« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

「ほうじ茶ベースの年越しブレンド」&「稲ほろり」

2012122719540000


2012122719540001

年の瀬。。。ばたばたわらわらと過ごしていたらもう今年最後の放送です。(早っ!)そこで今回はほうじ茶をベースに年越しのお茶をブレンドしてみようと。。。いろいろ素材を取り出してみました(そうです!前回同様キャンドルナイトの素材からのアレンジです)。
ベースになるほうじ茶は2種類。珍しいところで「玉露ほうじ」(玉露のほうじ茶です)と、「かりがねほうじ」(くき茶のほうじ茶です)。合わせる素材は、年越しらしく「だったんそば」、来る年もマメであるように、と「黒豆」、豊穣の象徴(?)「炒り玄米」、そして穀物つながり(?)で「はとむぎ」。少々健康茶っぼくはありますが、無事に年を越せるように!と願いを込めて淹れて行きます。
お菓子は。。。これもやはり今年の実りに感謝!の気持ちをこめて「稲ほろり」という「米菓子」を用意しました。パッケージには「お焦げの香りを“ほろり”と味わう」とか、「福井県産のコシヒカリを使った、新感覚の“米菓子”」といった文字がならんでいます。
どんな??と興味津々にまーしゃ‘S Caféスタート。久々登場(?)のスタッフくん。情報解禁になったばかりの年末年始の特番情報いっぱい持ってスタジオ入りです。「時間足りないんで巻きでいきます!」と早速お茶を一服。「香ばしいですねー!」とコメントをはじめたところにブレンド素材の説明をすると。。。「なるほど!黒豆の香ばしさなんですかね?玉露のほうじ茶っていうのも珍しいですよね?」と香ばしさの正体を分析している様子。ま、いろいろ香ばし系が混ざってるからね!そして「稲ほろり」。「サクサクでほろっとしています」とコメントをはじめたところにパッケージにあった「お焦げの香りを〜」のキャッチコピーの話題を振ると「たしかに!あと味がほんのりと“お焦げ”です!」ほほぉ。。。いただいてみると、ほろほろっとした生地のスノーボールクッキーのような食感でその奥にやさしいお焦げの風味が漂う感じでしょうか。
そして、お茶JAZZです。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)が、今月のアーティスト・デクスターゴードンで「As Time Goes By 時の過ぎるまま」をチョイスしてくれました。年の暮れにちなんで“ゆく年来る年”的なタイトルです。慌ただしい年の暮れ、香ばしいお茶とやさしい味のクッキーでほっとするひとときになりました。
さて、次回はもう新年。通常のコーナーの前に新春恒例の「大福茶」で新年を祝いつつの特番もあります!おたのしみに!良いお年をおむかえくださいねー!!

| | コメント (0)

「足柄くき茶+レモングラス+レモンピール」&「ジンジャー シン ビスケット」

2012121611530000


2012122020070000
夏至・冬至の季節恒例の「キャンドルナイト」イベントに出展してきました。今回は史上最多!33種類のお茶と素材でオリジナルブレンド茶を作るワークショップを行いました。
用意したお茶と素材は。。。足柄茶(白梅)、狭山茶、足柄茶あさつゆ、足柄くき茶、ほうじ茶、玉露ほうじ、かりがねほうじ、京番茶、レモングラス、レモンピール、ジンジャー、ホーリーバジル、ジャスミン、ジャーマンカモミール、ペパーミント、月桃、オレンジブロッサム、オレンジピール、ハニーブッシュ、ゆず、マテ、びわの葉、柿の葉、ごぼう、黒豆、はと麦、だったんそば、玄米、あずき、シナモン、玉露粉、抹茶、煎茶粉。というラインナップ!


2012122020090000


2012122020100000

で、このキャンドルナイトイベントがおわるとこちらも恒例になっているキャンドルナイト記念(?)オススメブレンド茶のシリーズが始まるわけで。。。今回は、冬至も近いということで、“ゆず”ではなく、(黄色い柑橘ツナガリで?)“レモン”がつく名前のバーブを合わせてみることにしました。ベースにするのは、足柄茶の「くき茶」。さっぱりすっきりと温まるお茶にしようというもくろみです!
合わせるお茶うけは、クリスマスも近い!ということで(?)ジンジャークッキーのようなテイストはないかなぁ?と思っていたら。。。ありました!スェーデン生まれの薄焼きビスケット「ジンジャー シン」。
さて、今回はこの組み合わせを持ってスタジオへ!師走というだけあってスタッフくんも大忙しらしく。。。今回の一服コメントはアプリコットラボのN助手が登場です。
「あ、すごくレモンが香りますね!」とまずは香りからコメント。つづいて「なんていうか、凍頂ウーロン茶のような澄んだテイストですね」と、意表をつく例えでお茶を語るじゃないですか!?やるなぁ(さすがアプリコット教授!しっかり助手を育てています!)!
そして、ジンジャー シン ビスケットです。「これなんだかアニメキャラのような形状ですね」とはじまり(んんっ?)「ジンジャーの風味と黒糖のような骨太な甘味が存在感をだしています!」とこれまた存在感のあるコメントが。。。たしかに、まーしゃもいただきましたが、このビスケット、シナモンやクローブもつかってあるので、チャイのようなテイストです。しかもN助手がいうように”濃い“!うーん、お茶はレモンツナガリのさわやか系ブレンドで正解だったかも?「全体的にお茶もお菓子も和洋折衷な雰囲気でまとまってますね」とN助手がまとめてくれました。
冬至が過ぎればクリスマス♪お茶JAZZは、足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)が、今月のアーティスト・デクスターゴードンで「チーズ・ケイク」を選んでしてくれました。クリスマスのケーキをイメージしたのかな?
キャンドルナイトの余韻を引きずりつつ、次回はもう年末!!1年の締めくくりはどんなお茶にしようかな?


| | コメント (0)

「足柄茶 白梅」&「スパイシーベジタブルクッキー“かぼちゃ”」

2012121319300000

このところの「予習」の成果を活かして(?)今月清閑亭ティーサロンでは、「冬至」をテーマにゆずのアレンジティーと冬至にちなんだお菓子を紹介しているのですが、今回は、このティーサロンのアレンジティーのベースになっている足柄茶「白梅」を淹れていきます。
合わせるお菓子は、これまた「冬至」にちなんで、足柄旬感スィーツの中の一品「スパイシーベジタブルクッキー“かぼちゃ”」。生地に地元産のかぼちゃを練り込んであるしっとりやさしいクッキーです。
さて、今回もいつものスタッフくんはおとなりのスタジオで収録中。お茶のコーナーまでに間に合うのかいな?とおもいつつ番組をすすめていきます。
やがて、日も暮れて「まーしゃ‘S Café」のコーナー。。。トントントン!とスタジオのドアをたたく音でふりかえると、そこにサンタさん!ではなく、クラシックの深みにハマる男(クラシック番組担当パーソナリティ)カルロス氏がいるじゃないですか!(収録が終わらないのでスタッフくんが手配してくれていようです)「お茶いただきにきましたー!」と久々におすすめコンサート情報を紹介しつつのティータイムとなりました。
今回は、ハンドベル、リコーダーのクリスマスコンサートの情報です。なんだかお話をきいているだけでキラキラした音色が聞こえそうな感じです。
そして、お茶。「美味しいですね」とナットクの表情のカルロス氏。お値段は100g735円とリーズナブルなお茶ですが、しっかりと足柄茶らしい旨み・香りがあるお茶です。そして、クッキー♪「手作り感があっていいですね。かぼちゃのしっとり感とシナモンのほんのりした香りがよくあいますね」とお菓子にもナットクのカルロス氏。
そして、お茶JAZZ。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)は、今月のアーティスト・デクスターゴードンの「broad way」をチョイス!サックスの音色で華やいだクリスマス前の雰囲気を綴る!って感じでしょうか?
今月は、清閑亭ティーサロンに加えて、今週末「キャンドルナイト」のイベントにも出展してきます。いろんなアレンジティーをためしてみようかと思案中。乞うご期待!!

ちなみに今月の清閑亭ティーサロンのお菓子はこんな感じ!


2012121212050000
開成町松尾屋総本店 生菓子「ゆず」、かぼちゃパイ、成果「きんかん」、箱根花詩「温泉餅」、
大井町ベーカリールームヨコヤマの「スパイシーベジタブルクッキー」、「ジンジャーブレッドクッキー」♪これに、ゆずをアレンジしたお茶を淹れてます!


| | コメント (2)

「足柄茶秋せんえん+ホーリーバジル」&「白いばうむ」

2012120720500000


2012120720500001
12月ですね。大雪です(て二十四節季のですが)。慌ただしさを増す毎日にお茶でほっと一息。。。といきたいところですが、イベント予習の実験は続きます。16日に行われる「キャンドルナイトイベント」にワークショップを出展するのを前に今回も実験モード。足柄茶の「秋せんえん」(て、冬なんですけどいつまでひっぱる?←だって、開けちゃったのから使い切らないともったいないじゃないですか!)に、ホーリーバジルというハーブをブレンドしていきます。
先日足柄茶コンシェルジュで出展していたイベントで発見したこの「ホーリーバジル」。今まで知らなかったので気になって購入してきました。インド原産のシソ科のハーブだそうです。
そしてお菓子は、「白いばうむ」。一口サイズの小さなバウムクーヘンですが、「ばうむ」とパッケージに表記されているところを見ると“和風”なのかな?と思って、日本茶とハーブ。。。という組み合わせには“和洋折衷”つながりで合うのかな?という思い込みのもと、スタジオに持ち込んだのでした。
お味見はいつものスタッフくん。「香りは。。。お茶じゃないですね」。確かに、ハーブ?の香りです。「お茶の味もしますが、なんだかフシギな感じですね」たしかに、日本っぽくない感じですね。うーん、これはブレンドの割合にもよるのかもしれないけど、足柄茶にブレンド!というより、足柄茶とハーブをブレンドして足柄茶でもハーブティーでもないお茶ができた?!感じでしょうかね??
で、お菓子。ホワイトクリームでコーティングしてある「白いばうむ」をぱくっと(今回は一口で食べられます!!)といったスタッフくん「バウムクーヘンですが、ちょっと和菓子っぽい感じもします。美味しいです!」とささっと食べ終わってコメントしてくれました。
さて、こんな和洋折衷(?)なティータイムに合わせる「お茶JAZZ」は、今月から特集アーティストがデクスターゴードンにかわります。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)からは「私生活はかなりアウトローなミュージシャンでしたが。奏でるメロディーはムーディーなサックスを吹くアーティスト
です。恋人たちが楽しみに待っているクリスマスに向けて
セクシーなサックスの音に耳を傾けましょう」とコメントがとどきました。そんなわけで今回はデクスターゴードンの「smile」とともに、洋のテイストを加えたお茶とお菓子でクリスマスを待つ「大雪」の宵を過ごすことにしましょう。
だんだんと慌ただしさを増して行く師走。次回はどんなお茶でほっと一息つきましょうね?!

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »