« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

「足柄茶秋せんえん+ゆずピール」&「栗まんじゅう」

2012112919520000


2012112919520001

気がついたら11月も最終週。前回から「軽トラ市」。その翌日「清閑亭ティーサロン」〜と、“お茶率”が高い毎日をすごしてきました。
今回は、「栗まんじゅう」をいただきます!(お茶より先にお菓子ですか!?)で、お茶は。。。今月も清閑亭ティーサロンでご紹介した「秋せんえん」にフリーズドライのゆずのピールをみつけたのでソレをブレンドしてみます!(高らかに宣言?!)
実は、この展開すべて清閑亭ティーサロンがらみ(!)なんです。
まず、お菓子。今月のティーサロンは「秋の限定茶と楽しむ“いも”“くり”“かぼちゃ”」ということで、小田原近郊の和洋菓子店のいもくりかぼちゃをどどーんとそろえてみたのでした。ラインナップは、開成・松尾屋総本店「黄金いも」「栗むし羊羮」「かぼちゃパイ」、大井・ベーカリールームヨコヤマ「さつまいもドーナツ」「かぼちゃクッキー」、栢山・梅園「栗まんじゅう」。お客様には、このなかから1つ選んでいだきました。
おや?今回のお菓子ってもしや?この中にある「栗まんじゅう」?そうです!そうです!!
大きな栗を形取ったおまんじゅうでほっこりとあったかいお茶をいただきましょう!
「秋せんえん」は、先月、今月とティーサロンで淹れていたお茶。番組でも以前にご紹介していますね。それに今回は「ゆず」をアレンジしてみようという趣向です。なぜかというと、これはちょっと予告になりますが、来月の清閑亭ティーサロンのお題が「冬至」なんです。そろそろ実験を重ねつつ準備をしていこう!ということで登場!となりました。
なんだかティーサロンの予習復習的な雰囲気ではじまった「まーしゃ’S Café」。久々にいつものスタッフくんを前にお茶を淹れていきます。
「ゆずがすごく香りますね!」と淹れているそばから香りにコメントが。。。フリーズドライのゆずピール。。。なかなかやります!うまく香りがついて特有の苦みがあまりないのはお茶とのアレンジにも好相性です。そして、「栗まんじゅう」!「大きいですね。見た目も栗でたっぷりといただけます。が、途中でちょっとお休みしないとトークがつづきませんね」そうでした!ティーサロンではこの位ボリュ−ミーでもOKですが、番組だとほおばっちゃったが最後トークが中断してしまうという。。。それで、いつも小さめのお菓子を用意していたのでした(今になって思い出すまーしゃ!大汗)
今回は、ティーサロンの予習復習モードでお送りしただけに、たっぷりとティーサロンや足柄茶コンシェルジュの活動についてお話しすることもできたひとときでした。
さて、お茶JAZZです。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)「今日はこいつで、ハンク・モブレーの真骨頂的な曲です。なめらかでハスキーなテナーサックスの音色が温かいお茶のように体に染みます」というコメントとともに、今月のアーティスト・ハンク・モブレーの「マイティ・モーアンド・ジョー」を選曲してくれました。
あったかい一服のお茶がほっと心にしみる初冬の宵。次回も心温まるお茶をえらんでいきましょうね!!


| | コメント (0)

2012112219380000


2012112219390000_2

二十四節季でいうと「小雪」だそうな。日付のゴロ合わせなら「1122(いいフーフ)の日」だからどうってことはないんだけどね。いよいよ本格的に寒くなってきました。(でも、まだまだ先は長い!今からあんまり寒いっていうとこの先タイヘン!)そんな今日は「ぐり茶」を淹れてみることにしました。
「ぐり茶」って葉の形がぐりぐりしているから付けられた名前だそうです。普通の煎茶と同じように殺青は蒸し(最初の蒸す工程ですよね)で行い、最後の火入れを釜で炒ってあるので「蒸し製玉緑茶」。釜炒り茶(先日ご紹介しましたね)とも煎茶とも違った風味のお茶だそうです。
釜炒りでもなく煎茶でもない感じ?に合うのは??と思いながら選んだお茶うけは「えごまクッキー」♪‘ごま’じゃなくて「えごま」ってどんな??と想像のつきにくい組み合わせになりました。
いつものスタッフくん、もろもろたてこんでいる!ということで今回もお茶のおともは日曜日の使者(?)アプリコットラボのN助手(日曜の朝の番組の実験コーナーの助手もつとめるスタッフNくんという意味ね)。むかーし聞いた早口言葉の一節にあった「このゴマがらはマゴマがらか?エゴマがらか?」なーんて少々アヤシい滑舌でつぶやきがならコーナーがはじまります。「ぐり茶っていうのはぐりとぐらとは関係ないんですかね?」と、パンケーキを焼きたくなるようなフリをぶつけてくるN助手を前にお茶を淹れます。すると「なんかオトナな味ですね」と、ぐり茶を口にするなりオトナなコメントのN助手。独特の香りとバランスの良い苦み渋みをそういう表現で語ってしまうわけですな(さすが!)で、えごまクッキー!「うーん、口にいれると第一印象はクッキーです!中に黒くぽつぽつとみえているエゴマらしいものが、ぷちぷちとした食感です。香りはクッキーなんですが、そのあとナッツのような香ばしさがありますね」なるほど!ゴマとエゴマ!似ている言葉だけど香りと味は似て非なるものって感じでしょうか。
そして、お茶JAZZ。実は前日に週末の「軽トラ市」の出店準備のために茶業センターに立ち寄った際にイエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)から「今週のお茶はどんなの?」と聞かれ「朝市の荷物ゼンブ積んでみないときまんなーい」と言っていたのですが、無事積み込みも終わり、さらに今回は番組用お茶セットも載せるスペースがあったので、「ぐり茶にした!」と連絡すれば「カミのお告げがまだおりないんだけどさー」と前置きしつつ、今月のアーティストハンク・モブレーの「愛の泉(邦題)」を!という業務連絡がありました。なんてことないと思っていた「いいフーフ」の日!にここで繋がっちゃった!?(雰囲気よ!雰囲気!!なにせ「愛」ですから)と、ぐり茶をいただきつつ(いいフーフではなく)ふぅー、っと一息いれる“小雪”の宵なのでした。さて、週末軽トラ市に「足柄茶コンシェルジュ」として出店してきます。どんな展開になるかな?(軽トラ市が?か?まーしゃ’S Caféが?か??)おたのしみにー!


| | コメント (0)

「山の息吹(品種茶)」&「揚げぎんなん」&(おさえ「チーソルト」)

2012111520560000
ボジョレーヌーボー解禁日です!お茶もいいけどワインもねー!(?)な雰囲気になってる初冬の午後。ボジョレー的なお茶はないものか?といろいろと探していたところ、こんな品種茶をみつけました「山の息吹」。早生の品種だそうです。ということは?いってみればこれは“お茶のヌーボー”?!なわけで。。。今回はこれでボジョレー的(?)展開!をねらってみましょう!!
合わせるお茶うけは???やはりこちらも季節モノかボジョレー的(?)なアイテムで。。。となると、見た目からおつまみチック(?)でこの季節らしい「揚げぎんなん」が目についた!のですが。。。もしかして、スタッフくん、ぎんなん食べられないって以前言っていたような??と、確証はないものの少々不安になり。。。おさえ(?)にもう1点!ということで、ワインにはチーズよね?!という雰囲気だけで「チーソルト」というチーズ&ベーコン風味の柿の種スナックを用意してスタジオへ。
ところが、コーナー開始ちょっとまえにスタジオに顔を出したスタッフくん「すみませんー!今日まだ収録終わらなくて。。。」と、今回欠席決定—!
急遽「まーしゃ’S Café」は、日曜朝放送の「アプリコットラボ」のN助手(グッデイではスタッフN氏ともいう)とお送りする事になったのでした。
日頃アプリコット教授(番組パーソナリティさんです)に鍛えられているN助手、、、じつはなかなか手強い存在だったりします。
早速「山の息吹」を淹れていきます。静岡のお茶なので、深蒸しですね。緑色のきれいなお茶です。「あまいですね。まろやかなお茶です」とキレイにコメント。つづいて「揚げぎんなん」です。好き嫌いはないのでなんでも(食べ物なら)OKというN助手。見た目からは食感が伺い知れなかったこのぎんなんを「かりっ」といってくれました。「かりかりに揚がっていてぎんなん特有のやわらかさはまったくありません。でも、後味がしっかりぎんなんですね。お茶にもいいですが、これはワインのおつまみにもイケそうです」とますますボジョレーが気になるコメントを。。。!
そして、お茶を飲みつつ頭の中に広がっていくボジョレーの妄想に追い打ちをかけるかのようなお茶JAZZ。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)からは、ボジョレーヌーボー解禁にちなんで、ワインじゃないけど酒繋がりで!ということでハンク・モブレーの「Avila And Tequila」でお願いします。と、これは、もう「揚げぎんなん」と(おさえの)「チーソルト」をつまみにボジョレー♪行くっきゃないでしょ!!的な展開に。。。?
ちなみに、収録がおわったスタッフくんにきいたところ、やっぱり「ボクぎんなんダメなんです」だそうで!(予想的中!間一髪!!)
さて、つまみはオッケーなのでこのあとはボジョレー♪お酒とお茶のコラボなど考えつついただいちゃいましょうかね?(笑)そうそう、おさえの「チーソルト」はスパイシーなチーズ&ベーコン風味の衣をまとった「柿の種」でした。
さて、次回はどんな展開にしようかな?いいアイデア浮かびますように!

| | コメント (0)

「釜炒り茶」&「ぴりんぱらん」

2012110820050000


2012110820060000


深まる秋。。。イベントシーズンでもありますね。じつは、今回まーしゃの車の中がタイヘンなことに!!というのは、足柄茶コンシェルジュの活動をはじめてからというもの、イベント用のお茶やお道具を積み込むことが多いのですが、今回は史上最大に積んでいる!事態なのです。いつもスタジオ入りする時の「お道具」が多いことで知られるまーしゃですが今回ばかりは、自慢の(?)スタジオ用お茶セットのバスケットも載らないくらいの詰め込みようで(汗)。。。これで週末のイベント終了まで過ごすかと思うとちょっと気が重(車もね!)いところです。なんといってもお茶道具といえば「ワレモノ」!ちょっとした段差やカーブも気を遣います。(車から降ろして家に置いておけばイイじゃん!とはいかないのよねーウチ狭いからー!!)
と、いうことで、今回史上最高にシンプルな装備でスタジオにはいります!なんと!ポットもおいてきちゃった!!なので、ウォーターサーバーから直接お湯を急須に注げるお茶を!と、釜香が香ばしい「釜炒り茶」を用意しました。お菓子もパッケージが小さい(ソコか!)ということで、沖縄の豆菓子「ぴりんぱらん」です。
はたして順調にお茶を淹れられるのか?!
どきどきで迎えるまーしゃ’S Café。
スタジオを出てお湯を注ぎ、わらわらと前のめりでお茶を淹れてコーナースタート。お道具満載でいつものお茶セットが車に載らなかったハナシなどを延々ひっぱり、ようやく本題に入るか?と思いきや、スタッフくんにお茶を勧めるのをすっかり忘れ。。。「お茶がさめちゃいますよ!」とツッこまれて我に返るというあるまじき展開(大汗)ようやくお茶にたどりついたスタッフくん「あ、ほうじ茶っぽい香りがします。水色は濃いめですが、渋さや苦さはないですね」(なるほど、釜香をほうじ茶っぽく感じたワケね!)そして、ぴりんぱらん「かりっと香ばしい衣がついたピーナッツです。香ばしいつながりでいいですね」とウマいコトまとめてくれました。
そして、お茶JAZZ。今回からアーティストが変わります。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)は、ハンク・モブレーをチョイス!今回の曲「RECADO BOSSA NOVA」です。イエローからは「先月のウエイン・ショーターと同じサックスプレーヤーです。ジャズ(笑)もお茶と同じで同じ楽器のプレーヤーでもこんなに表情が変わるもんです!ウエインショーターと比べるとすごくブルージーなサックスプレーヤーです。と、JAZZとお茶をうまく絡めたコメントが!お茶と音楽。。。やはり通じるものがあるんですね!

さて、次回はちゃんとフルセット持ち込んでいつも通りにお茶を淹れよう!!と心に誓ったまーしゃでしたが、「もしかして、積み込んである車のお道具で頭の中までいっぱいいっぱいなんじゃないですか?」とスタッフ一同はきちんと見抜いていたのでした。(汗)
無事にイベントが終了し、無事にお道具を返却したら、次回は落ち着いてお茶をいれよう!!

| | コメント (0)

「足柄茶 秋せんえん」&「玄米焼きかりん糖」

2012110120300000


2012110120300001

気がついたら11月。2ヶ月ごとのカレンダーは最後の1枚になってしまいましたね。早っ!秋も深まる。。。ということで、今回のお茶は足柄茶の秋限定茶「秋せんえん」を淹れていきます。このお茶先月の清閑亭ティーサロンでも使用していたお茶で、ティーサロンでは、ハロウィンやかぼちゃをモチーフにしたお菓子と合わせてご紹介していました。
が、月も改まった今回はぐっと和風で庶民的に「玄米焼きかりん糖」と一緒にあじわいます。
いつものように、スタッフくんを前にコーナーをはじめてみれば。。。説明トークが終わらないうちに「あ、これいい香りします!」からはじまり「うーん、シブいんだけど甘い!なんていうんだろうなぁ、、、このシブさとそのあとにくる甘さがいいです!あ、これいままで飲んだ足柄茶のなかで一番好きかもしれない!!」と激賞!なにがそんなにヒットしたんだろう?おそるべし「秋せんえん」。そして、「玄米焼きかりん糖」。いつもより念入りにマイクに向かって「ぽりっ」と音をさせてから「ん?これって。。。なんていう感覚だろうなぁ?確かに味は黒糖のかりんとうなんです。ただ、食感が、サクサクでしかも密度があって。。。んーどこかでたべたあの感じ!これもいいですねー」と怒濤の激賞。。。なんで今回そんなにテンション高いのだろう?何かイイ事あったかな?
たしかに「玄米焼きかりんとう」油で揚げていないというだけあって、あっさりさっぱりな黒糖味です。そして、食感が普通のカリントウにくらべて格段に軽い!しかし、密度はぎっしり詰まってる!という感じです。これは(油で揚げていないからヘルシーだけど)止まらなくなること必至です。
さて、そんなやめられない止まらないティータイムに流れる「お茶JAZZ」は。。。ウェイン・ショーターの「ナイト・ドリーマー」。秋の夜長にエンドレスなティータイム??この展開を考えると今回までウェイン・ショーターを引っ張って正解?
次回、足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)は、どんなテイストのJAZZを用意してくれるかな?


ちなみに!先月清閑亭ティーサロンでご紹介したお菓子はこんな感じ!

2012110120370000


2012102410510000

開成町・松尾屋総本店の「かぼちゃパイ」(1回目のみ)、大井町・ベーカリールームヨコヤマの足柄旬感スィーツの「スパイシーベジタブルクッキー かぼちゃ」、板橋・夢たまごの「かぼちゃころん」「ハロウィンサブレ」、久野・スィートベリーの「ハロウィンラスク」(2回めのみ)。お客様にこの中から1種お選びいただいて、「秋せんえん」と一緒にお楽しみいただきました。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »