« 「かぶせかりがね(抹茶入り)」 & 「あやめ(干菓子)」 | トップページ | キャンドルナイトイベントに参加してきました »

「新月茶(八女・栗原製茶)水だし(月光水)」&「有平糖 抹茶きなこ」

2011061618090000


2011061521530000


2011061521480000


2011061521470000

今日は、満月で未明に皆既月食でしたね。月食は曇っていて見られなかったけれど、こんな日だからこそ淹れてみたいこんなお茶をこんな趣向でご用意しましたよ。
それは。。。「新月茶」先月新茶シリーズで八女のお茶を取り寄せたときにみつけた栗原製茶さんのお茶。文字通り新月の日に摘んだお茶だそうです。
ラベルによれば、「昔の人は、何か新しいことを始める時、これから満ちていく新月に希望を込めて、『新月』の日に合わせておこないました」とあり、摘採日は平成23年5月3日(火)、摘採場所は矢部村・日出茶園 とあります。
さて、そんな「月」の満ち欠けに願いをこめたお茶をどんな趣向で淹れるか?ふと考えると、清閑亭のティーサロンや、キャンドルナイトイベントなどで使っているお水に「月光水」というお水があります。小田原の湧水を満月の日だけ汲み上げてポトル詰めしたというこだわりのお水。新月に摘んだお茶を満月に汲んだお水で月食の満月にいれたら。。。?ということで、昨日の夜半から水だしにすることにしました。1リットルのお水に30グラムの茶葉。少し濃いめにじっくり抽出します。
そして、お茶請け。。。今日は「和菓子の日」でもあるので、和テイストのものを。。。と思って「有平糖」を合わせるコトにしました。このお菓子は、先週開かれていた「小田原プレマルシェ」に出展していたお店のもの。いろんなお味が有る中から抹茶きなこのフレーバーを選びました。見た目は飴のようですが、口のなかでさくさくと解ける感覚が新鮮なお菓子です。
月食から12時間ほどがすぎてやってきた「まーしゃ’S Café」のコーナー。お茶のいわれやらお水のいわれやら紹介しているうちにコーナーの前フリがむっちゃ長くなり。。。スタッフくんをかなーりお待たせしちゃったのでした。で、ようやくお茶をひとくち。「常温なので、あまり濃さとか感じませんね」確かに、(こんな気候なので冷やさなかったんだけど)キンキンに冷えていないので味も香りも“フラット”な感じ。お水のまろやかさがすごく前面に出た感じです。お月さまの色のような水色(お茶とお水の“いわれ”を聞くとそんなふうに見えます)が澄んでいてキレイです。
で、有平糖。「これ、中に豆かなんか入ってます?」さくさくとイイ音させながらスタッフくんは中身の香ばしさが気になったようです。「抹茶きなこ!だからきな粉が入ってるんだって!」なるほど、きな粉は大豆からつくるから豆テイストだったのかも?「この組み合わせいいですね」スタッフくん、気に入ってくれたようです。
まだまだ梅雨空は続きますが、そろそろ水だし茶を展開しはじめましょうかね。

お知らせ!
何週か前に、今年の新茶ということで静岡・本山の荒茶を取り上げました。その後ニュースなどで「静岡・本山の今年産の荒茶から国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された」という報道を目にして「もしかして?!」と思ったかたもいらしたと思います。(今にして思えばこのブログのアクセス数が急増したのもその件があったからかもしれません)先日、販売元に問い合わせたところ、番組でご紹介したお茶は該当商品ではなかったことが確認できました。ご心配いただいたかたもいらしたかもしれませんが、飲用には差し支えないお茶でしたのでお知らせします。

|

« 「かぶせかりがね(抹茶入り)」 & 「あやめ(干菓子)」 | トップページ | キャンドルナイトイベントに参加してきました »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「かぶせかりがね(抹茶入り)」 & 「あやめ(干菓子)」 | トップページ | キャンドルナイトイベントに参加してきました »