« 「夏せんえん(凍結?!水出し)」&季節の干菓子「ひょうたん・青楓」 | トップページ | 「きらめきの煎茶(京都・和束)」&「宇治抹茶葛もち」 »

「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」

2012080920390000


2012080914120000_2

立秋も過ぎ、暦の上では秋になりましたが、まだまだ「冷たいお茶シリーズ2012」は続きます!お盆休みを前にご紹介するのは「水出し深蒸し玄米冷茶」。玄米茶やほうじ茶といった「香ばし系」のお茶って、冷たく淹れる時でもお湯で浸出して香りをたたせてからオン・ザ・ロックで冷たくいただく!のが美味しい!!と思っていたまーしゃにはちょっと意外(?)な「水出し」の「玄米茶」です。さて、あの香ばしい玄米の香りは???と、思いながら淹れていきます。パッケージのウラの「おいしい飲み方」には、ティーバック(そう!今回はティーバックなんです〜!)2袋に水150mlを注いで15分ほど浸出。。。とあるので、その通りにやってみます。
急須を使って淹れてみましたが、最初ダイジョウブか?!とおもったほど薄かった水色も15分すると深蒸しらしいみどり色になってきました。
合わせるお茶うけは、玄米つながりで「玄米おこし」。ポンマメ(お米のポン菓子のことを子どものころこう呼んでいました)を黒糖で固めた?ような風貌の素朴なお菓子です。
さて、どれほど香ばしいものか??程よく浸出できたところで「まーしゃ’S Café」の始まりです!
「水色キレイな緑色ですね!」とイキナリ「水色(すいしょく)」というシロウト離れした用語で語り出すスタッフくん(さすがに5年近く毎週お味見していれば身に付くって!)「しっかり香ばしいですね。玄米茶の香ばしさがちゃんとしますよ」(ほほぅ!)
冷たくて香ばしい!ってなんか新鮮♪
で、「玄米おこし」はいかに?!
「黒糖のアメで固めてあるんですね。やさしい甘さがいいですね」とスタッフくん。たしかに黒糖のコクのあるアメでからめてあって一瞬濃厚な感じなんだけど中のお米はさくっとした食感で噛みしめるとさくさくほろほろっと溶けてやさしいお味になります。
香ばし玄米と、やさしい玄米。。。おなじ玄米でもいろんな表情があるだなぁ!と素材の深さを感じるティータイムでした。
さてさて、お茶JAZZ!
Soil & "PIMP" sessionsのアルバムMAGNETIC SOILからおおくりしている今月。2回目となる今回は「MOVIN' feat.Maia Hirasawa」です。選曲担当のイエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ)からは、「今日のムービン。マイヤのボーカルがすごくセクシージャズ?って感じですけどね」とコメントがとどいていました。
JAZZにもいろいろな入り口があるな♪って感じですね。同じ素材でもいろんな表情がある!って今回お茶とお菓子にも通じるかな?
「冷たいお茶シリーズ2012」さて次回はどうしますかね??おたのしみに!

|

« 「夏せんえん(凍結?!水出し)」&季節の干菓子「ひょうたん・青楓」 | トップページ | 「きらめきの煎茶(京都・和束)」&「宇治抹茶葛もち」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「夏せんえん(凍結?!水出し)」&季節の干菓子「ひょうたん・青楓」 | トップページ | 「きらめきの煎茶(京都・和束)」&「宇治抹茶葛もち」 »