« 新年あけましておめでとうございます!「大福茶」で祝うお正月 | トップページ | 「深蒸し千金の緑」&「甘納豆 お多福」 »

「新春大福ほうじ茶」&「養老梅」

2012010518120000


2012010513120000


2012010513100000

新年最初のGood Day!今年はすでに新春特番で新年のご挨拶をしていますが、やはり、番組としての年の初めは「大福茶」じゃなきゃ!ということで、今回ちょっと珍しい「大福ほうじ茶」を用意しました。宇治田原製茶場さんのお茶です。昨年もこのお店の「大福茶」をご紹介しましたが、こちらの「大福茶」なんといってもパーツ(?)が多い!豪華な感じがひとしおです。
通常の結び昆布と梅に加えて粉末の「昆布茶」もついています。
さて、お菓子。。。まだ松の内だし、「大福茶」のお茶うけなのでお正月らしいのがいいな。。。とおもっていたら、小田原の梅干しの老舗でこんなお菓子をみつけました「養老梅」。名前といい、見た目といい、お目出度い雅な感じじゃないですか!
しかしっ!コーナーが始まってみれば「その明太子まぶしたイカソーメンみたいのはナンですか?」とツッコミが入り、雅な〜雰囲気どころではナイ状況でお菓子とお茶の説明をすることに。。。が、お茶を淹れてみれば「ほうじ茶が昆布の旨みととろみですっごくまろやかになってます!ほうじ茶の香ばしい香りはそのままなのにフシギです!!」とスタッフくんオドロキの表情に!(でしょ?)「なんというか極端な例えなんですが、昆布出汁の餡がかかったおかゆというか、昆布茶漬けというか?って感じのお茶です。梅の酸味も効いてるし」だそうで。。。やはり粉末の昆布茶が加わった事で旨みとろみは格段に進化するわけですね。
で、明太子だとか、イカソーメンだとか、お節の中に入ってる珍味だとか?サンザンないわれようの「養老梅」です。「あ、梅だ!」(梅ですよ!)「これ、なんの予備知識もなく口にいれると酸味があるんでびっくりします」(イカだと思って口にいれると特に?かね?)「でも、表面のあられみたいがパフパフした衣と梅のさわやかな酸味と生地のほのかな甘みがいいバランスです」(なんとか着地しました〜)大福茶の梅の酸味と養老梅の酸味がうまい具合に調和するってところでしょうか?
お茶紹介のあとのトーク中もなんだかんだいいながらスタジオのスタッフ一同「養老梅」をぼちぼちつまんでいたところを見ると結構イケるテイストなんですよね?
さて、次回はどんな展開で新年を寿ぎましょうか?


|

« 新年あけましておめでとうございます!「大福茶」で祝うお正月 | トップページ | 「深蒸し千金の緑」&「甘納豆 お多福」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年あけましておめでとうございます!「大福茶」で祝うお正月 | トップページ | 「深蒸し千金の緑」&「甘納豆 お多福」 »