« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

「静岡本山 新茶“荒茶”」&「あん入り麦こがし」

2013053019480000_2


2013053019480001

今年の新茶シリーズ♪(第何弾になるんだろう?)今回は静岡です。安倍川の水源地標高800メートルの茶畑で育った本山茶の新茶、しかも「荒茶」が手に入りました。
通常、摘み取られたお茶は、茶畑の近くにある茶工場ですぐに「荒茶」に加工されます。その後、ふるい分けや火入れ、選別を行って仕上茶として出荷されます。が、今回のお茶は、この仕上茶になる前の「荒茶」です。いつも飲んでいるお茶より“より茶畑に近い”お茶♪という感じでしょうか?
合わせるお菓子は、「あん入り麦こがし」。黄身あんを麦の香ばしさで包んだ口溶けのよいお菓子なのだそうで。。。では楽しみに淹れていきましょう。
久々の登場となったいつものスタッフくん。「なんだか香りがマイルドです」と、仕上茶との違いをまずは香りから感じたようです。「味もなんだかさっぱりした感じですね」。合組(ブレンド)や火入れをしていない荒茶はお茶としてはピュアな感じなんですかね?なんというか、お化粧(仕上げ)する前のスッピン見ちゃった!みたいな感じ(!?)←すごい表現でスミマセン!
で、「あん入り麦こがし」。「こ、これお茶に合いますー!お茶もお菓子もすすみますー」とウレシそうにもぐもぐするスタッフくん。実はこのあと、「検定クイズ」のヒントを語りながら重要な単語がぽろっとでてきちゃったりするアクシデント(イエ!これは気のせいです!!)もあったりなかったり(??)で、少々ミョウな汗をかきながらのお茶JAZZ紹介となりました。
新茶シーズンでずーっと忙しそうな選曲担当足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)からは、「また木曜日ですね!早い(O_O)今日の曲は ジ・アイ・オブ・ザ・ハリケーンでお願いします。メロディーに何となく物語を感じるHerbie Hancockらしい1曲です」とメッセージが届きました。今月のアーティスト・ハービー・ハンコックを締めくくるナンバー。。。素顔のようなお茶をいただきながら味わってみましょう。
さて、梅雨入りもしたことですし、次回はどんなお茶を淹れようかな?

| | コメント (0)

「竹村玉翠園 宇治茶“新茶”」&「聖護院の旬菓“宇治”」

2013052319090000


2013052319100000_2

新茶のシーズン♪足柄茶の新茶試飲会であちこち出かけているまーしゃですが、今回は宇治の新茶が届いたので淹れてみます!宇治茶といえば。。。!ということでいつもお世話になっている竹村玉翠園さんの新茶です。宇治の新茶ということでお茶うけはどうしようかな?と考えていたら、市内のデパートの「京のれん市」のチラシが!これはもう行くっきゃないでしょう!!出勤前、開店と同時に会場に直行していろいろと見てみましたが、どれも美味しそう♪で悩みます。ふと、竹村さんのお店の住所が聖護院ナントカ町という所だったな。。。と思い出し、ご近所つながり(?)を意識して、聖護院八つ橋のお店でみつけた「聖護院の旬菓“宇治”」という季節限定のお菓子を購入してきました。
京都に行った気分で味わってみましょう♪
今日のお味見ゲストはクラシック番組を担当する「音楽の深みにハマる男」カルロスさんです。クラシックと吹奏楽のコンサート情報を携えてやってきたカルロスさんによれば、京都はクラシック音楽ともJAZZとも相性のよい町なのだそうですよ。
早速、宇治の新茶を淹れていきます。「色が薄い気がするのですが。。。」と水色の薄さが気になったらしいカルロス氏。昨今人気の深蒸し煎茶とくらべると上品な色。(足柄茶を見慣れた私にはこれがスタンダード!なんですが〜)しかし次の瞬間には「あ、このお茶すごく香りがいいですね♪」とオドロキの表情(でしょ!!)。新茶らしい若々しい生気が感じられるお茶です。
これに「宇治」の名前を冠する生八つ橋ですよ!「うーん、抹茶風味の餡が濃厚—!」スタジオ内が一瞬京都に?!
そんなひとときに流れるお茶JAZZは、今月のアーティスト・ハービー・ハンコックの「サコタッシュ」です。選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)なかなかイイところをチョイスしてくれました。
さて、次回はどんな展開にしようかな?


| | コメント (0)

「湘南ゴールド緑茶 ひだまり」&「クッキー ガレット」

2013051620080000_2


2013051620080001_2

先月の初め、今年の新茶期の安全を祈願する「献茶祭」に「足柄茶コンシェルジュ」として参列してきたまーしゃ。式典後行った呈茶の席で淹れた「湘南ゴールド(柑橘類)」と足柄茶をブレンドしたフレーバーティー「ひだまり」がずっと気になって気になって・・・やっと手にいれたのです!!
というのも、献茶祭の呈茶では、あれよあれよ!という間にお茶がすっかりなくなってしまって。。。淹れていたのに味わってない!と不完全燃焼気分をずーっと引きずっていたのでした。
で、先週農産物直売所「朝ドレファーミ♪」で行われた「新茶まつり」の際に関係者が持ってきた「農業新聞」の記事にこの「ひだまり」が載っているじゃないですか!!早速問い合わせて「在庫わずか!」となっているところを「おとりおき」していただいて今回の登場となりました。わくわく!
筒状のオシャレなパッケージに包まれた「ひだまり」は、封を切っただけでふんわりと「湘南ゴールド」独特のやさしい柑橘の香りが広がります。そうそう、これ、この香り♪先日はこの“香り”まででその先が味わえなかったのだけど、今回はしっかり堪能するぞ!!
気合とともにスタートしたコーナーですが、「ひだまり」のパッケージを眺めるスタッフくんの表情が妙にフヤけた笑顔。。。「や、ぜんぜんお茶とは関係ないんですけど、アニメの“ひだまりスケッチ”好きなモノで、、、“ひだまり”って言葉につい反応しちゃうんですよねー」。はいはい!お茶淹れて行きますー!
お湯を注ぐとまたふわっと香る「湘南ゴールド」。アタリマエですが、なんとなく柑橘っぽいとかではなくて、きちんと「湘南ゴールド」の香りなんですよ♪(すごい!)
このお茶を手がけたのは世界緑茶コンテスト最高金賞を受賞した茶師のかただそうです。で、味は?「うーん、なんていうんだろう?表現の方法がまちがっていなければいいんですけど、なんか“イタリアン”なテイストです」とスタッフくん。は?イタリアン??確かに湘南ゴールドと足柄茶が見事にマリアージュしてひとつの世界をつくりあげている感じです。うん、絶妙!!
で、今回はすっかりカゲが薄いお茶うけですが、しっかり用意はしていますよ!でも、お茶の風味を存分に味わう!ためにあまり個性のあるものは避けた方がいいかな?と、プレーンな感じのクッキー「ガレット」を用意しました。
「ほんのりバターの香りですね」とスタッフくん。このお茶の香りと味わいは繊細なのでこのくらいでちょうどいいかも?
そして、お茶JAZZ。選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)は新茶販売真っ最中で疲れていないかな?今回は、今月のアーティスト・ハービーハンコックから「ブラインド・マン、ブラインド・マン」をチョイスしてくれました。
さて、次回はどんな展開にしようかな?
足柄茶コンシェルジュとしては、今月新茶の試飲会などでいろいろなところに伺って忙しくも充実の毎日。どこかでみかけたら気軽にお声をかけてくださいね。

| | コメント (0)

「ぞっこん(茶葉)/(ペットボトル)」&「江戸ころん(メロン)」

2013050920150000_3


2013050920160000_2

新茶のシーズンではあるが。。。ふと気になっちゃった実験をひとつ。某大手メーカーさんのペットボトル茶「ぞっこん」に茶葉製品があるのはラベルで見て知っていたんだけど、この茶葉製品の実物(!)に出逢っちゃったのだ。こうなるともう「気になってしょうがない」モードに突入しちゃうワケで。。。
スタジオで淹れ比べます!!
あわせるお茶うけは「江戸コロン(メロン)」。薄緑色の外観は新茶シーズンに大量発生(?)する抹茶フレーバーかとおもいきや?!メロン風味(?)の和風マコロンらしい。あえてこの時期に抹茶ではない心意気(?)が気に入った!!(や、この時期に限らずこのフレーバーで売ってるのかもしれないけど)
異例の実験モードでスタジオ突入!!
スタッフくんは茶器に注いだ両方のアイテムを見るなり「色、ちがいますね。一方はペットボトル茶らしい山吹色。もう一方は深蒸し茶らしい深緑色ですね。」とはじまり「味も全然違います!が、このペットボトルの方、、、美味しいですね。他のメーカーのペット茶で“急須で淹れたお茶に近いのは”っていうのがありますが、このお茶も深みのある味がペットボトルらしくない感じです。これはまた買いたくなる感じです」とペットボトルバージョンを大絶賛。確かにペットボトルのお茶としてはかなり個性的な感じです。で、茶葉のほうは?「渋みもしっかりある深蒸し茶です。濃いお茶好きなかたにはコッチがオススメですね。」なるほど。。。似てない双子って感じですか?!しかし、よーく味わってみるとこの2つのお茶、後味に残る香りがおんなじ♪なんですね。「香りを極めた」とパッケージにあるのはその辺りかな?なかなかオモシロイ飲みくらべ実験になりました。(顔は似てないんだけど雰囲気はソックリよ!というところかな?)
おっと!「江戸コロン」をわすれてた!!「まったくメロンです!」と言い切るスタッフくん「某有名メロンパンの皮だけをぎゅっと凝縮させたような〜?!」と表現してくれましたが、ホントに味はメロンパンの皮!食感はマコロン!!というところでしょうか。ついつい手が出て止まらなくなる危険性大です。
このマコロンに合うのはどっちのお茶だろう?と飲み比べをしながら流れてきた「お茶JAZZ」は、今月のアーティスト・ハービーハンコックの「ワン・フィンガー・スナップ」です。新茶シーズンで大忙しの足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)は曲目を確認しようと連絡したら「もう1週間たっちゃったんですか!」だって!
忙中閑あり。忙しい時期でもどこかで一服。大切かもね!さて、次回はどんなお茶を淹れようかな?

| | コメント (0)

「足柄茶(極上)新茶」&「足柄茶チョコサンド」

2013050219350000_5


2013050219340001_4


2013050219340000


2013050219330000_11

夏も近づく八十八夜!いよいよ新茶シーズン到来ですー!
新茶!新商品!!ということで、今回は初物づくし♪でスタートです。
今日発売!という「足柄茶(極上)」を携えて㈱神奈川県農協茶業センターの守屋さんがスタジオにやってきてくれました!(わーい!)
お茶うけもこのたび新発売の「足柄茶チョコサンド」です♪
待ちに待った地元・足柄茶の新茶♪しかし!初対面(?)のお茶を、お茶のプロの前で淹れるというのは、いつもと違う汗をかくほどキンチョーします。が、さすが!「極上」。新茶らしいさわやかな甘味と香り♪です。
カゲでお相伴していたN助手は「生命力を感じます」と、哲学的な(?)コメントを。。。
そして、今回新発売という「足柄茶チョコサンド」。足柄茶を練り込んだチョコを焼き菓子でサンドしたものです。素朴な焼き菓子の味わいのあとに、ほんのりとお茶が香ります!
しかも!今回はそれだけじゃないのだ!八十八夜に摘んだお茶の葉の天ぷらを差し入れでいただきました。“縁起もの”の八十八夜に摘んだお茶をこんな形でも味わえるなんて!!(感激♪)やわらかなお茶の新芽はこの時期だけの味覚♪
新茶の恵みをふくふくと味わうシアワセな季節♪しかし同時にお茶に関わるお仕事をしているみなさんには忙しい季節でもありますね!足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)が選んだ今回のお茶JAZZは?「私の大好きなハービーハンコックです!5月は忙しいので魔法でも使えたら!って事でソーサラーです」。
と、いうことで、今年の新茶シーズンが始まりました!はりきっていきましょう!!

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »