« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

「極上煎茶 媛しずく(八女・栗原製茶)新茶」&「PETITES GAUFRES 抹茶」

2011052618130000


2011052612470001
新茶シリーズの4回目!(てことは新茶の紹介はじめてかれこれ1ヶ月!!)今回は初のお取り寄せ「八女(福岡)」の新茶です。今まで九州のお茶というと知覧や水俣など取り寄せてきましたが、初の八女茶です。
どんなお茶かなぁ?!楽しみにしながら選んだお茶うけは。。。「プディーゴーフル(抹茶)」。
“宇治産の石臼挽き抹茶を使用”という神戸の老舗のゴーフルです。
そしてやってきた「まーしゃ’S Café」の時間。初めての八女茶をおそるおそる淹れていきます。
「あ、濃いですね。でも後味すっきりです。甘みもあっておいしいです」と即答したスタッフくん。たしかに新茶らしいすっきり感のなかにほどよく甘み、渋みがありバランスの良い味と香りです。で、お茶請けは??
ぱりぱりと今回もいい音でスタッフくんがゴーフル食べてるあいだに、このゴーフルのパッケージに入っていた“しおり”にあったエピソードなどを紹介しちゃいます。なんでもこのゴーフルは昭和の初めにフランスの焼き菓子をヒントに、神戸に誕生したお菓子だそうで。。。かのシュバイツァー博士もこのお菓子を愛されていたということです。そういえば、小さい頃、関西のお土産でゴーフルいただいた覚えがあります。プティーではないフルサイズ(?)のゴーフルを割らずに丸のままかじりついて食べるのすきだったなぁ。。。そうそう、重なっている2枚をはがして中のクリームだけ先にたべたりもしたっけ。。。と、記憶の底のほうにあるゴーフルの想い出をかき集めて懐かしさに浸っていると。。。すっかりみんな食べ終わっておりました。
コーナーのあと、曲のあいだにお茶とゴーフル。。。食べてみました。上品な抹茶クリームは、この八女茶と一緒にいただくと、お茶の風味と相まってふわっとした軽い甘みになって広がります!うーん、この組み合わせはクセになりそう♪
さて、次回はどんな展開に???何か発見あるかなぁ?

| | コメント (0)

「がんばろう日本!がんばろう足柄茶!!」今月の清閑亭ティーサロンはお休みします

先週ニュースで足柄茶の新茶茶葉から放射性物質が検出されたという報道があって以来、この状況の中、どういう風に情報を整理し、どういうふうにコドバを選んでこの状況を説明しようか?と悩みました。
5月の清閑亭ティーサロンのお知らせをこのブログでしていたので、やはり何らかの形で状況はお知らせしなくちゃ。。。でも、カンタンに「今月のティーサロンはお休みします」とは言いがたい気持ちがいっぱいでお知らせが今日になってしまいました。ごめんなさいね。
結論からいうと、今月の清閑亭ティーサロンは「休止」としました。当初使用する予定だった足柄茶「山吹」の新茶が回収対象となってしまったこと、今年産のお茶についての販売体制がまだ整わないこと、「足柄茶」のティーサロンとして開催しているのでほかの産地の「新茶」では企画意図から離れてしまうこと。。。などを考慮しての判断です。
いつもお世話になっている農協茶業センターの営業担当さん、「いろいろタイヘンですね」というお話しのなかで「私たちの後ろにいる生産者のかたたちの気持ちを思えば僕が大変だなんていえませんよ」とおっしゃっていました。たしかに、丹誠込めて育てたお茶をやっと出荷できる!という段階になっての“刈り捨て”ではやりきれませんよね。また、こうした事態の対応にあたる茶業センターの職員のかたの心労もいかばかりかと思います。
足柄茶の“新茶”の安全確認と一日も早い出荷再開を楽しみに“待つ”ということでしか私たち消費者は応援できないかも?しれないけれど。。。
「がんばろう日本!」「がんばろう足柄茶!!」

| | コメント (0)

「新茶 あさのか種」&「本高砂屋 抹茶エコルセ」

2011051913030000


2011051918100000


2011051918240000

新茶シリーズ。。。今回で3回目になるんですね。
だんだんと南の産地から北上を続け、今回は京都の宇治田原製茶場から届いた「あさのか種」の新茶です。「あさのか種」って?と思われたかたもいらっしゃると思います。あまり耳になじみのない名前ですよね?!
それもそのはず、この「あさのか種」は「やぶきた」とか「おくみどり」といろいろな種類があるお茶の品種のなかでは比較的新しく、平成8年(1996年)に品種登録されています。鹿児島県の農事試験場で「やぶきた」種に中国品種の「平水1号」を交配し、その実生から選抜・育成された固定品種(なにやらムズかしい話になってきちゃいましたね!)ということで、希少性の高い品種茶です。
じつは、まーしゃもこの品種のお茶を淹れるのははじめて!しかも新茶で!!というのですっごく楽しみ♪です。
そして、合わせるお茶うけは「本高砂屋」の「抹茶エコルセ」こちらも箱の中からどんなお菓子がでてくるのか?かなり気になります!!
で、今回最初に淹れたお茶はゲストでスタジオにいらした彫刻家のHさんにお出ししました。来週から行われる個展のお話できてくださったのえすが、「あ、やばい。緊張する!」といいながらの一服。。。少しはほっとしていただけたかなぁ?また、お茶のみにいらしてくださいね!!
やがて陽も西に傾き6時過ぎ。「まーしゃ’S Café」のコーナーがやってきました。「あさのか」についての説明などをしながらスタッフくんたちにお茶を淹れていきます。
「あ、なんていうんだろう?初めてなので何とも言いがたい味と香りです」とスタッフくんにしてはめずらしく抽象的なコメント。「うーん、甘みの質がこれまでのお茶と違う感じなんです。うまみはしっかり出ているし、コクもあり、でも甘さ。。。が、なんていうかすっきりさっぱりしているんですね」ははぁ〜なるほど。
で、抹茶エコルセです。
これまたいつものスタッフくんらしくなく、袋を開けながらやたら慌てているんだな。。。手元を見るとなにやらボロボロと。。。「袋のあけ口切りながらお菓子本体も破いちゃいました!!」「はあ?」そうです。クレープのように(いや、クレープ以上だわ!)うすーい生地を巻いてある「抹茶エコルセ」(生地のへりに抹茶、そして巻いた生地の中にも抹茶クリームという繊細なつくりなの!)袋の端の切り口を手で開けようとして生地ごと破いちゃったらしい。。。(あーあ!)ということで、これ以上の惨事を招かないよう“はさみ”にて開封することにしました。トークしながらはさみが行き来するのはちょっとフシギな眺め。。。
ぱりぱりさくさくとした生地に上品な抹茶の風味♪やはり新茶の時期ならではでしょう!
この時期限定で出回る「お抹茶スイーツ」からはホント目がはなせません♪
さて、次回はどんな展開???

| | コメント (0)

「おりた園 知覧茶 新茶」&「あずき甘納豆チョコ」

2011051213510000


2011051218110000

新茶シリーズの第2弾は、鹿児島「知覧」の「おりた園」さんの新茶です。
合わせるお茶うけは、でん六「あずき甘納豆チョコ」♪北海道産の小豆の甘納豆をホワイトチョコと抹茶でコーティングした!というもの。三角の小袋にはいった見た目もかわいいお菓子です。
さてさて、番組でお茶を淹れていきます。
最初は、東日本大震災復興支援のチャリティーコンサートを開く中高生と先生。トークの前にお茶を淹れたら「おいしいですね」と笑顔で一服。10代でお茶の良さがわかるってステキです。
水色も濃く、よく出るお茶!という印象のお茶。お味はどんなかな?と気にしつつ(このときにはお客様の分だけしか淹れなかったので“見た”だけでして。。。)実際のお味見は「まーしゃ‘S Café」のコーナーで!
6時もすぎてどっぷり(?)お腹もすいた頃、いよいよ「まーしゃ’S Café」のコーナーです。いつものようにスタッフくんとお味見です。水色濃いめのお茶は見た目どおりに濃厚な味。だけどそこはやはり新茶!後味はすがすがしいすっきり感があります。
お茶請けもこれまた「ホワイトチョコと抹茶と小豆の甘さが渾然一体になった感じ。。。」とスタッフくんのコメントが妙にハマるテイスト。濃いめの新茶にはちょうどいいボリュームです。お茶もお茶うけもしっかりと空きっ腹に収まるお茶タイムとなりました(満足!満足!!)
さて、次回は地元のお茶を。。。と思っていたところに、足柄茶に基準値を超えるセシウムが検出されたというニュースが飛び込んできて大ショック!一日も早く安全が確認されることを祈るばかりです。「がんばろう日本!がんばろう足柄茶!!」

| | コメント (0)

「屋久島産新茶」&「クマの手シューラスク」

2011050513410000


2011050516340000
さてさて今回から今年の新茶シリーズ♪はじまりはじまり〜です。
前回のお茶の紹介で種子島とか寝ぼけたこと書いていましたが、「屋久島」でしたね。。。(島ってところはマチガイじゃなかったんだけどね。。。ウロ覚えはコワい!大汗)ということで、今回の新茶は世界遺産にも指定されている「屋久島」産の新茶です。
合わせるお茶請けは「クマの手シューラスク」♪先週末行われていた「がんばれ東北物産展」で残り2つ!になっているところを買ってきました。宮城県の益野製菓というお店のスイーツ。「クマちゃんシェフのクマの手シューラスク」と、かわいいイラストが添えてあるラブリーなパッケージ♪
飲めば寿命が75日延びる!と言われる新茶と、がんばろう日本!の想いを込めての宮城・仙台のスイーツのお茶タイム。。。今回はどんな展開に???
おりもおり、連休真っ最中の小田原は、神社の祭礼の真っ最中でもあり、今回は神社の御神輿の宮入の中継などもはさんでの番組です。そんなこんなで、「まーしゃ’S Café」のコーナーはいつもより早めの4時半スタート!!
なんだかフシギな感覚(外が明るい!!)ではじまった「まーしゃ’S Café」のコーナー。コーナーアタマのいつものコメント「おうちに帰る途中のかたも、晩ご飯作ってる最中のかたも、まだまだオシゴトというかたも。。。」が言えずにへろへろしましたわ。「渋滞にハマっている最中のかたも、これから晩ご飯の買い物にいく方も、連休なんてカンケーなくオシゴトのかたも」???
とかいいながらお茶を淹れていきます。お茶の袋の封を切るなり爽やかな茶畑の香り♪(新茶だわ!やっぱり!!)お湯をそそいでしばし待ち茶器に注げば。。。水色はきれいな薄緑色です。
「わ、水色通りのやわらかい味ですね!」とスタッフくん。芽吹いたばかりの新芽のテイスト♪やはりこの時期ならでは!!うーん、寿命が延びます〜!
で、シューラスク。シュークリームを半分に切ったような外見ですが、ふわっとした感じではなく、ぱりっとした食感の“シューの皮のラスク”(こういう表現でいいのだろうか?!)さくさくといい音でいただきながら「なんていうんだろ?甘さがすっきりというかさっぱりというか、クセになりそうな食感ですね」なおも続けて「これお取り寄せとかできるんでしょうか?」とスタッフくん。かなり気に入ったと見たが。。。
後で調べたら、このラスクは某元首相もお気に入りとのこと。やっぱりポイント高い逸品だったわけで。。。屋久島の新茶のエネルギーに加え、仙台のお菓子にも元気をいただいた感じのお茶の時間となりました。
さて、次回も新茶特集は続きます。いったい今年は何日分寿命が延びることやら(「そういうのってあんまりかぞえないほうがいいです」とスタッフくんより教育的指導〜^^;)今年もじゃんじゃん寿命のばしていきましょう!(笑)

| | コメント (0)

清閑亭ティーサロン5月のお知らせ

震災があったり、新茶時期が遅かったりで先月はお休みをいただいた「清閑亭ティーサロン」今月からまた(少々内容をリニューアルしましたが)開催です。

海の見えるお庭をながめながらのお茶のひとときはいかがですか?
今回は足柄の新茶を3種類の淹れ方でお茶請けのお菓子とともに楽しみます。
淹れ方で表情を変えていく足柄新茶の世界を堪能してください。

詳しくは下記の通りです。


清閑亭ティーサロン
「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・新茶編」
足柄の新茶の様々な表情を楽しむ

国登録有形文化財(旧・桜谷黒田長成邸)「清閑亭」で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。

日 時  5月20日(金)、23日(月)
     各日とも13時00分~ 15時00分〜の2回
場 所  小田原邸園交流館「清閑亭」(小田原市南町1-5-73)
内 容  足柄茶の新茶をお菓子とともに味わいます。今回は蓋碗なども使って様々な     
     表情を楽しみます。
講 師  「まーしゃ」(日本茶アドバイザー・足柄茶コミュニケーター)
定 員  各回5人・先着順
     最小催行人員2名(1名様でもお申し込みいただけますが、催行は2名様以上 
     となります)
費 用  2000円(資料、お茶、お茶請け代込み)
申込み  開催3日前までに清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください

主催 NPO法人小田原まちづくり応援団

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »