« 「ほうじ茶穀物ブレンド」&「生姜 紅茶 大豆」 | トップページ | 「新春大福ほうじ茶」&「養老梅」 »

新年あけましておめでとうございます!「大福茶」で祝うお正月

2012010106590000


2012010113070000


2012010113490000


2012年がスタートしました。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新年のスタートは吉例「大福茶」から。元日から特別番組放送中のスタジオにお邪魔して淹れてます!が、今年はそのスタジオにたどり着くまでが長かった!なんど!十年ぶりくらい?で初日の出を見る会に行ってきたんです。「小田原城から初日の出を見る会」その名のとおり小田原城の天守閣の最上階から、かつての小田原城主を同じ目線で相模湾から昇る朝日を眺めようというイベントです。天気予報では曇り?かも?ということでしたが、水平線の少し上の雲から昇る朝日を見る事ができました。元日の朝のすがすがしい空気と広い空。眼下に広がる小田原の街と海。その中で迎えた初日の出は格別♪でした。今年はよい年になりそうです。
そして、ほとんど寝ずにお雑煮をいただき、福袋を購入し、新春の特別番組「New Year Garden」元日のスタジオにお邪魔したのでした。(今年も新春から充実だわ〜)
年末年始の特別編成になると、普段はあまりお会いできないパーソナリティーさんともお話しができたり、いつもと違う時間にスタジオにはいったり。。。という非日常感が楽しい♪のですが、今年も元日もスタジオでご一緒するのは初めてのパーソナリティーさん。「大福茶」をとても新鮮!なまなざしで楽しんでいただきました。
今年も新年三が日に淹れる「大福茶」は京都・竹村玉翠園さんからのお取り寄せです。結び昆布、小梅干しとともにいただくお煎茶。見た目もおめでたく、いただいても縁起が良さそう♪です。
文字だけみていると「だいふくちゃ」と読んでしまいそうですが、正しくは「おおぶくちゃ」と読みます。天皇さまが服したところから「王服」とも、元日に重ねて何度もいただくことから「大服」ともいわれ縁起の良いことを願って「大福」の文字を使うようになったということですよ。紐解くといろいろ興味深いエピソードがあるお茶です。
そして、1月3日、今年は新春特番の最終日をまーしゃが担当。この日もいつものようにお茶道具のバスケットを下げてのスタジオ入り!ゲストにいらしたかたや、ミキサー担当のスタッフくんと一緒に「大福茶」をいただきます。
合わせるお菓子は「おちょぼ」和三盆のかわいい紅白のお菓子です。ちょうどお茶にいれる梅干しと同じくらいの大きさ♪
「見た目ポケモンのモンスターボールみたいですね」と新春イチバンのスゴい例えでコメントしはじめたスタッフくん、今年も年明け早々なかなか冴えてます。そして、お茶は「昆布のお出汁と梅の酸味がなかなかのバランスですね」だそうで。。。確かに淹れてから時間がたつにつれて結び昆布が柔らかくなって出汁がでてくる感じです。でも、お茶自体もお正月ということでけっこうグレードが高いんですよね。梅、昆布をいれずにお茶だけ淹れてみるとよくわかるのですが、お正月ならではの上質な心遣いが随所に活きています。
ゆっくりと上質なお茶を淹れてゆったりと過ごすお正月。日本人ならではのステキなひとときですね♪
そうそう、毎年恒例のまーしゃのお年賀!今年はおみくじ付きのポチ福袋に干支のチョコをちょこっといれてお配りしています。(先着20名さままで!)
さて、明日はいよいよ仕事始め!通常の毎日に戻る方も多いことでしょう。「まーしゃ‘S Café」では、もうしばらくお正月気分でお茶を淹れて行きます。次回は5日木曜日にほっこり♪とお届けしますね!

|

« 「ほうじ茶穀物ブレンド」&「生姜 紅茶 大豆」 | トップページ | 「新春大福ほうじ茶」&「養老梅」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ほうじ茶穀物ブレンド」&「生姜 紅茶 大豆」 | トップページ | 「新春大福ほうじ茶」&「養老梅」 »