« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

「くき茶(足柄)+ペパーミント」&「ひなまつりキャラメルコーン(モモ味)」

2013022820330000


2013022820330001

小田原市内、近郊、あちこちで雛祭りのイベントが行われていますね!明るくなってきた日差しに緋毛氈。。。春だなぁ!とテンションが上がる女子のみなさんも多いのでは?
週末の雛祭り当日にむけて、まーしゃ’S Caféも雛祭り♪
毎年この時期になると「ひなあられ」などを用意してきた気がするのですが、今回は、ちょっと目先を変えて。。。と思ってスーパーのお菓子売り場をのぞいたら、ひなまつりパッケージのスナック菓子をみつけましたよ。しかも「モモ」のフレーバー♪
少々庶民的&お子様向けではありますが、ガールズトークに花を咲かせながらのティータイムはこんな感じか?というイメージ?!でいってみましょう。
合わせるお茶は??このところ番茶やほうじ茶など「茶色いお茶」系が続いたので、そろそろ「緑のお茶」を淹れたいところ。。。しかも、スナック菓子に合うお茶。。。というとー?そうだ!カジュアルなシーンとも相性がよさそうな「くき茶」!そろそろ花粉の季節でもあるのでスッキリ感のあるペパーミントでもブレンドしちゃおうかな?(実は初のココロミ!)
若干実験っぽくはあるものの久々の“いつもの”スタッフくんを前にしてのまーしゃ’S Caféがスタートです!
コーナー前の曲間「今日はインフォメーションいっぱいあるんですよ!」とPCを開いて情報をチェックしはじめるスタッフくん、傍らに置いたスナックをごくごく“自然に”ぼりぼり。。。(違和感まるでナシ!まるでリビングでメールチェックしながらつまんでる雰囲気!)「あ、なんの意識もせずにたべちゃいました!まだコーナーはじまってなかったんですよね」だって!(おいおい!)もとい!仕切り直してコーナーをはじめますっ!!
まずはお茶から!「全体的にさっぱりしていますね。ほのかにミントの香りです」。うーん、実験モードではあったのだけど、心持ちミントを控えめにブレンドしておいたのは正解だったかな?お茶の味はくき茶のすっきり味、鼻に抜ける香りがすぅーっとミント♪という感じでしょうか。
そして、モモのスナック。パッケージを開けるなりモモのフレーバーがふわっと香ります。
中身はピンクと白の2色展開♪「色は違っても味は同じようですね。モモです!」。甘くてやさしいモモ味なのでついついつまんじゃいます。
自然に手が出るスナックと、ミント香るすっきり系のお茶♪カジュアルなひなまつり女子会という感じでしょうか?リラックスしてガールズトークもはずみそうです♪
さて、お茶JAZZ。3月まではトランペット特集!ということで今月は、「ドナルド・バード」をお送りしてきました。今回足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)が選んだのは、「fuego」。イエローからは、「彼もかの有名なジャズメッセンジャーズの一員でケニー・ドーハムの後釜としてラッパを吹いていました。この頃のブルーノートのトランペッターは曲者ぞろいで聴き比べるだけで3日はかかるな(笑)」とコメントが届きました。来月の展開も楽しみ♪です。

| | コメント (0)

「竹村玉翠園 京番茶」&「チョコレート」

2013022119400000


2013022119410000

前回の「京番茶でチョコ」。番組のあと、そもそものネタもとになったお茶やさん「竹村玉翠園」さんからメッセージをいただき、こちらの「京番茶」と竹村さんオススメの「ピュア」なチョコレートの組み合わせがむくむくと気になりだしたまーしゃ。これはやっぱりためしてみやきゃ!と。竹村さんにお願いしてお茶を送っていただいちゃいました!
さて、チョコ。ピュアなチョコ。。。ということで、バレンタイン後、特売になっているチョココーナーでしばし検討!袋のキャッチフレーズに「永遠の純(ピュア)チョコレート」(コレならマチガイないはず!!)とある老舗メーカーの茶色い袋のミルクチョコレートをチョイスしてみました。
お茶の解説には、煮出して淹れる方法が書いてありましたが、竹村さんによれば「急須で淹れるには葉を少し砕いて熱湯で」淹れると良いそうで。。。早速やってみます。
袋の封を切るなり、なんともいえないスモーキーな香り!
がっさり葉っぱが入っている!(失礼!!)というような印象ですが、なんだか生命力ありそうな感じです。袋を軽く揉むようにしてお茶の葉を細かくして急須へ。そしてあつあつのお湯を注いで1分半待ちます♪
今回の一服コメントは振替でOFFのスタッフくんに代わってアプリコットラボ(日曜朝の番組)のN助手。茶器を手にしながら「色はほうじ茶系でしょうか。。。」と冷静に分析をはじめ、「んー燻した香りがします」と印象を細かに綴っていきます。
そして、チョコ。「いわゆるスタンダードなチョコですね。今回は個別包装ですが、銀紙に包まれている板状のものがポピュラーですね」とチョコをほおばり。。。口になじんだ所でお茶を一服。「んんっ?これは!?。。。見事なマリアージュというんでしょうか?」とオドロキの表情を浮かべながらしばしの沈黙。。。
何が起こっているのか?!気になったのでまーしゃもチョコとお茶をいただいてみました。
変わるんです!お茶のスモーキーな香りとチョコのビターな部分が結びついて新たな味わいに!!
これには正直オドロキました。この劇的な変化!まさにミラクルです♪
そんなミラクル♪なティータイムに合わせるお茶JAZZは。。。?足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)が選んだ1曲は、「ドナルド・バード」の「book's bossa」。お茶のミラクル!に音楽のミラクル♪もプラスしたひとときになりました。
さて、次回はもう月末!(2月って早い!)今回のオドロキをどう次につなげていくか?!(いかん、ハードルあげてしもうた。。。)

| | コメント (0)

「京番茶(3年ねかした熟番茶)」&「チョコっとう」

2013021420200000


2013021420200001

バレンタインデーです!知人の京都のお茶屋さんが、京番茶でチョコを楽しむ!という提案をしていたのを見かけ、おお!これだ!!と思って京番茶と、沖縄産黒糖をココアで包んだという「チョコっとう」というお菓子を用意してみました。
気合をいれた本命チョコを味わう!という改まった感じではなく、リラックスして友チョコで一服!という感じでしょうか?
京番茶というとスモーキーな印象をお持ちの方も多いと思いますが、今回の京番茶は3年ねかした有機栽培のもの。まろやかでやさしい味です。
さて、スタジオにやってきたスタッフくん。3年ねかした京番茶を少々フシギそうに口に含んで言葉をさがしている様子。。。まろやかでやさしい感じのお茶は確かに言葉に置き換えるのが難しいかも?!しかし!!それよりも形容しがたい食感だったのは「チョコっとう」。「うーん、フシギな感じです」。いつもと違ってうなずいたり首をかしげたり。。。な展開に(汗)。この「チョコっとう」まーしゃもいただいてみましたが、口に含んだ瞬間はココアパウダーをまとったビターなチョコという感じ。で、噛みしめてみると、ほろっと崩れる黒糖。で、気がついたらチョコが黒糖になっていた!というところかな?これは結構形容が難しいかも?
ま、コメント的には難易度高かったのですが、雰囲気的には、やさしくフシギな食感でほっと一息!パワーがチャージできる組み合わせ♪といったところでしょうか?
そして、お茶JAZZ。3月まではトランペット特集!ということで今月は、「ドナルド・バード」です。足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)がバレンタインデーに選んだのは、「恋人よ我に帰れ(lover come back to me)」でした。
で、前回の“自分史上初!の大仕事”を報告しなくちゃですね。(いやぁ緊張しました!)
「茶業振興大会」という県内の茶農家のみなさんが集まる“大会”があり、その中で「足柄茶コンシェルジュ」の活動についての講演をさせていただいたのでした。ステージの上で50分もひとりでお話をするのは(番組とは全然違って)かなりドキドキでした。いつもとはちょっと違う汗をかきましたが、いろんな機会やご縁をいただけるのってありがたいなぁ。と思います。(今回のお茶が“ほっとする系”になった背景はコレだったか?!と今、自分で気づいた!)
さて、次回はどんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

「ジャスミン+京番茶+かりがねほうじ」&「さくっとほろほろクッキー」

2013020421490000


2013020421490001


立春です!暦の上では。。。とはいっても、“春”って嬉しい響きですね。
おや?なんで木曜日じゃないのに更新??と思っているかたもいるかとおもいます。じつは、今回は、木曜日にまーしゃが自分史上初!の大仕事があり、月曜のパーソナリティーさんに番組を交代してもらいました。
(何が自分史上初か?というと。。。終わってからゆっくり報告しますー!!緊張—!)
立春ということで、春を感じるお茶!を考えてみました。先日ブレンド素材に使ったオレンジブロッサムもそうなんですが、“花”の素材って、まさに“春”ですよね!今回はジャスミンの花を使ってみます!ふんわり春らしい感じが立春ぽい?かな?ということで。。。これに、優しい味の京番茶、それに、すっきりした味わいのかりがねほうじ茶を合わせていきます。
お茶うけもなんか“春”らしい感じ。。。ということで、「さくっとほろほろクッキー」♪どこが春らしいか?というと、名前の「ほろほろ。。。」のあたりが“春”じゃないかと(まったくの感覚ですが)。奄美諸島のサトウキビをつかった「素焚糖」と、北海道大豆のきなこを使ってあるという和素材のクッキー♪「ほろほろ溶けるような新食感」とパッケージにあるのでほんのり春らしいこの時期にはあうかと?!
木曜日にコーナーがあって、また週明けすぐ!という怒濤のペース登場のスタッフくん、立春の小田原の空にかかった虹の話しなどしながら、お茶に手を伸ばすなり「ジャスミン!香りますね!!」(まーしゃ的にはほんのりだと思っていたのだが、じつはけっこう香っていたのだ!)「で、お茶の風味自体はほうじ茶ですね。これはこれで香ばしいです」と、香り、味の両面から素早いコメント(お見事)。
そして、クッキーです「ほろほろっと解ける感じですね。甘さが優しい、というか、“甘い”という感じじゃないですね」(これが素焚糖か?!)「その代わりにきなこの香ばしさがいっぱいに広がります!」(なるほど)「後味もヘンに残らないのでこれは甘いモノ苦手なかたにもいいとおもいます」(ははぁ)。
ふんわり香り、ほろっと解ける。。。うーん、いい感じかも?!
そして、お茶JAZZ。3月まではトランペット特集!ということで先月からのアーティスト・マイルス・ディヴィスから足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!このコーナーの選曲者)が選んだのは、「エニグマ」でした。トランペットな春!ですね。
まーしゃ的には、この「エニグマ」の「グマ」の音から「熊」の絵が浮かんできてしまい、冬眠から目覚めた熊が脳内を闊歩する〜(笑)←JAZZじゃないよね?
お天気は不安定ながら虹もかかって、文字とおり2(に)4(じ)の日となった立春。さて、次回はなんとバレンタイン♪ですね。さーてと、どうしようかなぁ。。。!

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »