« 「夏せんえん(水出し)」&「錦玉羹」 | トップページ | 「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」 »

「夏せんえん(凍結?!水出し)」&季節の干菓子「ひょうたん・青楓」

2012080220410000


20120802204100011


2012080220420000


2012080220420001

夏休み真っ最中!暑い〜!!毎日が続いていますが、水分補給はしっかりと!!麦茶もいいけど煎茶もねー!ということで、今回“も”足柄茶の夏限定「夏せんえん」を冷たーくいただきます。て、3回もひっぱりますか?!←いえいえコレにはちょっとワケがありまして。。。じつは、この夏、いろいろ新しい冷茶の作り方を覚えたまーしゃ♪先月も足柄茶コンシェルジュの活動で伺った先でスゴい水出しの方法を学んでしまったのでした!
この時期、お出かけ先などで冷たいお茶は飲みたいけど、氷やクーラーボックスを持って行くのはちょっと。。。ってことありますよね?まーしゃもこの時期冷蔵庫のないスタジオに毎回氷を買って出勤しているのですが、ただでさえ荷物が多いところにもってきて氷とクーラーバックが加わるとかなり大掛かりになってしまうのも事実。で、今回覚えたこの方法だとイッキに問題解決!なんです!!
ペットボトルとクーラーバック、あとは少々の保冷剤があれば、昼前に家を出て夕方のお茶コーナーまで余裕でオッケー!しかもポットも急須もいりません!
と、こんなふうに書くと「はぁ?」って思うでしょ?
いつもお茶JAZZの選曲を担当しているイエローがこの夏考案した必殺ワザを使えば、できちゃうんですよ!そんな身軽なスタジオ入りが!
先月の末、小学校5年生を対象にした「緑茶あじわい教室」のスタッフとして、足柄茶コンシェルジュのメンバーと小田原市内のある小学校で「お茶のおいしい淹れ方」の講師をしてきたまーしゃ。このとき、みんなに飲んでもらう試飲用のお茶が「暑い時期だから冷茶で」ということだったのですが、イエロー(茶業センターの社員にして足柄茶コンシェルジュ)が持ってきた冷茶に一同びっくり!
クーラーボックスの中にペットボトルが数本。しかし、中に入っているはずの冷茶はボトルの半分ほどで、しかもかちんかちんに凍っています。聞けば「通常の半分ほどの水に通常の分量のお茶の葉をいれて、茶業センターの業務用の冷凍庫で急速冷凍した」のだとか。「でさ、授業をはじめる直前にポトル一杯まで水をいれて常温でおいておけば試飲する頃に氷が溶けつつお茶もちょうど良い濃さになって、冷たい状態で飲めるじゃん!」ははぁ〜。冷蔵庫で冷やしておかなくても、氷をたくさん持って行かなくても、水を注いで解凍するタイミングさえ注意すれば冷たいお茶が飲めるわけね!!
でも、ペットボトルの中のお茶の葉はどうやって漉す??じつはこれにもヒミツのアイテムがありました。「ペットボトル茶こしチャッティー」というヤツです。昨年あたりから“便利グッズ”のひとつとして見かけるようになった商品なのですが、ペットボトルに直接お茶の葉をいれて水出しし、飲む時にお茶の葉が飲み口から出てこないように漉してくれるベットボトル専用の茶こしなんですね。
これなら持ってきたペットボトルのままカップにそそげます!!(便利ー!!)わぁーさっそくやってみるー!!と騒いでいると、「ただし!これ業務用の冷凍庫で急速冷凍したんで、家庭用の冷凍庫だとどうなるかわかんないよ!」とイエローにクギをさされちゃった(おっと!)しかーし、見てしまった(飲んでしまった!)以上、やってみようじゃん!と家の冷凍庫でチャレンジしてきましたよ。確かに、1リットルのペットボトル半分ほどの水でも凍るのには時間がかかります。が、通常の水出しだと思えば7時間ほど冷蔵庫にいれる→同じ時間冷凍庫にいれておく、になるだけなので、浸出時間としてはあまり変わりませんね。
で、その半分ほどの水位でかちかちに凍ったお茶を持ってスタジオへ。番組が始まる直前(コーナーが始まる3時間前)ウォーターサーバーから「冷水」を注いでボトルを満たしてみました。時間的にちょっと長丁場なので、番組前半はクーラーバックにいれておきましたが、1時間半ほどしたところで常温(て言っても冷房きいてますが)に出して氷が溶ける様子をみます。
そして迎えた「まーしゃ’S Café」いい具合に氷も溶けて飲み頃になりました♪いつものスタッフくんを前にこのお茶の淹れ方の解説をしつつ、お茶を茶器に注ぎます。「冷えてます!」とまずはお茶の冷え具合に(そこか!)にコメント。つづいて「あ、すっきりしていてごくごく飲めちゃう感じです」だそうで。。。確かに、すっきり雑味がない感じなのでアウトドアでも気持ちよく飲めちゃうかも?前回の淹れ方とどう違うか?を知りたくて「夏せんえん」には3度目の登場をしていただいたわけだけど、同じお茶でも淹れ方によって雰囲気かわりますね♪
で、今回のお茶請け。。。(お茶のハナシでひっぱってしまい、やっと登場)先日の清閑亭ティーサロンでも好評だった季節の干菓子から「ひょうたんと青楓」をあわせてみました。どちらも緑系の色づかいで凍らせながら淹れたお茶の水色と合うかなぁ?と思ってのチョイスです。ひょうたん祭りも近いし!ね。といいながらスタッフくんをみたら「もぐもぐ」の真っ最中でした。(さては、ひょうたんを一口でいきましたね?!)
すっきりした飲み口のお茶に上品な甘さ♪夏らしいさわやかな組み合わせになったかな?
さて、恒例の「お茶JAZZ」月も改まって今回からアーティストとアルバムが変わります。今月は、Soil & "PIMP" sessions のアルバム「MAGNETIC SOIL」から。今回はその15曲目の「summer goddess」です。選曲担当のイエローによれば「今日のサマーゴッデスは野外フェスで聞けたら最高なんだろうなー炎天下で聴くjazzの代名詞です。私の波乗りソングのマストナンバーで~す!」とのことで。。。
いつもとはちょっと趣の違う選曲にスタジオのスタッフ一同「ははぁー!そうキタか?!」と唸っておりました。こういう感じもいいですね♪
さて、冷たいお茶シリーズ2012。次回はどんな展開を目指そうかな?

|

« 「夏せんえん(水出し)」&「錦玉羹」 | トップページ | 「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「夏せんえん(水出し)」&「錦玉羹」 | トップページ | 「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」 »