« 「足柄仕立て&レモンピール&レモンバーベナ」&「抹茶ちょこし」 | トップページ | 「春待ち煎茶」&「栗羊羹」 »

「特撰焙じ茶&生姜」&「ホームパイ かりんと風味」

2012021614060000


2012021614070000


2012021618330000


小雪が舞いましたね。(こういうことをいいながら、女優の小雪さんが日本舞踊を舞っている映像が脳内を駆け巡っちゃう私は疲れているんでしょうか?笑)
さて、そんな寒い日には温まるお茶です。最近、焙じ茶に生姜という組み合わせがぽかぽかと身体をあたためてくれる♪という話しを聞いて、「やってみよう♪」と思っていたのですが、モンダイは焙じ茶と生姜のブレンド比率です。ふる〜くからこのブログを読んでくださっている皆さんはご存知かも?ですが、まーしゃ’S Café 生姜を巡る話題には事欠かないワケでして。。。(熟練のスタッフくんをも「コレ放送ヅラじゃ言えませんが“失敗”です」と言わしめた前科もございます)今回も、実験に実験を重ねて〜。。。と前日からキッチンにこもっていたまーしゃなのですが、試作の途中、買いためてあるお茶のストックをチェックしていたら、「なーんだ!プレンド済みのお茶買ってあったんじゃーん!!」と、(変わり身早っ!)そそくさと実験を切り上げたのでした。
狭山・宮野園さんの「特撰焙じ茶&生姜」。ティーバックになっています。
そして、お茶うけは、「ホームパイ かりんと風味」。そう、“あの”ホームパイです。黒糖の風味を生かしたかりんと風味というので登場となりました。だって、生姜と黒糖って相性よさそうじゃない?
さっそく、お茶を淹れていきます。前回スタッフくんの「ノムダケジャー」発言がとってもツボにはまってしまったまーしゃは、今回もまたその話題からトークを初めてしまったのでした。なんと!今回は更にパワーアップ!「緑茶戦隊ノムダケジャーです!」なーんてスタッフくんが名乗ってしまうじゃないですか!?もう必笑です!(いつからコントのコーナーになったん?)もう、来週からずっとこのネーミング使う〜!!
さて、お茶淹れていきますね。パッケージを開けると、生姜が香ります。ティーバックを取り出すと、なにやら白いパウダーふわっと舞います(生姜の粉末のようですね)。お湯を注ぐと。。。まずは生姜が浸出されるのか、水色が白っぽくなります。その後、少しずつ焙じ茶の色が出てきて、お客様に出す頃に焙じ茶らしくなる感じです。「あ、キツ〜い!生姜濃いですね。ここまでの濃度で生姜をいれてあるお茶って初めてです。でも、このくらい生姜が効いていると、間違いなく温まりますね」と、ノムダケジャーも驚く濃度です。それに、かりんと風味のホームパイです。「あ、ホントにカリントウ味だ!でも、しつこくないので、濃い〜味のお茶に合いますよ!」(やったぁ!)今日も必殺技キマッタね(笑)
シメは「お茶JAZZ」♪お茶を知り尽くした茶業センターの営業担当さんが「今日は”王道はずし“でしょう!?」とセレクトしてくれた曲は、Richard Groove Holmes「GROOVING WITH MR G」でした。
お茶もJAZZもいろんな表情がありますね!
さて、次回はどんな展開に???

|

« 「足柄仕立て&レモンピール&レモンバーベナ」&「抹茶ちょこし」 | トップページ | 「春待ち煎茶」&「栗羊羹」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「足柄仕立て&レモンピール&レモンバーベナ」&「抹茶ちょこし」 | トップページ | 「春待ち煎茶」&「栗羊羹」 »