« 「足柄茶“極上”」 &「抹茶きな粉大豆」 | トップページ | 「狭山べにふうき&生姜」&「オレオ ホワイトチョコレート 特濃ミルク」 »

「足柄茶“清香(せいこう)」&「菱生らくがん」

2011030318120000


2011030314190000

ひな祭りですね。今回も正統派でいきますよ!
実は今回、清閑静ティーサロン、先月の「ひな祭り編」でウェルカムティーとして使っていた“プレミアム”な水だし茶を”満を持して“番組で淹れてみよう!ということに。。。合わせるお茶請けはおひな祭りらしく「菱生らくがん」京都のお茶屋さんのカタログでみつけて”生“の落雁とは???と気になって取り寄せてしまった一品。
さて、スタジオでの展開やいかに??
まず、水だし茶を入れるグラス。清閑亭ではシャンパングラスに注いでお出ししました。が、スタジオでワレモノ(いつもの茶器だってそうだけど)特にガラスの背の高いグラスはコワい。。。そこで、プラスチックでできたカクテルグラスを用意しました(100円ショップでね!)。で、今回は前日夜からの仕込みになります。通常水だし茶は1リッットルに10グラム程度のお茶の葉を使って淹れるのですが、今回の水だし茶はなんとその4倍、40グラムもの茶葉を使います。
抽出時間は常温(寒い時期だからできるんですが。。。)で7時間。出来上がったお茶は、コーヒーフィルターを使って丁寧に漉していきます。グラスに注いだときにお茶の粉が沈んだりしないように、フィルターは何度か替えながら(すぐ詰まっちゃうんで)。。。金色のきれいな水色のお茶が出来上がります。
清閑亭では、12月と先月この“水だし”を淹れたのですが、品評会茶を蓋碗で淹れる「うまみ茶」の感動がどっかへ吹っ飛ぶ(ちとおおげさか?!)ほどの人気でした。
さあ、まーしゃ‘S Caféではどうかな?
透明なプラカップに注がれた水だし茶を見るなり、スタッフくん「お!いつもとちがいますね!!」と期待度大。さらに、一口飲んでみて「わ!普通水だし茶ってさらっとしている印象なのに、コレはすっごい“濃い”ですね」そうそう♪濃いのよ!
そして、お茶請けの「生らくがん」どごか“生”か?といいながらお味をみてもらいました。
見た目はかわいい菱餅。断面をみると真ん中にあんこ。。。で、食感は?
「しっとりした“らくがん”ですね。でも目をつぶって食べると柔らかーいおまんじゅうを食べてるみたいな?」とスタッフくん。
ははぁ?生キャラメル、生チョコ、生ドーナツ。。。生がつくものはいろいろあるけど、これはしっとりしたあんこがはさんであるところが“生”なわけだ?!
箱根じゃ雪が降るほど寒いひな祭りの夜ですが、たまには金色に輝く水だし茶で女子のお祝いをしてはいかがでしょう?
さて、次回はどんな展開にしようかなぁ?

|

« 「足柄茶“極上”」 &「抹茶きな粉大豆」 | トップページ | 「狭山べにふうき&生姜」&「オレオ ホワイトチョコレート 特濃ミルク」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「足柄茶“極上”」 &「抹茶きな粉大豆」 | トップページ | 「狭山べにふうき&生姜」&「オレオ ホワイトチョコレート 特濃ミルク」 »