« 「桜葉緑茶」&「桜クランチ」 | トップページ | 「甘茶入りほうじ茶“花まつり”」&「frosty dropsさくら」「さくら糖」 »

「足柄茶"白梅”&桜花」 & 「桜の花のクッキー」

2011040718130000_2


2011040712580000

小田原でも本格的な桜のシーズン(といっても10日くらいのものなんですけどね!)がやってきました。4,5分咲きから満開くらいまで場所によって差はありますが、今週末あたりが見頃でしょうか。前回は茶葉に桜の葉と花がブレンドしてあるお茶を淹れましたが、今回は、茶器の中で桜を咲かせてみよう!という趣向です。
桜花漬け。。。お祝いの席での桜湯や和菓子などにつかわれるものですが、これって、小田原近郊が産地として有名だってご存知でした?八重桜の花を塩と梅酢で漬けてあるんです。これを“水中花”のように(誰ですか?松坂慶子さんのバニー姿を連想したのは!!←年齢バレますwww)お茶の中に浮かせます!
合わせるお茶請けは今回「桜の花のクッキー」にしました。お花の形のクッキーにこれまた桜の花の塩漬けがトッピングしてあります。
さて、スタジオでのお茶の時間にキレイでおいしい花を咲かせるには事前の準備がモノをいいます。“塩抜き”これをわすれちゃいけません。実は桜花漬けはしっかりと漬けてあるのでかなり塩辛いんですよ。(経験済み!?)お湯につけて塩抜き(お湯は2回とりかえます)を十分にしてから茶器に1、2輪の花をいれてお茶を注ぎます。お祝い事の桜湯はお湯を注いで薄いピンク色の水色を楽しみますが、今回は、足柄茶の「白梅」というお茶を注ぎます。普通蒸しで水色がきれいな足柄茶はこういった使い方にも向いていますね!「白梅」100グラム700円ほどのお手頃価格ですが、すっきりとした味と香りはかなり高ポイントです。普段使いのお茶としてもおススメ!
さて、やってきた「まーしゃ‘S Café」のコーナー。スタッフくんを前に“塩抜き”の蘊蓄から語っていきます。「何年か前に桜花漬けいれたら、えっらく塩辛いお茶になっちゃった教訓を生かして今回は塩抜きを万全に!!」と過去の失敗談をふったら「しょっぱかったですねー、あのときは」。。。あ、ちゃんと覚えていた!(番組ヅラおいしそうでも稀にある“やっちゃった”的事件。。。ナゼか春先に多い?!)で、今回は???茶器を手にとるなり「お、香り!すごい桜ですよ!!」とスタッフくん。ホントに?と、まーしゃも味をみてみました。塩抜き2回が功を奏して塩辛さはほとんど抜けていました。が、桜の香りはしっかりと残っているんですね!(あまり塩抜きしすぎて香りまで飛んでしまったんじゃないかとちょっと心配でした)透明な金色のお茶の中に咲くピンクの桜!キレイです♪お茶の味・香りもきちんと残した上で桜の香りもする!(我ながら上出来かも?←自画自賛?!)やったぁ♪
で、桜の花のクッキー。控えめな「ポリッ」という音とともにスタッフくんが語るには「クッキー生地の甘さと桜の花のしょっぱさがちょうどいい感じ!」だそうで。。。やはり塩味のビミョーなバランスがポイントのようですね。
この「桜花漬け」桜ご飯や桜酒にも応用できるそうですよ。(やってみよっと!)お試しを!
さて、長く楽しめそう?!な今年の桜、次回はどうかな?桜の花の様子をみつつ次回のお茶を考えようっと!

|

« 「桜葉緑茶」&「桜クランチ」 | トップページ | 「甘茶入りほうじ茶“花まつり”」&「frosty dropsさくら」「さくら糖」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「桜葉緑茶」&「桜クランチ」 | トップページ | 「甘茶入りほうじ茶“花まつり”」&「frosty dropsさくら」「さくら糖」 »