« 「特撰焙じ茶&生姜」&「ホームパイ かりんと風味」 | トップページ | 「星野降る村で育った特上煎茶(中蒸し煎茶)」&「和賀江島」 »

「春待ち煎茶」&「栗羊羹」

2012022318260000


2012022120060000


「雨水」も過ぎて、清閑亭や瀬戸屋敷など小田原・足柄の雛スポット(なんつう呼び方!?)も盛況ですね。冷たい風の中にほんのり梅の香りが漂ってきたり。。。少しずつ春の気配が濃くなってくるのは嬉しいものです。
そんな折、これまでも時々番組にお茶やお菓子を送ってくださる相模原のお茶やさん「おの寺園」さんからメールをいただきました。なんでもこの度“行列のできる”お菓子屋さんの羊羹を扱う事になったそうで(♪)「お茶と一緒に送るので味を見てみて!」とのこと。わぁーい!
届いたお茶は「春待ち煎茶」というこれまた春らし〜いパッケージに包まれた限定茶。鹿児島産の「あさつゆ」という品種のお茶です。(最近鹿児島産のお茶がブレンドされている「足柄仕立て」を淹れる機会が多いので鹿児島ときくとスゴく身近に感じます)天然玉露とも呼ばれるほどの甘み・旨みの濃いお茶。どんな風に仕立てられているのか?楽しみです♪
そして、“行列のできる”羊羹ですよ!!今回はいろいろあるフレーバー(?)の中から「栗ようかん」を送っていただきました。「栗と小豆の存在感、重量感をぜひ味わって!」ということなので、堪能したいと思います!(キッパリ!)
某ネコ型ロボットのポケットとも家財道具一式詰めたともいわれている番組用お茶バスケットから久々にマナイタとナイフを取り出し(そんなアイテム常備してたのか?!)羊羹を切り分ける準備をしつつ、「まーしゃ’S Café」のコーナーが始まりました。今回はもうマエフリで「一緒に一服してくれるのは、“緑茶戦隊ノムダケジャー”。。。」とスタッフくんを紹介しちゃうもんねー!(次回あたりから登場用のSEとかできてたりして?!)
さて、そんなテンション高め(↑)のまーしゃをマエに若干はにかみつつ登場したスタッフくん。「まず、お茶いただいてみますね」と至って冷静。が、次の瞬間「甘い!これビックリです。スゴいまろやかで甘いです」と、イッキに変身(ノムダケジャーの変身アイテムは“お茶”か?!)「じゃ、羊羹いただきます!」とそのまま羊羹へ。「栗がスゴいです。周囲のあんこは甘さ控えめなんですが、栗の味と栗そのものの甘さがゼツミョーです。後味もスッキリしていて、これはやっぱり行列級です!」ここまでテンションMAXになったノムダケジャーは登場以来初めてかも?「それにこのお茶!カンペキな組み合わせです!!」(おの寺園さんの必殺ワザにかかっちゃったワケね。ノムダケジャー。。。)恐れ入りました。
で、お茶JAZZです。茶業センターの担当さん(なんかキャラ設定しましょうか?)今回は、「あさつゆ」という品種からイメージをふくらませて曲を選んでくれました。品種名をきいてイメージできるって茶業関係者ならでは?かなぁ。(お茶もひとつのコトバなのかも?!)
その曲、ケニー・バレルの「K−Twist」を聞きながら、羊羹の断面いっぱいに詰まった栗の甘味とお茶の甘味で春待つひとときをすごしましょう。(テンションが上がりきった花より団子派のまーしゃ’S Caféの面々はこの曲をききながら少〜しクールダウン♪)今回はおの寺園さんありがとうございます!
さて、次回はもう3月!雛まつりの雅なひとときか?はたまたにぎやかにガールズパーティーか?ご期待ください〜♪

|

« 「特撰焙じ茶&生姜」&「ホームパイ かりんと風味」 | トップページ | 「星野降る村で育った特上煎茶(中蒸し煎茶)」&「和賀江島」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「特撰焙じ茶&生姜」&「ホームパイ かりんと風味」 | トップページ | 「星野降る村で育った特上煎茶(中蒸し煎茶)」&「和賀江島」 »