップページ | 清閑亭ティーサロン 別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編レポート »