« 清閑亭カフェメニューに“期間限定”「足柄茶・極上」水出し茶が登場! | トップページ | 清閑亭カフェで“期間限定”「足柄茶・極上」水出し茶! »

「桜の和三盆抹茶糖」&「かりんと日和 番茶」

2011082518110000


2011082421580000


処暑もすぎたので、そろそろ身体のためには冷たいものはセーブしていったほうが良いらしい。。。が、この蒸し暑さじゃまだ熱いお茶ってのもねぇ。。。(いや、まだ炭酸のアレンジに成功してないし。。。夏用に買ったお茶あるし。。。)ということで、今回も水出し!ではなく、水で溶く(!)お茶です。
以前に、「沼みたい」とか「溶いてるところを人に見せちゃいけません!」とかさんざんな言われようだった“冷たい甘い抹茶”今回は、桜の香りの和三盆の抹茶糖が手に入ったのでコレを淹れていきます。
今回は諸般の事情でスタジオ入りが放送開始直前になりそうだったので、じっくり水出ししている時間もなさそうだし〜ということもあり、粉を溶くだけで作れるお茶は好都合なのですが、ここでいかに準備時間を短くして手際良く、“美しく”お茶を淹れるか!が問われます。
めずらしく前日から用具のチョイスや試作など「実験室」モードになったまーしゃ。粉がダマに成るのを避けるにはなるべく細かい目の茶こしで漉しつつ、かき混ぜて〜という手順がよさそう。目がこまかくて、しかも分量の水を入れたときに粉が水に混ざる深さの茶こしのついている急須を用意。以前“沼”と言われた際に購入したマドラーを使って淹れてみます。抹茶糖10グラムに100ミリリットル程度の水。。。少なすぎやしないか?とおもいつつ淹れてみると、案外濃いのでこのくらいの分量で2人分いけそうです。よし!あとは“美しく”さりげなく、手早くまぜて淹れるのだ!!
ドキドキしつつ、今回最初のゲストは、ASHIGARAアートプロジェクトという地域をアートでつなごう♪という企画のお知らせにいらしたかたでした。なんと!このブログも読んでいてくださったそうです!(ありがとうございます♪)お土産に沖縄の本格的な黒糖をいただいちゃいました(ウレシイ!)「甘いの好きなんです」と笑顔で一服。あーよかった!!
で、続くゲストは、いつもお世話になっている清閑亭のスタッフさん。今週末の「足柄茶・極上の水出し茶」(まーしゃプロデュースのお茶です!)の限定メニューなど、プチ避暑地気分を味わえる清閑亭のカフェの話題を始め、初秋にかけての催しをいろいろ紹介していただきました。
そんなこんなしながら突入した「まーしゃ‘S Café」のコーナー。
「濃い!ですが、甘みがしつこくなくていいですね。香りもほんのりで。。。」とスタッフくん。確かに和三盆の甘みって上品でスッキリしていていいかも?
で、「かりんと日和」です。以前にもこの「かりんと日和」の梅のフレーバーをお茶請けにしたことがありましたが、今回は「番茶」フレーバーです。ハート型にちっちゃなかわいいかりんとう♪「歯ごたえがありますね。あ、後味が番茶ですよ。香ばしい感じです」とぼりぼりといい音させながらスタッフくんがコメントしてくれました。そうなんです。歯ごたえがあるんです。でも噛めば噛むほどじんわりと甘みがひろがる感じです。「今日は、甘い取り合わせでしたね」とスタッフくんきっちりまとめてくれちゃった!桜の香り、和三盆の甘み、じんわりとひろがる番茶の風味と優しい甘さ。。。抹茶糖とかりんと日和♪なかなかいい感じです。
さて、そろそろ炭酸アレンジをなんとかせねば!(夏休みの宿題を先延ばしにしている気分〜)
次回は9月に突入だけどどんな展開にしようかな?

|

« 清閑亭カフェメニューに“期間限定”「足柄茶・極上」水出し茶が登場! | トップページ | 清閑亭カフェで“期間限定”「足柄茶・極上」水出し茶! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清閑亭カフェメニューに“期間限定”「足柄茶・極上」水出し茶が登場! | トップページ | 清閑亭カフェで“期間限定”「足柄茶・極上」水出し茶! »