« 秋せんえん & ムラング「紫いも」 | トップページ | ぐり茶 & 栗しょこら・しっとりケーキ »

ふくみどり & 鶴煎餅(アーモンド)

2010100720580000


2010100720570000


2010100708280000


2010100708270000


文化の秋・芸術の秋。。。このところGoodDay!はゲストさん多数!の毎日が続いています。
今回も、4時間に4組・8名のゲストがいらっしゃいました。
番組で紹介するお茶とお茶請けのチョイスには、気候や催事記、素材の旬に加えて、ゲストの顔ぶれ。。。というのも大事な要素の一つです。
折に触れて気になったお茶やお茶請けを取り寄せたり買い込んだりしているまーしゃですが、今回のゲストの数、そして、番組初登場のかたがいて、芸術文化系の専門家のかたが大部分と考えると、あまり“ぶっ飛んだ“お茶はむずかしいなぁ。。。と(殊にスタジオに入ってから実験しちゃうようなキワものは~ちょっと。。。)悩みました。

で、届いたはかりの「ふくみどり(という品種のお茶)」を“香りをひきたてる「萎凋の技術」を取り入れて仕上げたお茶“を淹れてみる事にしました。
お茶と一緒に届いた資料には「お茶請けなしでも楽しめる(香りやうまみに特徴がある)」お茶といわれている。。。!とありました。”ホントウかなぁ?“と袋の封を切ってみましたが、このお茶なんと!40グラム詰め!!通常番組では、木曜に新しいお茶の封を切ると、火曜日まで同じお茶を淹れていきます。通常だと急須1回分をお茶8グラムほど。。。として、茶器の大きさを110ml、60mlの2種類用意し、ゲストさんの数をみて茶器の大きさを変えます。どちらの茶器で淹れても同じくらいの濃さになる、という計算です。ところが、40グラムだとぎりぎりで計量して5回分。今回4組で、すでに火曜日2組のゲストが決定しているので、いつもの8グラムじゃ”たりない!!!“と思い至り。。。もしかすると飛び入りではいるゲストさんもいるかも?という想定のもと、5グラムを1回分として計量することにしました。
お茶についてきた“おいしい淹れ方”には、一煎目は多めの茶葉に少し冷ましたお湯で淹れて。。。とありますが、ちっちゃい茶器なら5グラムでも大丈夫か?!と(ちっと苦しい言い訳か?)いつもよりちょっと寂しい茶葉の分量でスタジオ入りの支度をします。

そして、お茶請け。。。これも、お客様の顔ぶれからすると、“正統派”であることが必須か?と、いうことで、鹿児島県出水市の「こだわりの鶴せんべい」を合わせる事にしました。アーモンドスライスをたっぷり使い、鶴が舞っている姿をイメージして作ったというこのお煎餅。水は一滴も使わず卵白のみで生地を練り上げているんですって!(スゴイ!)

そんなこんなで、進行はいつもより慌ただしく、お茶の葉はちょっと寂しい!?番組がはじまりました。4時台2組、5時台、6時台各1組というゲスト・・・ここまで書くとおや?というかたもいらっしゃるかも?。。。そうです!6時台は「まーしゃ‘S Café」のコーナー。通常だとスタッフくんたちとお茶の味見をするのですが、今回はこのコーナーにもお客さま!!朝の番組で俳句のコーナーを担当しているつぐみさん。加えて、今回は、この間までまーしゃの後の時間の番組を担当していた書画家のぼうずさんも登場です!!なんというありえなーい顔合わせ!(でもこれでなにかコラボ企画を考えたらスゴそう。。。)

実質4時間を体感24分(!?→最速記録!)くらいか?という勢いで番組が進んでいき、やってきた「まーしゃ‘S Café」のコーナー。つぐみさんとは、文化の秋オススメのイベント情報やら新しい秋の季語やらをお聞きしつつ、お茶を淹れて。。。いたら横で肩を震わせて笑っているぼうずさん。「女子高みたいな雰囲気!」だって!私たち、至ってフツーに進行しているつもりなんですけど~どこが女子高なのかなぁ?
若干腑に落ちない想いを抱えつつも、お茶のお味を見ていきます。
「お茶請けがいらない」のはどの辺が???と、考えてみたのですが、「香り?」「味?」。。。多分このへん?くらいの雰囲気で、いまひとつ決め手に×気がするのは、お茶の葉の分量が少なめだからかなぁ?

しかし、お茶請けの「鶴せんべい」は、お二人とも、ぽりぽりぼりぼりといい音であっという間にお皿に出した分が空っぽになっていました。

つぐみさんの新季語の解説によれば、秋は「ミルクティー」の季節なんだそうです。(冬になると「ココア」や「ロシアンティー」なんですって!!)
あまり濃すぎず、薄すぎず、っていうかんじなのかなぁ?次回はどんなテイストで用意しようかな。

さて、このブログでも何度かご案内している「清閑亭ティーサロン」お陰様でたくさんのお申し込みをいただいています。
現在各お日にちとも、1,2名の空きがあります。また、11月の開催日程もご案内中ですので、お問い合わせください。(キャンセルが出る場合もありますので、当日申込でも参加可能な日があります)
申込・問い合わせ 清閑亭 22-2834(木曜定休)

|

« 秋せんえん & ムラング「紫いも」 | トップページ | ぐり茶 & 栗しょこら・しっとりケーキ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋せんえん & ムラング「紫いも」 | トップページ | ぐり茶 & 栗しょこら・しっとりケーキ »