« 「特撰生くき茶&レモングラス」&「越後のあわ雪ショコラ餅」 | トップページ | 「そば緑茶 & 鬼さんこちら」 »

「しょうが入り玄米茶 & 粉ふき黒糖そら豆」

2011012711130000


2011012711140000


2011012719140000

温暖な気候。。。といわれる小田原も今年の冬は最低気温が氷点下という日も多いそうです。節分も近い1月下旬。。。今回はどんな展開にしよう?といろいろかんがえたのですが、やはり「寒い!」のひとことで、“しょうが”のアイテム!しかも「これってどーいうカップリング??」という“変わり種ブレンド”のフレーバーを投入することにしました。その名も「しょうが入り玄米茶」!“しょうが”と“玄米”がどんな世界を構築(そこまで大げさなものでもないか?)するのか??すごーく気になる〜!
そして、このお茶に合わせるお茶請けは??
節分が近いので、豆系!とは思っていたのですが、しょうがと玄米。。。辛くて香ばしい?
お茶には。。。抹茶系じゃぁないな?でも、ニッキでもなさそう?じゃ、黒糖なら?ということで、「黒糖そら豆」をチョイス!
さ、みんなどんな顔するかな?と楽しみ♪にしつつスタジオへ!
「まーしゃ‘S Café」のコーナー前に、計量のためお茶の袋を開けると、抹茶(?)のパウダーの飛沫とともに、しょうがの香りが。。。(これはなかなか手強そうな??)なんかハナがツンとくるゾ!(うーん、期待以上かも?)
そしてやってきたお茶紹介のコーナー「まーしゃ’S Café」
早速のお味見でいつものスタッフくん「こ、濃いですね」と第一声。そうなんです。抹茶入りと思われるお茶本体の濃さもあり、しょうがの辛み、玄米の香ばしさ、どれも濃厚。。。これをなんと表現するか?が難しいのですが、「香ばし辛い」感じでしょうか?玄米独特の香ばしさ、しょうがならではの辛み。。。お互いが干渉しあうことなく、絶妙のハーモニーをかもしだしているんですね。やはりプロのブレンドはさすがです。
そして、お茶請けの「黒糖そら豆」。スタッフくん恒例の「ポリっ」が冴える適度な堅さ。黒糖の穏やかな甘みがそら豆独特のコクのある香ばしさをうまく引き立てています。
うーん、一見ジミでも豆モノはけっこう奥深い♪
次回もマメで行こう♪(節分ですから!)

|

« 「特撰生くき茶&レモングラス」&「越後のあわ雪ショコラ餅」 | トップページ | 「そば緑茶 & 鬼さんこちら」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「特撰生くき茶&レモングラス」&「越後のあわ雪ショコラ餅」 | トップページ | 「そば緑茶 & 鬼さんこちら」 »