« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

「チョコミントほうじ茶(おちゃらか)」&「国産十二穀粉のクッキー」

2011092918100000


2011092914320000


2011092912350000

温かいお茶シーズン再開2回目は、夏休みのお出かけで吉祥寺に立ち寄った際に買い求めた「チョコミントほうじ茶」。フランス・リヨン出身でソムリエの資格を持つステファン・ダントンさんがプロデュースした「おちゃらか」という日本茶のお店でみつけたほうじ茶フレーバーのお茶です。”ミントをブレンドしたほうじ茶をチョコレートの香りで包んだ逸品“と聞いて思わず購入してきたもの。水出しの季節がおわって、やっと登場と相成りました。
そして、お茶請けはクッキー♪でも、チョコミントの風味をきちんと味わえるやさしいテイストのものがあればなぁ。。。と、探していたら「国産十二穀粉のクッキー」ココア味というのがありました。しかも、このクッキー、サブタイトル(?)に「雑穀エキスパート五ツ星お米マイスター渋谷梨絵オリジナルブレンド」と銘打ってあり、さらに、パッケージには、“国産小麦粉を100%使用し、国産12穀粉を練り込み、サクッと風味よくココア風味に焼き上げました。”とあります。こんな本格派ならマチガイなし!でしょう!!
さて、スタジオ入りを前に茶葉を計量していると、ほうじ茶の茶葉に混じってなにやら銀色の小さな粒が。。。!さらに目を凝らすと濃い青色の花びら(?)も入っているではないですか!?
パッケージの原材料表示には、アラザン、コーンフラワーといった文字が見えます。なかなか斬新なブレンドですね。
さて、1週間のブランクで登場したスタッフくん、このフシギ?!なフレーバーをどのように味わうんでしょ?
「見た目は普通のほうじ茶ですが、あ?なんだか銀色の粉がキラキラしています!で、底に沈んだものが金粉みたいでキレイですね」とお茶をみるなりスタッフくんがオドロキの声を。。。茶葉に混ぜた“アラザン”の銀色がこんなふうにお茶の中で舞うんでしょうね!お菓子などに使う素材をお茶の葉とブレンドするって発想、ステキです!「あ、チョコとミントの香りです!でも、ほうじ茶なんですよね」と、ほうじ茶なのに見事にチョコミントの香味をまとったテイストには、スタッフくんならずとも表情が緩みます。
そして、十二穀粉のクッキー♪「優しい味ですね。米粉の食感。。。わかる気がします。いいですねこういうおだやかな感じって!」以前に米粉のクッキーを紹介したときの食感を覚えている?のかスタッフくんは細部にまでセンサーが働くみたいです。(ある意味これもスゴい!)
まーしゃもいただいてみましたが、ちょっと固め、でも口のなかでほっと解けて行く感じがなかなかやさしい、身体に良さそうな甘さのクッキーです。
秋空の下でピクニックしながらいただきたいお茶とクッキーです。
この「チョコミントほうじ茶」ミルクで煮出していただいても美味しいそうです。(気になる〜!)
さて、次回は???これほどのインパクトを持つお茶の次はどうするか?悩みます〜(汗)


| | コメント (0)

「足柄仕立て(徳用)」&「切り芋」

2011092218140000

暑さ寒さも彼岸まで。。。ですよ。ですが!台風一過で今日は暑い!
しかーし、そろそろお湯で淹れたお茶に切り替える時期かな?やっぱりお彼岸の“おはぎ”はあったかいお茶と一緒にいただくと美味しい!
が、今日のお茶請けは“おはぎ”じゃないんです(ザンネン?)!ほっくりと秋のテイストを。。。と思ってさがしていたら「切り芋」というお菓子がみつかりました。なつかしいニッキ風味のおいも(焼き芋だそうです)を形どった和菓子。うーん♪食欲の秋の代名詞“おいも”♪♪
で、お茶ですが、このところしばらく水出しに専念していたので、お湯で普通(!)に淹れるのは久々。。。ここは”カン“を取り戻す意味でもオーソドックスなタイプのお茶を!ということで、今月初めに発売になった「足柄仕立て」を淹れてみることにしました。しかも今日は「徳用」のほうです。高いお茶を美味しく淹れるのはきちんと手順をまもればさほど難しくはない(言っちゃったよ!今日は大きくでちゃったねー!!)のですが、リーズナブルなお値段のお茶をいかに美味しく淹れるか?というところに力量がでるわけでして。。。(ホントウか?!)今回はあえてハードルをあげて「徳用」を淹れることにしました。
さて、やってきたお茶の時間!なんと!今日はいつものスタッフくんが収録中のため欠席!!
じゃあ!と、いろんなかたにお声をかけてみるもののことごとくスケジュールがあわず。。。おなじ味見つながり(?)で日曜朝のアプリコットラボのN助手にご登場願うことに。。。
ところが、N助手登場早々からアクシデント続出!
まず、水出しに慣れちゃったまーしゃは、茶葉の計量はしたものの、ポットにお湯をいれておくのを忘れ!さらに、急須をスタンバイしておくのも忘れ!!わらわらと急須にお湯を注いでいる間にコーナーが始まる時間になり。。。コーナーの前フリをしながらお茶を淹れるという展開に!もしかして、この失態はアプリコットラボに筒抜けに???「いや、そんなことないですよ!アプリコットラポでは先日、放送中に電子レンジまで走った!という事態も発生しています」とN助手。やっぱり生放送はいろいろある!(安心)
そんなこんなで「お茶の抽出時間がぐだぐだになっちゃったんで、ひょっとして渋いかも?」とおそるおそるお茶を出すまーしゃ。(調子にのってハードルあげちゃったりするから。。。)
「あ、甘みがありますよ」とN助手。「でも少々渋みもでちゃいましたね」とヒヤアセのまーしゃに「や、その渋みでかえって輪郭がはっきりしたんじゃないですかね」とN助手ナイスフォロー!でも「徳用」にして、(かなりえーかげんに淹れちゃったのにもかかわらず)この甘み・旨みは。。。恐るべし「足柄仕立て」。さすが!神奈川県農協茶業センターの匠のワザです!!
そして、お菓子。焼き芋をイメージしてあるという「切り芋」。見るなりN助手は「これって食パンに似てませんか?」「はぁ?」「周りが茶色で中が白くて。。。食パンですよね?」
「はぁ。。。たしかに、スライスする前の1斤の食パンを144分の1(爆)にスケールダウンした?」「そうそう!ガンプラじゃないですけど、1斤まるごとちっちゃくしたみたいじゃないですか!」N助手楽しそうに語ります。アプリコット教授に鍛えられているとみえて感性もなかなか豊か!?で、味は?「これ、ニッキの香りですか?白あんのほくほく感にどこかサクサクした感じもしておいしいです!あったかいお茶にあいます!」と、そんなこんなでコーナー進行中、スタジオのドアが。。。なんと、そこには音楽番組担当のカルロス氏!スタッフくんが欠席と判明してすぐ、まーしゃが声をかけたのをちゃんと覚えていて用事が済んでから駆けつけてくださったのでした!(ありがたい)そして、カルロス氏も加わりオススメコンサート情報なども交えつつの「まーしゃ’S Café」あったかいお茶シーズン初日は、コーナー史上初のばったばた!な展開となりました(大汗)
さて、次回はもうちょっとすんなりとあったかいお茶を淹れていきましょうね!


| | コメント (0)

「仙蔵じいさんの長寿茶(水出し)」&「八風畑純黒糖」

2011091510460001


2011091510460000

9月も折り返し!敬老の日も近いというのに、残暑が続きますね。今回あたりから温かいお茶にしようと思ったものの、この暑さじゃ。。。ねぇ。ということで、今回も水出しです。
敬老の日ということでお茶はもちろん、お茶うけも“滋養”のありそうなものを。。。と、いろいろ探してみたのですが、そういえば!!先日足柄アートプロジェクトのお知らせにいらしたゲストさんが差し入れにくださった“滋養”がありそうな黒糖がありました!お菓子というよりは、素材そのもの!という感じですが、「八風畑純黒糖」という名前からしてなんだか“チカラ”がありそうでしょ?
福岡・八女の栗原製茶の創始者・仙蔵じいさんの「長寿茶」は、樹齢150年にもなるという茶樹(お茶の樹の経済的寿命は通常30年〜50年といわれます)から摘んだお茶。健康と長寿を願う(敬老の日にぴったりです!)このお茶にも、なんだかすごい“チカラ”がありそうです。
1リットルの水に15グラムの茶葉というごく標準的な分量で淹れた「長寿茶」。水色はきれいな薄緑色です。
「ほー。。。苦みも渋みも感じないすっきりまろやかなお茶ですね」とスタッフくん。歳を重ねると人柄に丸みがでてくるように、お茶も歳を重ねると角が取れたまるーい風味になるんでしょうか。おじいちゃんのやさしーい笑顔のようなお茶。お湯で淹れてもきっとやさしいんだろうな!(お湯でも淹れてみよう!)
さて、お茶うけ「八風畑純黒糖」。「これは見るからに濃そうですね」とスタッフくん。色も濃く、密度も濃そうなサイコロほどの塊は存在感たっぷり。口にふくむとサクサクと崩れてコクのある甘みが広がります。ぽりぽりと噛み締めながらスタッフくん「あ!この濃さ!このお茶のやわらかさがよく合います!」素材そのものの純粋さと歳を重ねたしなやかさがきっとうまく調和したんですね!
番組で紹介しながら気になりだして止まらなくなっちゃったのは、この「八風畑」という名称を音声だけで聴くと、某検索サイトのロゴが目にうかんじゃう!(笑)こと!これって私だけじゃない。。。ですよね??
次回はもう秋のお彼岸ですね。そろそろ残暑も一段落してくれるといいんだけど。。。ラインナップは気温と相談しながら!かな?

| | コメント (0)

「足柄仕立てのレモネードソーダ風」&「塩キャラメルくるみ」

2011090818090000

子どもたちの夏休みもおわり、そろそろいつもの生活ペースが戻ってきた!と思ったら暦の上では「白露」ですよ!朝夕もめっきり涼しくなり、空の雲もそれとなく秋の風情を醸し出しています。夏の忘れ物!“炭酸ブレンド”をなんとかせねば。。。と、アセリの色も濃くなってきた先週、ブログにいただいたコメントから「紅茶の炭酸での水出し」というのがあるらしい?!ことを聞きかじったまーしゃは、無謀にも日本茶を水ではなく炭酸で抽出する「炭酸出し」にトライ!いろいろと試行錯誤を重ねた結果昨夜になってようやく“コレか?!”というものが!!
題して「足柄仕立てのレモネードソーダ風」!
前回ご紹介した「足柄仕立て」(足柄仕立てについては前回のブログを参照してね!)にレモンピールをブレンド。それを炭酸水で水出し(もとい炭酸出し)して、お好みで蜂蜜を加えていただく!というもの。
ただし!水出しと違って長時間抽出すると炭酸の気が抜けちゃうので、抽出は15分くらいで!
(紅茶の炭酸での水出しって正しくはどうやって抽出するんだろう?←ネットで調べると結構みなさん試してらっしゃるようですね。ただ、やはり“水”としての硬度とか、成分とかが抽出に向くか?というところで疑問も???)ほんとーにコレでよかったんだろうか?という若干の疑問ものこしつつ、お茶の時間!
今日のお茶請けは「塩キャラメルくるみ」を合わせてみました。
「ついに、お茶じゃないモノでてきちゃいましたか。。。」と(プラスチックではありますが)カクテルグラスに注いだお茶を前にスタッフくん。たしかに、ぷくぷくと気泡があがる金色の液体はお茶にはみえませんな。。。
「ん?んん?うーん」ビミョーなスタッフくんの表情に、早くも「やっちまった!」を実感するまーしゃ(汗)「うーん、なんていうか?はっきりいっちゃうとー、お茶と、炭酸と、レモンと蜂蜜の味がまとまってない感じなんですよー」は、はぁ。「うーん、まーしゃ‘S Café始まって以来の“うーん”かもしれない」ひゃー!ソコまで???「これ、甘みを蜂蜜じゃなくてサイダーでつけたらどうです?」と提案その1、さらに、一緒にお味見をしていたミキサー氏からも「ジンジャーとかと合わせたらどうでしょうね?」と提案その2。たしかに、このレモンテイストは、先日某ハンバーガーショップで蜂蜜漬けのレモンをつかったジンジャーエールを飲んでヒントを得たのだけど。。。試作段階でほうじ茶としょうが粉末と炭酸を合わせたら“うーん”な結果だったのよね(緑茶ならどうなんでしょ?気になりますね)。。。このほかにも抹茶を炭酸で溶いたり、“塩サイダー”と水出し茶をブレンドしたり。。。といろいろためしたんだけどねぇ。なかなか新製品(いつから商品開発になっちゃったのー!)の開発はむずかしいもので。。。
ただ、個人的には、“炭酸出し”という異例の淹れ方でもやはり「足柄仕立て」の実力はホンモノ!お茶の香りが活きている感じで、(いろいろな産地の茶葉でためして見ましたが)さすが!足柄!!と、仕立ての良さを実感。
さてさて、お茶請けは?というと、これは「合格」だったようで。。。「かりっ」と美味しい音がスタジオに響きました。
まーしゃのこの夏の“自由研究”は、また来シーズンあたりリベンジか?という結果(あれだけ引っ張った挙げ句に?!)でしたが、明日は重陽の節句。来週始めは十五夜、その1週間後は敬老の日、そして、お彼岸。。。と秋のイベントが続きます。そろそろお茶も秋仕様にしよう(ダジャレではありませんっ!)と思う今日この頃です。


| | コメント (0)

「足柄仕立て・水出し」&「米粉クッキー」

2011090117590000


2011090114160000


2011090113390000

炭酸ブレンドの冷たいお茶(!)が日の目をみないまま、9月に突入。。。いやいやホントウは今回炭酸入り。。。にトライしようと思って実験中だったのよ(て、まだ成功してないけど)!
が、先日お買い物たのまれて「朝ドレふぁーみ」(地元の農産物直売のおみせ)に行ったら、なんと!「足柄仕立て」9月1日販売開始!というポスターが目に飛び込んできちゃったのね。
この3月の東日本大震災以来、いろいろあった中で、足柄茶の新茶の茶葉から基準値を超える放射性物質が検出され、出荷ができなくなってしまったというニュースは驚きとショックでまさに激震!でした。その足柄のお茶の中でも放射性物質が基準値を下回った秦野市産と開成町産の茶葉を使用し、鹿児島産の浅蒸し茶とブレンドした「足柄仕立て」がいよいよ発売されるというんです♪これはもうさっそく販売初日に番組で淹れてみるっきゃないでしょう!
この「足柄仕立て」商品展開としては、100グラム入りと徳用200グラム入り、それに返礼品用と3種類があるそうです。100グラム840円のものは一番茶がベース、徳用200グラム735円のものは二番茶がベースになっているということですが、ブレンドの割合は、足柄茶が20パーセント、鹿児島産の浅蒸し茶が80パーセントとなっていて、足柄茶に近い味わいに仕上がっているそうです。
9月にはいったといっても蒸し暑さが続いているので今回も水出しで淹れていきます。
合わせるお茶請けは「米粉クッキー」!こちらも「朝ドレふぁーみ」でみつけた手作りスイーツです♪
さて、今回は「まーしゃ’S Café」までの道のりが長かった!なんといってもビックなゲストに某有名FM局との中継トークなど、キンチョーの連続。。。お茶紹介の時間にたどりつくまでにまーしゃはへろへろになっていたのでした。
そしてやってきた「まーしゃ’S Café」ここでも、お茶の紹介の前フリが長くなって(だって、待ちに待ってた“足柄仕立て”ですから!)しまい、なかなかスタッフくんを紹介できず〜(汗)
のどカラカラ。。。それもあってかこの水出し茶がおいしいこと!「足柄茶は2割ほどなんですよね?今までいただいていた足柄茶となんらかわらない感じですよ」とスタッフくん。(さすが“足柄仕立て”!)「何も言わずに出されたら足柄茶だとおもいますよ!」と太鼓判です。
さて、お菓子は???「クッキーと卵ボーロの中間みたいな食感ですね。甘すぎず優しい感じで、食べやすい大きさです。なにより食べたあと歯にくっつかないのが気に入りました!」だそうで。最近注目の米粉スイーツ。小麦粉生地とはまた違った食感は、独自のファンを獲得しそうな?予感がします。
先日、南足柄市産の三番茶が基準値を下回り出荷制限が解除された、というニュースもあり明るい兆しの見え始めた足柄茶。なんとかこの季節を耐え抜いて!と願わずにはいられません。「足柄茶」完全復活まで「足柄仕立て」を淹れつつ、楽しみに待っています。
さて、そろそろ引っ張りに引っ張った炭酸ブレンドをなんとかせねば。。。次回はどうなる?

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »