« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

「桜葉緑茶」&「桜クランチ」

2011033118260000


2011033114170000


2011033112510000

寒い寒いといっても、あちこちでそろそろ桜のたよりが聞かれる頃になりましたね。小田原でも今週は長興山のしだれ桜が開花した!ということで、まーしゃ‘S Caféでもそろそろ“桜”のお茶を淹れていくことにしましょう。
今回は、京都宇治田原製茶場の「桜葉緑茶」桜葉の蜜漬けと桜の花が入った季節限定のお茶。そして、お茶請けは、今月初旬まで行われていた地元「松田さくら祭り」の会場でみつけた「桜クランチ」♪桜づくしのカップリングです。
まず、桜葉緑茶。茶葉にまぜてある桜の花がピンクで春らしい♪雰囲気満載!淹れる前から「春」を感じさせてくれるお茶です。
そして、桜クランチは、パッケージからしておしゃれ♪な桜葉のパウダーを使った桜色のまあるいかわいいクランチチョコ!
モノゴトやっぱり見た目も大事よね。。。とミョーなポイントでナットクしてしまうまーしゃ。で、中身はどうよ?!ということで、やってきた「まーしゃ‘S Café」のコーナー。
いつものように、スタッフくんを前にお茶を淹れていきます。「見た目。。。は普通の緑茶?ですね。。。」そう、淹れてみたら見た目は普通の深蒸し煎茶。だけど、「わ、桜餅の香りだ!」一口いただくと、味は桜テイスト!甘い、とかしょっぱい、とかの味ではなく、香りが“桜”なんですね。とても自然な“桜の香味”という感じでしょうか。そして、お茶請けの「桜クランチ」個別包装された半円形の不思議な物体。しかも桜色!「これは。。。」クランチをぼりぼりしながらスタッフくんがいうには「後味がしっかり“桜”」なのだそうで。。。なるほど!こちらもそんなに桜〜!という主張をせず、そこはかとなく“桜”を感じさせるわけで。。。日本の奥ゆかしさをかんじますね〜!今月(地震の影響などもありかろうじて1回だけ開催できた)「清閑亭ティーサロン」でも好評だったこの「桜クランチ」パッケージといい、中身といい、桜の季節のお土産にとしてはかなり高ポイントな一品ではないでしょうか。
ライトアップの中止などもあり、また、被災地の事を思うと。。。いつものようなお花見はちょっとむずかしいかもしれませんが、せっかくの桜。お茶とお菓子で静かに花を愛でる時間も元気をチャージするのに役立つかもしれません。

| | コメント (0)

「べにふうき緑茶&しょうが入り煎茶」 & 「PEACH & PEACH DIGESTIVE BISCUITS」

2011032418190000


2011032420070000
地震関連のニュースや計画停電などで落ちつかない毎日をお過ごしのかたも多いと思います。そんななかでも“花粉”かなり飛んでますね!先日も車がうっすら黄色く粉を吹いている(?)ので何だろう!?とおもったら、どうやら飛散してきたスギ花粉のようでした。
花粉症のみなさんはさぞツラいことでしょう。。。そんなこともあり、2週間のご無沙汰ではありましたが、今回も抗アレルギー作用を持つメチル化カテキンを多く含む「べにふうき」を淹れていくことにしました。しかも!今日は寒い!!朝起きたら箱根の山並みが真っ白!(お彼岸も明けるというのにびっくり!)なので、ブレンドするのは「しょうが入り煎茶」これでしょう!!
。。。てことは、既製品ではなく自分でブレンド♪さらに、計画停電その他もろもろの事情によってはコーナー自体できるかどうか?という不確定要素ばりばりなこの情勢で、直前までお茶の封は切らずに置いておきたい!。。。当然、スタジオでブレンドしてから淹れる!という手順になるわけでして。。。久々の公開実験(?)になったのでした。
で、お茶請け。。。火曜日あまりの空腹に耐えかねて、かねてから用意しておいた「おからクッキー」を食べちゃった(!)まーしゃ。。。できるだけ似たテイストで〜と思ってひっぱりだしたのは「ピーチ&ピーチ」のダイジェスティブビスケット!なんと白桃クリームと黄桃ジャムが挟んである胚芽クッキーです。
さて、なんとか無事に午後6時をむかえ、久々の「まーしゃ’S Café」のコーナー。。。コーナーに入る前の曲の間に、ちゃちゃっとお茶のパッケージを開けて計量!今回は、しょうが入り煎茶7グラムにべにふうき緑茶(リーフですよ)を3グラムの割合で混ぜてみました。
お湯を注ぐとしょうがの香りがふわっときます。これは前々回のブレンドティーとおなじ♪
で、味は???「あ、べにふうきの独特の味と香りですね」さっすが、ここ何年かこの時期にべにふうきを飲んでいるスタッフくん。(べにふうきの味を香りを覚えちゃったのか?!)しかーし!「わ、しょうがも香り強っ!」なるほど、しょうがも負けてなかったのね。
ま、でもお茶としてはそこそこイケる模様。
で、お茶請けは???
「これ、音でますよ!」と自信たっぷりに「かりっ!」を狙ってかじりついたスタッフくん。しかーし!「ぼりつ!さくさく」と音は若干地味め。。。「桃の香りのクリームとはちみつみたいなジャムがいいですね!」ボリューム的にも1枚でおなか満足!という感じです。
で、そのあと、スタジオに居合わせたスタッフ一同あることに気づきました。「すごい桃の香り!」さっきまでの「しょうがの香り」はすっかり影をひそめていつの間にかスタジオは「桃の香りだらけ!」になっていたのでした。
たまにはこんなボリューミーなお茶請けもいいかも?(今回は食べ過ぎないように気をつけますー!)
冷える!寒い!といっても、そろそろ桜の季節。さて次回はどんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

食べちゃった!

2011032221500000
先週は計画停電対応でお茶紹介のコーナーをお休みしましたが、今日火曜日も番組の時間に計画停電がやってきました。今回は午後8時まで1時間の延長で合計5時間の生放送。
ゲストも3組ほどお迎えしたのですが、今回は先々週の生姜のはいったべにふうきを使わせていただきました。停電中のうす暗いスタジオでのトーク。。。みなさんいつもと様子がちがって緊張されたのではないかなぁ?
一応、お茶のカゴ(そうです!まーしゃはお茶の道具一式を買い物かごにいれて持ち歩いています!)には、先週紹介する予定だったお茶とお茶請けもいれてあったのですが、これはやはり木曜日にきちんとご紹介してから。。。と思い今回は”待機”させておいたの。。。
しかーし!いつもよりちょっと長い5時間の放送を終わったあと、むしょーにおなかがすいて〜
。。。食べちゃいました!次回用にとおもって”待機”させておいた「おからクッキー」いやぁ煩悩に負ける!とはこのこと!!
でも、おから8:小麦粉2の配合のクッキーは空きっ腹に効きます!
うーん、満腹♪
おっと!木曜日のお茶請け。。。どうしよ?

| | コメント (0)

今週はお休みでござる

東北関東大震災の被害に遭われたみなさまに心からお見舞い申し上げます。
一日も早く笑顔の毎日がもどりますように。。。

先週末の大地震から怒濤のような毎日を送っていらっしゃる方も多いと思います。
幸い、まーしゃの住む地域では大きな被害はなかったものの、当日の緊急災害放送、週明けからの計画停電、火曜日深夜の静岡県東部の地震。。。と落ち着かない毎日です。

今回も木曜日ということで、一応、お茶の用意をしてスタジオに向かったのですが。。。
折しもこの日、午後3時すぎからスタジオのある地域が計画停電。。。そして、隣接する地域はそのあと午後7時から計画停電。。。ということで、番組は1時間早くスタート。そして、停電中の生放送のあとも午後10時の計画停電終了まで、(いつもの倍)8時間の生放送になったのでした。

番組としては、これまでみたこともないくらい(!)たくさんの方からメッセージいただいたき、すごい盛り上がり(?)だったのですが、やはり、緊急時、ということで計画停電の情報などを中心にお送りすることになり。。。お茶はお休み!となりました。

火曜日もゲストコーナーがあるのでお茶。。。支度しますが、こちらも状況をみながらとなります。
そんなわけで、木曜日なのに更新ないなぁ?と楽しみに(?)してくださっていたみなさま。
状況をみながら新しいお茶を紹介し次第アップしていきますのでしばらくおまちくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「狭山べにふうき&生姜」&「オレオ ホワイトチョコレート 特濃ミルク」

2011031020290000


2011031018160000


2011031012580001


2011031012580000

花粉の季節。。。今年は特にツラいらしい(?)と聞いていますが、みなさんいかがおすごしでしょう?山の木々から黄色い煙がたなびくのが見えたりすると“おお!”というカンジですよね。
で、今回はアレルギー症状の緩和に効果があると期待されるメチル化カテキンを含む品種茶「べにふうき」に生姜をブレンドしたお茶を用意しました。
このところブレンドティーでは好評の狭山「宮野園」さんのお茶です。なんと!生姜は乾燥生姜にさらに生姜パウダーを加えてあるというので“強力”ですな。
毎年この時期になると何度かこの「べにふうき」をご紹介するのですが、以前、べにふうきに生姜をブレンドすると良いらしい。。。と聞いたまーしゃは、べにふうきに生姜パウダーをブレンド(こともあろうにスタジオで!!)して“ラテ”を作る!という作業中、手元が狂って生姜を大量投入してしまいタイヘンなことになった!(汗)という過去が。。。なので、いつも味見をしている関係者からは放送中のスタジオでブレンドしたお茶にはイマイチ信用があったりなかったり。。。その点!今回はお茶屋さんの(しかも宮野園さんの!!)ブレンドなので安心(!)です。
今回はディーバッグなので、計量の心配もナシ!(たまにはいいですね!ラクちんで)
早速淹れていきます。が、少し抽出時間を長くとらないと水色が薄いみたいです。薄い山吹色がキレイに出るまで急須の中をみながら(ガラスの急須はこういうときに便利ですね!)しばし待ちます。
このへんかな?というところで茶碗に注ぎ分けていきますが、その時点でふんわり生姜が香ります。スタッフくん、開口いちばん「あ、生姜!香り濃いですね」しかし続いて「でもキツくないんですね。やさしい味なので飲みやすいですよ!」・・・あーよかった!以前(生姜パウダー大量投入で失敗したとき)生姜の辛いのは苦手。。。と言っていたので少々心配だったんですが、宮野園さんのブレンド絶妙です。思わず、放送ヅラでは平静を装いながら「む、むりっす!」と曲の間でタイヘンな展開になっていた“ラテ”事件の真相をトークでバラしてしまいました。いつもおいしく展開しているように見えても実は。。。みたいなコトもあったりなかったりするのが「まーしゃ‘S Café」(苦笑)
で、お茶請けです。今回はきりっとした生姜にまけない、しかしやさしい味のお茶請けがいいなぁ?と思って「オレオ」の「ホワイトチョコレート」という袋入りのお菓子をを用意しました。
が、これがスタジオで説明しづらいのなんのって!
普通「オレオ」といえばココア味で間にクリームが挟まっている「クッキー」をおもいうかべるでしょ?これはちょっと違う!砕いた(?)ココアクッキーをホワイトチョコで円筒形にまとめそれが個包装されている。。。というもの。今やっと文字にして説明してみたけど、放送では、スタジオにいた誰一人としてこれが言語化できなんだ(なんだかなぁ!)。ほろほろさくさくしてあまくておいしい。。。みたいなコメントとともに、あとはブログにのせときます!みたいなトホホな展開で(汗)!お茶との相性はまずまずでしたが、説明がちょいマズでしたな。
さて、次回はどんな展開にしましょうか?!

| | コメント (0)

「足柄茶“清香(せいこう)」&「菱生らくがん」

2011030318120000


2011030314190000

ひな祭りですね。今回も正統派でいきますよ!
実は今回、清閑静ティーサロン、先月の「ひな祭り編」でウェルカムティーとして使っていた“プレミアム”な水だし茶を”満を持して“番組で淹れてみよう!ということに。。。合わせるお茶請けはおひな祭りらしく「菱生らくがん」京都のお茶屋さんのカタログでみつけて”生“の落雁とは???と気になって取り寄せてしまった一品。
さて、スタジオでの展開やいかに??
まず、水だし茶を入れるグラス。清閑亭ではシャンパングラスに注いでお出ししました。が、スタジオでワレモノ(いつもの茶器だってそうだけど)特にガラスの背の高いグラスはコワい。。。そこで、プラスチックでできたカクテルグラスを用意しました(100円ショップでね!)。で、今回は前日夜からの仕込みになります。通常水だし茶は1リッットルに10グラム程度のお茶の葉を使って淹れるのですが、今回の水だし茶はなんとその4倍、40グラムもの茶葉を使います。
抽出時間は常温(寒い時期だからできるんですが。。。)で7時間。出来上がったお茶は、コーヒーフィルターを使って丁寧に漉していきます。グラスに注いだときにお茶の粉が沈んだりしないように、フィルターは何度か替えながら(すぐ詰まっちゃうんで)。。。金色のきれいな水色のお茶が出来上がります。
清閑亭では、12月と先月この“水だし”を淹れたのですが、品評会茶を蓋碗で淹れる「うまみ茶」の感動がどっかへ吹っ飛ぶ(ちとおおげさか?!)ほどの人気でした。
さあ、まーしゃ‘S Caféではどうかな?
透明なプラカップに注がれた水だし茶を見るなり、スタッフくん「お!いつもとちがいますね!!」と期待度大。さらに、一口飲んでみて「わ!普通水だし茶ってさらっとしている印象なのに、コレはすっごい“濃い”ですね」そうそう♪濃いのよ!
そして、お茶請けの「生らくがん」どごか“生”か?といいながらお味をみてもらいました。
見た目はかわいい菱餅。断面をみると真ん中にあんこ。。。で、食感は?
「しっとりした“らくがん”ですね。でも目をつぶって食べると柔らかーいおまんじゅうを食べてるみたいな?」とスタッフくん。
ははぁ?生キャラメル、生チョコ、生ドーナツ。。。生がつくものはいろいろあるけど、これはしっとりしたあんこがはさんであるところが“生”なわけだ?!
箱根じゃ雪が降るほど寒いひな祭りの夜ですが、たまには金色に輝く水だし茶で女子のお祝いをしてはいかがでしょう?
さて、次回はどんな展開にしようかなぁ?

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »