« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

「ごぼう焙じ茶」&「桜だより」

2012032918110000


2012032913120000

桜の開花が待たれる今日この頃。。。とは言っても、早咲きの桜なのか?いろいろなところでピンクの花をみかけるようになりました。春ですね〜!しかーし!!今回の「まーしゃ’S Café」はピンクじゃない!んです。お茶もお菓子も。。。やっぱりモノゴトは根っこが大事よ!というわけかどうかは???ですが、最近にわかに「ごぼう」に注目があつまっているらしい?!ときいてこんなお茶を取り寄せてみました。その名も「ごぼう焙じ茶」。しかし、桜の開花が待ち遠しい季節♪お菓子は”ごぼう“ではなく、”桜“。先日の「足柄アートフェスティバル」の会場で見つけた「桜だより」という桜の花びらをモチーフにした焼き菓子を合わせることにしました。(でも、これも色は茶色。。。)
パッケージを開けたとたんにふわっとごぼうが香る「ごぼう焙じ茶」。いったいどんだけ“ごぼう”なんだろう?と準備をしていると、スタジオの外に懐かしい(?)顔が。。。「あら、ぼうずさん!」なーんと、最近ずーっと旅の空だとおもっていた(寅さんか?!)ぼうずさんこと書画家の田中太山先生(!)が収録準備をしているじゃないですか!(以前は毎週番組でお茶を飲んでいただいていたんですよ!)「久々にお茶どうですか?」とまーしゃが声をかけるよりも早く「番組出ていい?」とぼうずさん。もっちろん!!
そんなわけで、今回はこれから収録というぼうずさんと、ぼうずさんの番組「田中太山の三十分。」に出演しているyukkiyさんが登場!となりました。
「あー!ほんとに“ごぼう”だぁ!」「これホントに“ごぼう”です!」と一口いただいたとたんにテンション↑up!しちゃった一同。(一応、ごぼうだけじゃなくて焙じ茶もブレンドされています)ま、ホンモノのごぼうが使われているので当然と言えば当然なのですが、リアルにごぼうの風味が効いているんですね。このインパクトはなかなかです。で、そのごぼうにもってかれちゃうか?!と思われた「桜だより」ですが。。。「これ、美味しい!どこで売ってるの?」とまずはぼうずさんが興味を示し。。。「ナッツの香りがごぼうのお茶にもよく合います」とyukkiyさんに見事なコメントでまとめていただいちゃったのでした。スバらしい!!yukkiyさん「ノムダケピンク」に任命しちゃう!!(まだ「緑茶戦隊ノムダケジャー」ひっぱります!)yukkiyさんのセーターの色といい、CDのジャケット(yukkiyさんCDだしてます)といい、キレイなピンクなので、もう本当に「ノムダケピンク」です。(あら、今日は桜シリーズなのに茶色?!と思っていたらちゃんとピンクが登場したわ!!)さて、そんな(どんな?)展開でお送りした「まーしゃ’S Café」シメはぐっとオシャレに「お茶JAZZ」です。今回は、“ごぼう”に合わせたのか“桜”にあわせたのか?聞いてみてのお楽しみ♪ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」でまとめます。うーん、なかなかクール♪
しっかし、ひとたび妄想モードに入ってしまった「緑茶戦隊ノムダケジャー」構想は
コーナー後も止まらず。。。戦隊ヒーローよろしく各カラーそろえてみたくなったまーしゃは、いつものスタッフくんをはじめ、コーナーによく登場する方々をキャラごとカラーにあてはめてみてしまうワケで(実写化か?!)コーナーがあらぬ方向に展開しないことを祈るばかり(笑)。
次回あたりはそろそろ桜も満開でしょうか?桜シリーズ、次の展開もおたのしみに♪

| | コメント (0)

「桃の緑茶」&「フロスティドロップス・桜」

2012032218130000


2012032211230000


2012032112530000

桜の開花情報がニュースになる時期になりましたね。先日の「清閑亭ティーサロン」も「桜づくし」でお楽しみいただきましたので、そろそろ「まーしゃ’S Café」でも”桜シーズン“はじめましょう!!そこで、ふと暦を見てみると〜「旧暦の桃の節句」が近いんですね!!先日偶然通りかかったお茶屋さんの店頭で「桃の緑茶」なるフレーバーティーを見つけて思わず購入しちゃったまーしゃ。お節句すぎちゃっていつ使おう?と思っていたところに「旧暦・桃の節句」ですよ!!なので、今回は「桃」と「桜」のコラボです。
清閑亭ティーサロンでも好評だった「フロスティドロップス・桜」をあわせてみることにしました。紅白(ピンクと白ですが)のメレンゲ生地に桜の花びら(ホンモノ!)が一枚づつ貼ってある(もう少し優雅な表現はないものか?!)かわいいお菓子です。二色ならべて置くとお雛様のようにもみえますね!!
この「フロスティドロップス・桜」は、先日ご紹介した「金柑トリュフ」のお店(厚木の「Cafeあつめ木」さん)のオリジナル。いつもながら繊細な仕事に感動です!しかも、白はバニラ、ピンクは桜のフレーバー♪というからお味もたのしみです〜!
さて、いつものように「一緒に一服してくれるのは“緑茶戦隊ノムダケジャー”!」という前フリでコーナーをはじめてみれば。。。当のノムダケジャーはいたってクールに「その紹介気に入ったみたいですね。僕自身はそろそろさめてきましたが〜」だって(私だけ取り残さないでくださいよ〜!)。しかーし、桃の緑茶を入れ始めると様相一変。「いい香りです〜!」と身を乗り出してきましたよ〜「あ、美味しい!これ、某清涼飲料水の“桃の○○○”と同じような香りです!!苦みや渋みがなくてクセのないお茶にこの香り!よく合いますね!!」確かに、桃の香りとクセのない味で美味しい!しかも、後味が甘く残らないのがGood!です。「このお茶ペットボトル版だしてくれないかなぁ」と、ノムダケジャー相当気に入った模様。
そして、「フロスティドロップス・桜」これ、「スゴいですね。ホンモノの花びらですね!!」といいながらポリッと一口。「あ、花びらが香るのかほんのり桜の香りがします!」だって!あとで私もいただいてみましたが、白とピンクではお味も食感もビミョーに違う!!やはり両方セットでいただくのが正解かな?
そんな春の風味に包まれた今日のお茶JAZZは、ソニーロリンズの「エイジアテックレエズ」♪ 夜桜をイメージしての1曲だそうです。そういえば、松田山の早咲き桜ライトアップがキレイだそうですよ!ふんわりと春の夜風に吹かれに行くのも良さそうです。
いよいよ幕を開けた今年の桜シーズン♪桜といってもいろいろあるんだなあ?!と淡いピンクの花のいろいろを楽しみつつこの春もお茶を淹れていきましょうね!!


| | コメント (0)

清閑亭ティーサロン「桜づくしで楽しむ足柄仕立て」

2012031912230000_2


2012031911270000


2012031911260001


お知らせが遅くなりましたが、今月も小田原市南町の邸園交流館清閑亭でティーサロンを開催しています。
題して、

清閑亭ティーサロン「桜づくしで楽しむ足柄仕立て」
~「いぶき展」作品でいただくお菓子とお茶~

今回は、おなじみの「足柄仕立て」を、桜づくしのお菓子とともにお楽しみいただいています。
一煎めは、ぬるめの温度で「足柄仕立て」の旨み・甘味をじっくりと。二煎めは、やや高めの温度でさっと淹れたお茶に桜の花を浮かべて。。。
お菓子は、干菓子(和三盆「福桜」、錦玉羹「深山桜」の二種)、フロスティドロップス「桜」(バニラ、さくら、の二種)、桜だより(焼き菓子)の三種類から二種類をお選びいただいています。
そして、今回は特に器に注目!!なんです。
現在、清閑亭では、「第2回いぶき展」が行われています。小田原・箱根地域の木工業に携わる若者グループ「いぶき会」が創るさまざまな木製品が邸内いっぱいに展示されています。見ているだけでも素晴らしいのですが、やはり器は使ってみて初めて良さがわかります。今回のティーサロンでは、この「いぶき会」の作家さんの作品でお菓子をお出ししています。
寄木や桜のかたちの菓子盆は手にしっくりなじんで、お菓子をのせるととても絵になります♪
ぜひ、作家さんの器で桜のお菓子。。。うまみと甘味の一煎目と、桜の香りの二煎目のお茶とともに楽しんでくださいね。

■日 時:平成24年3月19日(月)←ゴメンナサイ終了しました。・3月21日(水)
各日とも11時~16時の間で随時開催

■会 場:小田原邸園交流館 清閑亭(小田原市南町1-5-73)

■参加費:500円(当日参加可)

■定 員:各日20名(先着順)

■主 催:NPO法人小田原まちづくり応援団

■問合せ:0465-22-2834(清閑亭)
◎「足柄仕立て」とは…
 神奈川県産と鹿児島県産(80%以上)の浅蒸し茶を選定し、足柄茶の
風合いでブレンドしたもの。安全が確認された茶葉のみを使用して
いますので、安心してご参加いただけます。

| | コメント (0)

「出雲国の山出し煎茶」&「おはぎ(こしあん)」

2012031514470000


2012031518150000
雛祭り、ホワイトデー、ときたら、次はお彼岸。お彼岸の入りにはちょっと間がありますが、今回は「おはぎ」(なんでお菓子先に決まる??)。そうだ!あのごっついでっかいおはぎ♪と、当地では知る人ぞ知る“あの”(普通サイズの3倍はありそうな)おはぎを妄想しつつお茶の準備を進めます。あんこに似合うお茶。しかもおはぎのような素朴なあんことお米のお菓子に似合うもの〜と、さがしていたら、ありました!「出雲国の山出し煎茶」。苗植えではなく実生植えで数十年から百年もの年月、しっかりと大地に根をはっている出雲地方の在来種のお茶。おはぎを囲んで、ご先祖さまに思いを馳せつつ、家族で語り合うようなお彼岸のひとときにぴったりです。
さて、まーしゃ’S Café初登場の「おはぎ」。生菓子なので、調達は当然、当日朝になります。勇んで目指す「ごっついでっかいおはぎ」のお店に行って見れば。。。シャッターが降りている。「ぇえ〜っ!」なーんとまさかの定休日!さずがに放送当日に買い物に行く事は稀なので、チェックしてなかったしー。ツメが甘かった(反省)
しかーし、気を取り直して次なるお店へ!!「おはぎ」を買うのは初めてだけど、豆大福やおだんごが美味しいお店。大きさは通常サイズだけど、美味しさは確かなはず!
というわけで、少々のアクシデントも乗り越えつつ、スタジオへ!
今回一緒に一服してくれるのは、久々の登場「緑茶戦隊ノムダケジャー」(いつものスタッフくんです。が、この紹介がイタについてしまいましたね!)。
まず、出雲の山出し煎茶を淹れていきます。パッケージには、80度くらいに冷ましたお湯で2分くらいで淹れるとあります。きれいな澄んだ山吹色のお茶です。
「あ、甘い!ふわっとお茶のいい香りもします」とノムダケジャー。火入れの香りなんでしょうか?お茶独特のいい香りが口から鼻にぬけていく感じです。「でも、しっかり苦渋い味もします」ホントに甘みと香りで始まって苦渋みで着地する、ってところでしょうか。いろんな要素がバランスよく配置されているなぁ!とオドロキます。
で、「おはぎ」。。。「これ、たべたらしばらくコメントできないですよ〜」といいながらノムダケジャーはもぐもぐ。(このもぐもぐタイムがラジオでは致命的なので、いままで重めのお菓子は避けてきたのだけれど、今日はどうしても「おはぎ」だったので〜)最近は、きな粉やゴマなどいろいろなフレーバーのおはぎがありますが、今回はオーソドックスなこしあんの「おはぎ」です。「あんこの甘味もちょうど良くておいしいですね」とようやくもぐもぐから脱出したノムダケジャー。どちらかというとお茶の後味の苦みと相性よさそうです。
そして、お茶JAZZ。今回はお彼岸ということで選曲してもらいました。今は亡きお父様へのリスペクトをこめて。ということで、ホレス・シルバーの「ソングフォーマイファーザー」。JAZZをききながらお茶とおはぎで語り合うお彼岸もいいかもしれません。
さて、お彼岸があけると次は桜?次回はどんな展開にしようかな?お楽しみに!!

| | コメント (0)

「足柄仕立て」&「金柑トリュフ(ホワイトデーバージョン)」

2012030818090000

先日雛祭りをお祝いしたと思ったら、もうホワイトデーの季節ですね!一昔前(いつのことだ?!)なら女子は“人事を尽くして天命を待つ”(?)心境で、三倍返しとも十倍返しともいわれたお返しを待つのみだった(って、それバブルの頃の話しでしょー?!)わけですが、最近は友チョコとか、同性同士でもチョコやスィーツが行き来するので、ホワイトデーに向けて準備をすすめているかたも多いのかも?
そんな折、とっておきのホワイトデースィーツを見つけちゃったのだ!厚木にある「Caféあつめ木」さんのオリジナルスィーツ「金柑トリュフ」。まーしゃが初めていただいたのは、バレンタインバージョンのものだったのですが、今回この「金柑トリュフ」のホワイトデーバージョンが登場する!というので早速取り寄せ♪
甘さ控えめでトロッととろける“金柑の丸煮”を、チョコレートでコーティングした「金柑トリュフ」。ホワイトデーバージョンは、ホワイトチョコとココナッツをコーティングしています。コレと、バレンタインのときにも登場したココアがけのチョコをまとったものがペアになっています♪
チョコのパリっと金柑のトロっがたまらない逸品です。
このスペシャルなスィーツをご紹介するべく(今日の主役はマチガイなくお菓子だわ!)合わせるお茶は、最近すっかり定番の「足柄仕立て」(今日は鹿児島産の普通蒸し8割に秦野産の一番茶2割ほどをブレンドした100グラム800円のほうです)。クセがなく旨み甘味のバランスが良いこのお茶は、アレンジのベースにしてもいいし、いろんなお菓子に合います。
このところの「足柄茶コンシェルジュ」のイベントでかなりの回数淹れている「足柄仕立て」(さっき数えてみたらこの2ヶ月ほどで500人以上のお客様に淹れてますな←自分でびっくり!)スタジオでも基本どおり一人分2グラム、70度のお湯で1分抽出で淹れていきます。
今回コーナーで一服していただくのは、2週連続での登場「山岳の高みから音楽の深みにハマる男」(音楽番組担当の)カルロス・マルコヴィッチ氏です。
まずは、「金柑トリュフ」から。。。「ほぉ。。。」しばし沈黙のうちにもぐもぐ。。。「これは、なかなかのものですね」(でしょー!)「オレンジピールをチョコでコーティングしたお菓子がありますが、これは金柑丸ごとなんですね!」とリッチな食感にオドロいた模様。外側のチョコのパリっとした食感に、中に包まれた金柑のじゅわっととろっとジューシーな食感のギャップがなんともいえません。
それに、「足柄仕立て」ですよ!一煎目の優しい旨み甘味が金柑とチョコの風味をふわっと受け止める感じです。うーん、シアワセ♪
そんなシアワセ♪なティータイムを包む「お茶JAZZ」。今回は、ハービー・ハンコックの「カンタロープ・アイランド」です。足柄仕立てにあわせたのか?金柑トリュフを想像しつつ選んだのか?その選曲の背景も気になりますね。
あまりに美味しくていくつでも食べたくなっちゃうところがキケンな「金柑トリュフ」。ここまでスゴいスィーツ紹介しちゃうと、次はどうしよう?ですねー。ホワイトデーがおわるとそろそろお彼岸かぁ(早いですね!)季節を追いかけつつ(けして追われているのでなくて〜!)次回のお茶とお菓子を考えようっと!

あつめ木さんのブログ
http://ameblo.jp/atsumegi/entry-11185838871.html

| | コメント (0)

「星野降る村で育った特上煎茶(中蒸し煎茶)」&「和賀江島」

2012021516130000


2012030118110000


2012030114160000

いよいよ3月。雛祭りです。今回は雛祭りのティーサロンで好評だった和三盆のお菓子「和賀江島」を、“中蒸し”煎茶でいただきます。
ご報告遅くなりましたが、清閑亭ティーサロン、2月は「雛のティーサロン」として、雛祭りイベント開催中の清閑亭で5回にわたって開催しました。今回は、延べ90名ものかたに「足柄仕立て(煎茶)」を一煎めから三煎めまでお菓子と一緒に楽しんでいただきました。お菓子は地元のお菓子屋さんを中心にお雛様にちなんだり、お雛様をイメージした“ちいさな”お菓子6種類から2種類を選んでいただく、というもの。ざっとラインナップをあげると、洋菓子では、エスペランスの「テベール」、スワベの「ムラング足柄茶」、菓房赤い実のチョコボール2種(ローズ、アップル)、和菓子では、あおいやの「ひなあられ」、松尾屋総本店の「菱ゼリー(干菓子)」、豊島屋の「和賀江島」。
今回の「まーしゃ’S Café」では、このティーサロンのお菓子のなかから「和賀江島」をチョイスしました。貝をモチーフにした和三盆のお菓子は、ゴマと青のりの2種のテイストが詰め合わせになっています。箱を開けると波打ち際の風景がを描いたように詰められていて食べちゃうのがモッタイナイくらいです。
さて、気になっているのが「中蒸し」茶。深蒸しでも普通蒸しでもなく「中蒸し」とは??福岡県星野村星野製茶園さんのお茶です。「星の降る村」っていうキャッチフレーズがステキですね。パッケージの説明には、茶葉は少し多め、ぬるめ60度のお湯を注いで90秒待ってから。。。とあります。「特上煎茶」なので、やはりそのくらいの温度・時間で淹れた方が良いのでしょうね?!
では、早速。。。今回のスタジオでの一服ゲストはいつもの「緑茶戦隊ノムダケジャー」ではなく(ノムダケジャー多忙につき)、山岳の高みから音楽の深みにハマる男(音楽番組担当の)カルロス・マルコヴィッチ氏です。(ノムダケジャーもビックリなキャッチフレーズだわ♪)
いろんなコトに造詣の深いカルロス氏はじつはお茶にも詳しい!(汗)
「コクがありますね。このコクは深蒸しのコクに通じますね」とイキナリ鋭いツッコミが!水色は普通蒸しに近いですが、旨みや甘味は普通蒸しと深蒸しのイイとこどりって感じです。
そして、「和賀江島」。「この緑色のほうは口にいれると磯の香りがふわっと来ますね。いいですね!」とカルロス氏は青のり風味の和賀江島が気に入った模様。和三盆でこういうテイストは珍しいかもしれません。姿も大きさもゆかしいお菓子です。
それから、「お茶JAZZ」です。すっかり定着してきた感じですが、今日は、ART BLAKEYのどこをとっても名曲ぞろい、というアルバムから「ソータイヤード」を。ここでもカルロス氏は
「うーん、いいラッパですねぇ」と、日頃の番組のノリで語る〜!恐れ入りました。
さて、次回はそろそろホワイトデーってな展開でしょうか?うーん、楽しみ♪

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »