« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

日乃出旅館キャンドルナイトに参加してきました

2010121813340000


2010121813340001

ご報告がおそくなりましたが。。。
そろそろ冬至という12月18日(土)、小田原に残る唐破風の行商宿「日乃出旅館」で行われた「キャンドルナイト」のイベントに参加してきました。
キャンドルの灯りの下、想い想いの時間を同じ場所で過ごしてみよう!という今回のイベント。
まーしゃは「日本茶あそび」と銘打ったワークショップで旅館2階の一部屋をつかわせていただけることになりました。
いろいろなかたが参加するイベントなので、気軽に日本茶の世界を楽しんでいただけるように、いろんなお茶やトッピング素材を集めて自由にアレンジして“自分だけのブレンド茶”をつくる!というワークショップを考えました。番組でご紹介したお茶やまーしゃがみつけた面白いお茶、穀物やハーブのトッピング素材などなど。。。今回は17種類のお茶や素材を集めました。
それぞれ拝見盆を模した黒塗りのペーパートレイに並べて、“お茶バイキング”もしくは“お茶っ葉ドリンクバー”のような空間ができあがりました。
体験を希望されるかたには、”受付“で、お茶パックをお渡しして、持参したマグやタンブラー、”手ぶら“でいらしたかたにはこちらで用意した紙コップにあわせて8グラムから10グラムくらいの分量になるようにして「マイ・ティーバッグ」を作っていただきます。
今回はベースとなるお茶をまず決めてから、お好みのブレンド、トッピング。。。という手順でお茶をつめていきます。
ベースは、ほうじ茶やくき焙じ、京番茶、玉露焙じ、といった茶色いお茶系。。。静岡の番茶や秋に摘まれた「お月見煎茶」「玉露の茎」など緑のお茶系。
トッピングには、煎り玄米や、そば茶、黒豆、かぼちゃ、などの香ばしい穀物系。。。レモングラスやミント、よもぎ、などの”香る“ハーブ系、ジンジャー、オレンジピール、といった”あったまる“ハーブ系のものなど。中にはちょっとかわりダネの「阿波番茶」などもあります。(まーしゃ‘S Caféの番組をお聞きのかたにはおなじみの“酸っぱい“お茶ですね)これを、気分や好みにあわせて楽しく(!)混ぜ混ぜ(?!)していきます。
お客様の中には、「日本茶って、こんなにいろんなものと混ぜちゃっていいんですか?!」とオドロキの表情でチャレンジされるかたもいらっしゃれば、「気分がリフレッシュできて、しかも、身体が温まるお茶を!」と、ご自分のニーズをきちっときめて来られるかたがいたり、と、これまた、お茶の葉をツールにちょっとした“セッション”が展開されていきます。
そして、出来上がったティーバックにお湯を注いてほどよく抽出したら“できあがり!”
幾重にも重なる香りや味をたのしみながら、キャンドルの灯火がゆれる館内でゆるりとすごしていただきました。
お互いにおもわぬ発見があったり、偶然の産物(?)にちょっとびっくりしたり。。。13時から21時という長丁場だったのですが、気づいたら用意した天然水「月光水」の大きなボトルが全部カラっぽになっていました。
あとで用意したお茶パックの残りをしらべたところ、この日、50人近くのかたがお茶遊びを楽しんでいただいたのでした!
企画したまーしゃ自身とっても楽しいイベントだったので、また機会があったらこんな“お茶あそび”を展開したいな!
こぢんまりした四畳半のお座敷の空間にも癒されたひとときでした。
今度は、お茶香炉なども持って行って香りと灯りの演出もしてみようかな?


| | コメント (0)

足柄「冬せんえん」 & れんこん・生姜入り焼き菓子「れんこん丸」

2010122318160000


2010122318110000


2010122318100000


あっ!という間に冬至も過ぎ、ぐっと年の瀬もおしせまった今日この頃。わらわらといろんな用件に追われながら、あったかいお茶でものんで“ほっとしたい!”気持ちなのは私だけじゃないですよね!?
そこで!今回は、清閑亭ティーサロンで今月ご紹介している“冬限定”の足柄茶「冬せんえん」を淹れることにしました。通常、“普通蒸し”(静岡茶などの深蒸し茶の1/2~1/3の蒸し時間)で仕上げられる足柄茶は、少し冷ましたお湯でゆっくり淹れると甘み・うまみが出ておいしい!のですが、この「冬せんえん」は、寒い時期、少し熱いお湯で淹れて“あったかい”お茶をたのしんでいただけるように、と。深蒸しの茶葉がブレンドされているそうです。
いつもより少し熱めのお湯で淹れてほかほかといただくお茶にあわせるお茶請けは、身体からほかほかとあたたまりそうな“れんこん・生姜入りの焼き菓子”「れんこん丸」。ぼうろみたいにころっとかわいいお菓子を用意しました。
さてさて、お茶の時間。。。いつものスタッフくんの様子がなんだかヘンですよ?!「体調が…ちょっと。。。」うーん、年末で忙しいし、気温は上がったり下がったりだし、これじゃ体調管理も難しいですよね。案の定「ごめんなさいっ!今日お茶の味がよくわかんないんですー!」おっと!お茶を淹れているまーしゃが調子悪かったことはなんどかあったけど、スタッフくんがこんな状態っていうのは初じゃない?!まぁ、味はいいからとにかくお茶で身体を温めて!ということで、ふと視線をミキサーさんにむけると「おいしいです」と書いたメモが。。。番組が木曜のgood day!に移ってから、ひそかにお相伴しつづけているだけあって、最近だいぶ”違いがわかる男“になってきた模様。(しかも、彼は某日曜日の某番組の某コーナー「(某)ラボ」の助手でもあったりするのだ!)ま、お茶は私から説明すると、深蒸しの茶葉がブレンドされているだけあって、水色は濃い目できれいな緑色。茶葉も細かめな感じで、お味はまろやかなコクがある感じです。おこたで焼き芋でもほおばりながらいただきたい感じかも?
そして、お茶請けの「れんこん丸」近頃よくある“生姜フレーバー”なお菓子かとおもいきや、意外とやさしいお味の素朴な焼き菓子でした。あんまり生姜もキツくなく、お子さんでも大丈夫そうです。さて、どのへんが“れんこん”だったのか?!生地には確かにはいっているようですが、素材そのものがあまり主張しない感じだからかな?存在感を感じさせない存在感。。。てなんだかステキです♪
さて、そろそろお正月のお茶の用意を始めましょう。来年もお茶でふくふくとしあわせな年でありますように!

| | コメント (0)

国産柚子100%使用・ゆず緑茶 & 水尾の柚子せんべい

2010121619040000


2010121618270000


2010121610070000


2010121610060000


12月の声を聞いたと思ったらもう冬至ですね。冬至にはユズ!ということで今回はユズのアイテムを用意しました。ユズのフレーバーティーはいろんなお茶のお店が出しているけど、今回は宇治田原製茶場の「ゆず緑茶」をチョイスしました。そして、お茶請けはやはり宇治田原製茶場のカタログで発見した「水尾の柚子せんべい」水尾ってゆずの名産地のようですね。
クリスマス前ということで、今回は週末に行われるイベントのご紹介もかねて、いつものスタッフくんに加え、イベントを担当するお昼の番組のスタッフさんにも登場していただきました。
Good day!のスタッフくんも加えて合計4人でのお茶タイム。とってもにぎやかな雰囲気になりました。
さて、お茶です。茶葉をみたところ、かなり抹茶がはいっているのがわかったのですが、淹れてみると、すんごい濃い緑色!!「わぁ、濃いですねぇー」とオドロキの声が上がります。
しかし、いただいてみると意外とさっぱり!自然なゆずの香りが広がります。後味もすっきりしていてなかなか…抹茶がはいっているので、ほんのりとして甘みもあります。バランス良くブレンドされているなぁ!これならどんなお茶請けとも相性よさそうです。
そして、「水尾の柚子せんべい」直径3,4センチくらいの小さなうす焼きの鉱泉煎餅(っていうのかな?小麦粉生地の甘いお煎餅ね)にお砂糖の衣が薄くかかっているといった見た目なのですが、“かりっ”といってみると。。。「あ!柚子の香りがすごくする!!」という声につづいて「柚子の酸味がきいてますよ!」とスタッフくんのこれまたオドロキの声が!たしかに、いただいてみると生地にゆずの酸味が!!なんと!「甘酸っぱい」テイストのおせんべいなんです!!びっくり!!!しかも甘さと酸っぱさのバランスは絶妙で食べ始めるとキリがない感じ♪
何かとあわただしい師走のひと時、こんなさわやかな香りと甘酸っぱさでほっと一息♪お茶タイムにしてみてはいかがでしょう?
さて、次回はどんな感じでほっこりしましょうか?

| | コメント (0)

ぽかぽかしょうが茶(ほうじ茶)&ジンジャーブレッドクッキー(Café mint cocoa)

2010120918470000


2010120912170000


12月。街にイルミネーションが輝く時期になりました。今月の清閑亭ティーサロンの開催が近付いてきたので、街に出てお茶請けを探していたところ、あるお茶屋さんの店頭でこんなお茶を発見しました。「しょうが茶」どんな?と思って手に取ると、ベースはほうじ茶だそうです。おお!あったまりそう♪と即購入。(思えばコレが今回の複線だった??)
清閑亭ティーサロンには、毎回6,7種類のお茶請けを用意するのですが、今回なかなか決まらず・・・冬至が近いのでゆずにかぼちゃ。。。クリスマスだから。。。うーんなんだろう?いろいろ考えるうち、シュトーレン、ジンジャーブレッドクッキー。。。などクリスマスの伝統菓子が思い浮かんだのですが、ここからが苦難の道のり。。。シュトーレンは洋菓子のお店で手頃なものがあったのでこれを採用!しかし、ジンジャーブレッドクッキーはどこに行っても見つからず。。。小田原近辺にはクリスマス前にジンジャーブレッドクッキーを焼く文化がないのかなぁ?などと想いつつ。。。一服しに今度「キャンドルナイト」のイベントでもお世話になるマリさんのお店「Café mint cocoa」に行ってみました。12月18日に開催する「キャンドルナイト」のイベントのお話などしながら、「どこをさがしてもジンジャーブレッドクッキーに出会えない」話をすると、「じゃ、焼きましょうか?」とマリさん。おお!そのテがありました。ちょっとゼイタクだけれど、オーダーメイドのお菓子♪清閑亭ティーサロン用に加え、番組用にもいくつか焼いてもらうことにしました。キャンドル作家でもあるマリさんは、今回ティーサロンのテーブルに置くキャンドルも手掛けているんですよ!
キャンドルナイトの準備で忙しい中、マリさんにはムリを言ってジンジャークッキーを焼いてもらい、いよいよ番組で紹介♪というところで、まーしゃに今年イチバンの風邪が到来!いわゆる鼻かぜですな。番組をお聞きのみなさん、お聞き苦しくてスミマセン!という事態になり。。。ちょうどお茶請けもしょうがのはいったジンジャークッキーだし、お茶も“しょうが”つながりで先日購入した「しょうが茶」にしちゃえば、ぽかぽかとあったまって風邪もなおるんじゃないか?ということで、お茶紹介の時間を迎えたのでした。
いつものお味見スタッフくん、開口イチバンで「放送きいてましたけどすごい声ですね」(いやぁスミマセンとしか言いようがなく。。。)「まぁ、気温の変動も激しいので体調管理ムズカシイですよね」(ナイスフォロー!)バリバリの風邪声で今月のティーサロンの案内やらキャンドルナイトの情報やら紹介しつつ、「しょうが茶」淹れてみました。お湯を注ぐと周囲にやさしいしょうがの香り。。。「あ、しょうがの香り、効いてますね」とスタッフくん。でも、しょうがのあとにくるほうじ茶のテイストはやさしくまろやかな香味です。そして、マリさんが焼いてくれたジンジャークッキー♪まーしゃ‘S Caféのコーナーに手作りのお茶請けが登場するのはもしかして初めてかも?
星型とジンジャーマンの形のクッキーは見た目も手作りのやさしい感じ♪マリさんによれば、生地にいれたしょうがは粉末ではなく生のものだそうで、いただくうちにしょうがの食感がたのしめるとのこと。また、お砂糖も白砂糖ではなく「きび糖」で身体に優しく仕上げてあるんですって!!
試食のスタッフくんの恒例「ぽりっ」も今回はおだやかな響き。しばらく食べてから「あ!きた!しょうがだ!!」とオドロキの声があがりました。やっぱり手作りって素敵♪
清閑亭ティーサロンやらキャンドルナイトやら先月のティーサロンのレポートやらと、このブログでもお知らせしなければならないことが山のよう!ですが、風邪ちゃんとなおしてから。。。がっつりアップしますね。
取り急ぎ清閑亭ティーサロン、今月は10日(金)と24日(金)の各日午後1時からと午後3時からの開催です。
参加費1500円。詳しくは、清閑亭 0465-22-2834までおねがいします。


| | コメント (2)

期間限定「新物玉露の茎」(宇治田原製茶場)&カントリーマアム「焼きいも」

2010120218250000


2010120214100000


2010120211200000


2010120211190000


”期間限定“にヨワいまーしゃ。今回はお茶もお茶請けも両方ともこの”期間限定“のワナ(?)にはまったのでした。
お茶は、玉露の茎(!)。お茶請けは、今回で4回連続となる「芋」シリーズで「カントリーマアムの“焼き芋”」←いも…とみると売り場で目が合った(?)だけでソク買ってしまう“条件反射”の一種?でしょうか。
スタジオ入りまえに茶葉の計量をしようと袋をあけると、玉露独特のいーい香りが。。。そして、玉露って、”茎“までいい色なのね。。。鮮やかな緑が目に飛び込んできました。
今回は、8グラムの茶葉(茎?)を60度のお湯で2分かけて淹れていきます。ぬるーいお湯で丁寧に淹れるのですね。茎とはいってもやはり”玉露“です。
そしてやってきたお茶紹介の時間。お味見のスタッフくんは、お湯を注いだ時点から「お、いい香り。。。」と早くも玉露に反応。今回は浸出時間が2分と長いのでお茶が出るまでにインフォメーションなどをいれながら待ちます。
そうして淹れたお茶はきれいな若緑色の澄んだ水色。。。「あまーい」とスタッフくんは感嘆の表情です。たしかに、その甘み・うまみの濃さ、深さは玉露です。だた、玉露ほどまったりしていない、というか、どこかさっぱりさわやか、というか、軽やかさがある感じなのですね。ここが”茎“なんでしょうね。
さて、お店のお菓子売り場で目(?)が合ってソク買いしてしまった「カントリーマアム」の「焼きいも」。。。いつものように“さくっ”とはいかなかった(あたりまえだわ)のですが、コメントが出る前にスタッフくんが“やきいもだあ”という表情になったのが見ていてわかりました。いただいてみるとたしかに、カントリーマアムの食感で「やきいも」なんですね。コクのある甘みが印象的なソフトクッキーです。「温めてたべてもおいしい」とパッケージにあったので、今度あたためてみようかな?


| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »