« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

「品種茶 静7132」&「うす焼もろこし」

2012042618110000


2012042615540000

桜の季節が終わって、ふと、忘れ物をしていたのに気づいた!!そう、桜シリーズの中で紹介しようと思っていた品種茶!「静7132」をすっかり忘れていたんです(汗)ほのかに桜の香りがするお茶。香料等がはいっているわけではなくて、品種がもともと持っている天然の香りです。うーん、ベストシーズン逃したか?!と思っていたら、ちょうど今、八重桜の季節なのだそうです。お花として鑑賞するのはもちろんですが、この八重桜の花を「桜漬け」用に収穫する時期でもあるんですって!
そんな訳で、八重桜の旬にちなんでの「静7132」のご紹介をすることにしました。あわせるお茶うけは〜。。。ほのかな桜の(ような?)香りをひきたててくれそうな淡白なテイストがいいなぁ〜と、思って探していたら、ありました!「うす焼もろこし」!もろこし、といってもトウモロコシではなく、あずきの粉を使ったお菓子です。炒りあずきをつかった生地を厚さ4ミリという薄さで焼き上げたものだそうですよ♪
さて、今回から「まーしゃ’S Café」はコーナーテーマ(コーナーが始まる時のテーマ曲みたいなものね)がプチリニューアル!「お茶JAZZ」選曲担当(茶業センターの「足柄茶イエロー」ww)の手により新しくなりました!
前回のお茶JAZZで好評だった「エスペランサ・スポルディング」のナンバーです。久々いつものスタッフくん(ノムダケグリーン!)とコーナーをはじめてみたら〜!!なんだかとーってもオトナでオサレ♪な感じ。シブーい日本茶JAZZ喫茶にいるような雰囲気になっちゃった!こ、これでは、「緑茶戦隊ノムダケジャー!!!」なんて叫べる雰囲気ではないわ(汗)音楽のチカラって偉大です!
そんないつになくオトナな雰囲気でお茶をいただいていきます。「わ、なんて香りだろう?」としばしコトバを選ぶスタッフくん。お茶の説明をすると「なるほど!ほんのり桜餅みたいな香りですね」とナットクの表情に。そして、「うす焼もろこし」です。「なんだかクッキーのような?和三盆のような?フシギな食感ですね。口にいれた瞬間は和三盆の打ち菓子のようで、噛んでみるとクッキーで、後味はこしあんです」と分析。上品な甘さがほんのりとした桜の香りに合う感じです。コーナーテーマのリニューアルでこちらもぐっと上品な雰囲気になった「まーしゃ’S Café」落ち着いて今回の「お茶JAZZ」に耳を傾けましょう。コーナーテーマ決定を記念して(?)今回もエスペランサ・スポルディングのナンバー。ほんのりとした桜の香りにのせて「If That's True」。暮れて行く空とほのかなあかりの色につつまれて聴きたい1曲です。
さて、いよいよゴールデンウィークですね。新茶の季節到来?鮮やかな緑の茶畑を連想しながら次回の展開を考えましょう。

| | コメント (0)

「しょうが入り玄米茶」&「珈琲八ツ橋」

2012041918080000


2012041914040000

桜の季節も過ぎて「花冷え」というのかどうかはビミョーですが、薄着になってくるこの頃は知らず知らずのうちに身体が冷えたりもするものです。まーしゃも先日鼻風邪か?!という症状になり。。。ティッシュの箱を抱えていたのですが〜みなさんもお気をつけくださいね!
さて、そんな季節でもあるので、今回も「しょうが」のお茶です。しょうが入りの玄米茶というのをみつけました。ぴりっと香ばしいのかな?と想像しつつ、お茶うけを考えます。が、どうもしょうがと玄米にピンとくるアイテムが見つからず。。。(こんな時もあるんですよ)番組の前夜になってしまいました。
そんな時に届いたお茶JAZZのCD。ジャケットをみて「これだ!」というお茶うけを思いつきました!「珈琲八ツ橋」。なにがどうというリクツではないのですが、ジャケットから漂う雰囲気が珈琲八ツ橋な感じなんです!!
さて、今回スタジオには、日曜日の「アプリコット・ラボ」からN助手が登場です。最近チヂミに凝っているというアプリコット教授の実験成果などを伺いながらお茶を淹れていきます。
袋の封を切るなりふわっとしょうがが香る「しょうが入り玄米茶」お茶の葉の抹茶をまぶしてあるらしく、水色も濃い緑色です。「これ、表現がビミョーかもしれませんが、苔のようなグリーンですね」とN助手。(なるほど科学っぽい表現だわ)「しょうがが濃厚ですね。でも、後味はすっきりというか、あまり辛みはのこりませんね」(たしかに!)そして、「珈琲八ツ橋」。「香りは普通の八ツ橋ですね。味も。。。始めはごく普通の八ツ橋ですが〜後味で珈琲が香ります」(ははぁ。。。)しょうがと玄米。ニッキと珈琲。いろんなフレーバー、いろんなスパイスが混ざり合うフシギなティータイム。「この時期のリフレッシュタイムにはぴったりですね」とN助手キレイにまとめてくれました。
そして、リクツじゃなく「珈琲八ツ橋」が似合う!と思った”お茶JAZZ”はエスペランサ・スポルディングの「I Know You Know」。エスペランサの1stアルバムからの1曲です。「グラミー新人賞もとってるんですよね!かっこいいです」と物知りのN助手♪JAZZにもきちんとコメント!(さすがです!)
で、この曲のイメージが珈琲八ツ橋だったのか??そりゃ、もう♪(リクツじゃないです)
スパイシーでソウルフルなフレーバーが曲にも良く合っているように感じましたよ!(まーしゃ的にはね!)
さて、新茶が待ち遠しい今日この頃ではありますが、今シーズンはどこの産地もちょっとゆっくりめのようです。新茶シーズンを待ちつつ次回も春のティータイムを楽しんでいきましょう!

| | コメント (0)

「狭山べにふうき&しょうが」&「豆乳桜咲くかりんとう」

先日の雨で散ってしまうか?!と心配された桜もなんとか持ちこたえてさくらの花びらをひらひらと舞わせていますね。花吹雪、花筏。。。そんな言葉が似合う頃になりました。
今年の桜シリーズもそろそろまとめの時期になりました。
今シーズンの桜シリーズのトリをとるのは「豆乳桜咲くかりんとう」です。
お豆腐専門店の桜色のパッケージが目について思わず購入してしまったお菓子。庶民的なかりんとうにも季節のフレーバー♪っていいですね。
さて、お茶です。そろそろピークは過ぎたのでしょうか?花粉。。。例年春先にご紹介しているメチル化カテキンが豊富なことで花粉アレルギーのかたにオススメの「べにふうき」。今年は機を逸したか?と思いつつ、今回の登場となりました。と、いうのも、今回は久々にノムダケグリーンこといつものスタッフくんが「まーしゃ’S Café」登場!毎年この「べにふうき」で伝説を作っているまーしゃとしては、ぜひとも今回の「狭山べにふうき&しょうが」もテイスティングしてもらいたいところナノジャー!(ちっとギャグが寒くて恐縮です)
このところピンク、イエロー、とメンバーがふえていく「緑茶戦隊ノムダケジャー」今回は満を持してスタッフくんを「ノムダケグリーン」に任命したのだけれど。。。またしても「よっぽど気に入ってるんですね(笑)」とクールにかわされてしまったのでした。
べにふうきとしょうがの組み合わせといえば。。。以前にブレンド中に手がすべってしょうがパウダーを大量投入してしまい「これ、カンペキに失敗です」とスタッフくんを言わしめた伝説のあるまーしゃ。(ま、4年半もスタジオでお茶淹れてればいろんなことあります)今回のは、お茶屋さん(しかも狭山の宮野園さん!)がブレンドしているので安心です!
「わ、これ、すごいしょうがの香りです」とのっけからオドロキの表情で語り始めたノムダケグリーン、「あ、わ、香りからは想像もできないくらいまろやかですー!」とさらにテンション↑「すっきりとしていてしょうがのキツさがないので飲みやすいです」と、まーしゃ’S Caféのべにふうき史上類をみない高評価です。
で、かりんとう「うん、かりんとうです(アタリマエだわ)あ、でも後味がふわっと桜のテイストです!」ははぁ。。。かりんとうのパッケージにあった“淡い桜の香りが最後に来ます”というコピーはホントウだったのね!甘すぎずやさしい風味は豆乳を使っているからからな?!
香りよくまろやかなしょうが&べにふうきのお茶ともいい感じです。
さて、陽気もよくなってきて過ごしやすくなってきた今日この頃。。。ですが、結構寒暖の差が激しかったりもするんですよね。次回はどんな展開にしようかな?
2012041218330000


2012041214200000


| | コメント (0)

「桜葉緑茶+桜花漬け」&「福桜+深山桜(干菓子)」

2012040518100000


2012040514420000


2012040514330000

小田原城址公園のソメイヨシノが五分咲きだそうです。週末あたりはイイ感じで見頃をむかえるのでしょうか?そろそろまーしゃ’S Caféでも本格的に桜を咲かせて行きましょう♪
というわけで、今回のお茶は、桜の花と葉をブレンドしてある「桜葉緑茶」にさらに!桜の花漬け(塩抜きしてからね!)を浮かべてしまおうという作戦(?)です。お菓子は「清閑亭ティーサロン」でも人気だった干菓子の「福桜」(和三盆)「深山桜」(錦玉羹)をダブルで!!う〜ん豪華(自画自賛)♪
なぜにそんなに気合をいれるかというと〜。。。今日はゲストがスペシャル♪先頃からはじまった”お茶に合うJAZZ”こと「お茶JAZZ」を選曲している農協茶業センターの営業担当さんが登場するんです。
以前から「一度スタジオで曲がかかる様子を見たい!」ということだったのですが、ついに今回満を持してのご出演となりました。
残念ながらお茶は足柄茶ではないのですが、桜の花漬けは、小田原の地元産です。小田原の桜漬けって全国的にもかなりのシェアを誇るんだそうです。
スタジオまで自転車で来た!というJAZZ担当氏は黄色のウェア♪足柄茶の水色のようです!!なので、「ノムダケイエロー」に任命(まだやってる!前回のノムダケピンクではずみがついてしまいました)しちゃいます。
今日の「お茶JAZZ」は豪華二本立て!リー・モーガンの「キャンディ」を1曲目に、そして、2曲目は、同じくリー・モーガンで「コーンブレッド」です。選曲したかたに曲の解説をしてもらいながらいただくお茶はまた格別です(まーしゃがお客になってどうする?!)。
しかも、お茶のスペシャリスト!お茶に関しても観点が違います。「この香り、桜花漬けだけの香りじゃないですよね?」おっと!飲むだけで(文字通りノムダケジャー!)お茶の葉にも桜の花と桜の葉がブレンドされているのがわかっちゃうわけで。。。(さすが!ノムダケイエロー!!)
お話ししていると、なんだかいろいろ可能性が広がってくる感じがしますー!たとえば、小田原の桜花漬けと足柄茶を使って何か商品開発するとか、お菓子も地元のお菓子やさんとコラボして足柄茶と合うものを開発するとか!うーん、たのしみ♪
新年度も始まり、また新たな扉を開くのか?「まーしゃ’S Café」!さて、次回、桜はどんな感じになってるでしょうね?桜吹雪なのか葉桜なのか?季節の移ろいをながめつつ次回の展開を考えましょう♪

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »