« 「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」 | トップページ | 「足柄茶 山吹(凍結?!水出し)」&「米粉をつかったポポロン抹茶クリーム」 »

「きらめきの煎茶(京都・和束)」&「宇治抹茶葛もち」

2012081619150000


2012081619140000

旧盆も明けてそろそろ夏休みモードから抜けないと。。。という時期になってきましたね。子どもたちは、もうしばらくのんびりムード(しかし!宿題そろそろやらないとねぇ〜!)ですが、オトナはそうもしていられないのがツライところ。
まーしゃもこの夏は特に遠出の予定もなくお盆期間お墓参りに行ったり親戚と会ったり。。。とゆるーく過ごしていました。ら、今朝イチバンで「ゔぁー!!」なデキゴトが!!なんと、今回ご紹介するお茶の準備が。。。!そうです、水出し茶を仕込むのを忘れていたのです!!通常前夜に仕込んで冷蔵庫にいれておくのですが、今朝寝起きで昨夜なーんにもしていなかった事に気づき(大汗)慌てて飛び起きました!
番組でゲストのかたにお茶を出す時間から逆算して7時間前。。。早めにスタジオにお茶道具を運び込んでボトルに冷水を注ぎ、保冷剤で冷やしながら浸出してコトなきを得ました(ふぅ!)ということで、今回もペットボトルで浸出し(ペットボトル用簡易茶こし)「チャッティー」で淹れます!
で、どんなお茶がそんな展開になったのかというと。。。京都・和束の「おぶぶ茶苑」(番組ではすっかりおなじみです)さんの夏摘み煎茶「きらめきの煎茶」♪
南斜面の山の中腹に広がる、日当たりと風通しのよい茶園で7月初旬に収穫したお茶だそうです。収穫前に二週間ほどかぶせてあるので、さわやかな甘みがあり、夏の煎茶らしく、大きめの茶葉、太い茎が特徴なのだとか。茶葉の緑も鮮やかです。
そして、お茶うけです。今回は京都のお茶なのであわせるお茶うけも「宇治抹茶葛もち」を用意しました。葛もち、といっても袋入りで個別包装されたお干菓子のような風情です。
さて、お茶の葉も開き、ペットボトルの中でいい水色になったところで、「まーしゃ’S Café」のはじまりです。今朝の大汗エピソード等を紹介しながらお茶をいただきます。「すっきりしてますね!」といきなりアッサリなコメントのスタッフくん。かぶせ茶らしい香りに驚くほどさっぱりとしたテイストはやはり夏のお茶です。このくらいすっきりとしていると爽快な気持ちになりますね!で、お菓子。。。「もちもちしてますね。抹茶味です。あ、小豆の味がスゴく存在感あります!」だそうで。パッケージを見ると、宇治の抹茶に、北海道の大納言小豆、吉野の本葛を使ってあるのだとか。なるほど素材からホンモノなのね!夏はぷるぷるつるつるもちもちな食感がたまりません!
で、そんな今回の「お茶JAZZ」。Soil & "PIMP" sessionsのアルバムMAGNETIC SOILからおおくりしている今月。3回目となる今回は、「awsome Knowledge」です。選曲担当のイエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ)からは、「お盆も過ぎたので少しおとなしめの一曲をセレクトしました。前回、前々回のような荒々しさはあまりないんですが、巧さみたいなものが光る一曲です。ホーンの二人よりJ.A.Mでもトリオのリズム隊がしっかり支えてる感がソイルの懐の深さみたいなものを強く感じます。」とのコメントがとどきました。夏の終わりも近づいた夕暮れにスッキリテイストの冷茶とともに味わいたいサウンドです。
さて、次回はもう夏の終わりの一大イベント(?)板橋のお地蔵さんですね!とはいえ、まだまだ残暑厳しい時期なので、冷たいお茶で涼んでいきましょう!


|

« 「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」 | トップページ | 「足柄茶 山吹(凍結?!水出し)」&「米粉をつかったポポロン抹茶クリーム」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「水出し深蒸し玄米冷茶」&「玄米おこし」 | トップページ | 「足柄茶 山吹(凍結?!水出し)」&「米粉をつかったポポロン抹茶クリーム」 »