« 日乃出旅館キャンドルナイトに参加してきました | トップページ | 宇治田原製茶場「千金の緑」(金粉・抹茶入り)& 絵馬の和三盆 »

「大福茶」4種 干菓子

あけましておめでとうございます。2011年の幕開けですね。
お正月は「大福茶」ということで、今年もいろいろなお茶屋さんの「大福茶」を取り寄せて元日から4日にかけての番組でご紹介してきました。
元日から番組でお茶を淹れる!というのがこのところのお正月の過ごし方になってきました。
今回お取り寄せした「大福茶」は4種類。それぞれのお店でそれぞれの特徴があって毎年発見の連続です。
2011010112400000_2
まず、元日は、京都・和束の「おぶぶ茶苑」さんの「大福茶」干し梅に結び昆布、それに、金箔がついています。ベースとなるお茶は、和束の地で品種改良せずに種から育った在来種のかぶせ茶ということで、生命力あふれるお茶なのだそうです。また、かぶせ茶のように「まるみと味わい」のある年になるようにと願いをこめてあるとか。。。

Photo


Photo_2
さて、2日め、今回はちょっとパーツが多い。「宇治田原製茶場」さんの「大福茶」です。
結び昆布は基本通りですが、こちらには、フリーズドライの梅肉(よく梅茶漬けにはいっているやつですね)と根昆布の粉末(どうやら昆布茶らしいです)がついています。
なんだかゴハン感覚の大福茶。根昆布粉末がはいっているからか?とろみとうまみの濃いお茶はおなかもふくふくといっぱいになりそう。


Ujitahara2


そして、3日目、こちらは定番の「竹村玉翠園」さんの「大福茶」ふっくらとした紀州産の小梅に結び昆布というセットです。うーん、こちらはもうコメントいらないくらい王道中の王道ですね。
Photo_3

さらに、4日目、こちらも昨年に引き続いての登場ですが、狭山「宮野園」さんの「大福茶」こちらは梅干し・昆布ではなく、深蒸し煎茶に金箔がついています。
元日のおぶぶさんのお茶にも金箔がついていたのですが、コレを人数分によりわけるって結構ワザがいります。ひらひらと空気中に舞いあがったり、思わぬところに着地したりと、それはキレイなんですが、あとからきてスタジオ使う人が「どうしてココに金箔が!?」って思うだろうな?
なんといっても!このお茶が楽しいのは、淹れているときにお茶碗の中で金箔が舞うことですね。これはもう、淹れている人だけの楽しみ♪


2011010408590000


2011010418120000

そうそう、それでお茶受けは。。。お正月のかわいい干菓子を用意・・・していたんですが、開けていただいたのは4日目!になってからでした!!(六角形のきれいな箱に入っていて、しかも、きれいにレイアウトされたままビニールにはいっていて・・・どうやってあけて出そうか?悩んだ末に〜でした!)色とりどりのこんぺいとうに松竹梅やツルカメの干菓子。。。お正月らしさ満載でした。


Photo_4

これでもか!これでもか!!これでもか!!!(笑)と、元日から4日まで大福茶を毎日淹れて、ラジオをお聞きのみなさま、スタッフ、パーソナリティの健康をお祈りしつつのお正月特番&通常Good Day!の初日オンエアでした。今年もよい年になりそうです!♪

|

« 日乃出旅館キャンドルナイトに参加してきました | トップページ | 宇治田原製茶場「千金の緑」(金粉・抹茶入り)& 絵馬の和三盆 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日乃出旅館キャンドルナイトに参加してきました | トップページ | 宇治田原製茶場「千金の緑」(金粉・抹茶入り)& 絵馬の和三盆 »