« 「島根産 有機番茶」&「出雲そばの実せんべい」 | トップページ | 「玉露のくき茶(水出し)」&「平家パイ」 »

「ミル芽くき茶(水出し)」&「源氏パイ」

2013080819560000


2013080819560001

子どもたちの夏休みも折り返し地点というところですね。暑さもあってついついだらだらと過ごしてしまいがち。。。ですが、あとから“シマッタ!”にならないためにもめりはりのある生活を心がけたいですね。そんな時の気分転換の一服にこんな趣向はどうでしょう?
と、いうのも、先日スーパーのお菓子売り場に「平家パイ」というお菓子が並んでいるのをみつけて思わず手に取ってしまったまーしゃ。たしか、ハート型のパイで「源氏パイ」というのがあったけれど、まさか??そうでした。源氏パイと同じ会社から発売されている姉妹品だったのです。しかし、今までなかったよね?と、疑問に思って調べてみました。ら、発売されたのはつい数年前。某大河ドラマで「平家物語」が放送されていた頃にできたようです。ふふーん♪じゃ、どっちも食べてみたいから「お菓子の源平合戦」でもやってみちゃう??ということで、今回と次回の2回シリーズでこのパイを食べ比べる!という(自由研究的な?)ラインナップで行ってみましょう!
合わせるお茶も「源平」らしく飲み比べられるといいなぁ?と思ってこんなお茶たちを水出ししてみることにしました。「ミル芽くき茶」VS「玉露のくき茶」。本当にやわらかい(ミルい)芽の“くき”をあつめて作ったお茶と、茶摘み前の数週間覆いを被せて柔かで旨みがたっぷりに育てられた「玉露」の“くき”のお茶です。どちらに軍配が上がるかなぁ?(ま、勝敗はつかなくても良いのだけれど)
で、その1回めの今回は”先攻“「源氏パイ」&「ミル芽くき茶」です。
以前からなじみのある源氏パイをいただいてその食感や味を再確認?しつつ、次回の「平家」をキビシく吟味しようという感じでしょうか。
番組が始まる前に少し濃いめに水出ししておいた「ミル芽くき茶」に氷をうかせて冷やします。冷蔵庫がないスタジオで冷たいお茶をいただくにはちょっと工夫がいります(汗)が、ベースのお茶の濃度がちょっと濃かったみたいで「しっかり出てますね。濃いです」とスタッフくん。なるほど“ボディ感”のある感じです。が、ミル芽の“くき”らしい甘味がほんのりと香ります。そして、「源氏パイ」。スタッフくんたら、おなじみのハート型のパイをサクサクぱりぱりといただきながら「これって、食べ比べるなら同時にくらべたいですよね」とイタいところをついてきます。「せっかくの素材だから1回で使い切っちゃモッタイナイかな?とおもって、2回ひっぱろうと。。。」としどろもどろになりつつなんとかお茶JAZZのコーナーに逃げ切った(?)のでした。
そんな今回のお茶JAZZは、今月のアーティスト・カイルイーストウッドの「ビッグ・ノイズ・フロム・ウィネトカ」です。選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)からは、「この曲は色々なアーティストがカバーしていて日本ではエゴラッピンがコピーしてました」とコメントが届きました。彼のセカンドアルバムでは、お父さんのクリント・イーストウッドが口笛で参加しているとか。
演奏の背景などにも耳をすませながら、夏の夕暮れを冷たいお茶と一緒に楽しみましょう。
さて、「真夏の源平(パイ)合戦」次回は、平家の登場です。


|

« 「島根産 有機番茶」&「出雲そばの実せんべい」 | トップページ | 「玉露のくき茶(水出し)」&「平家パイ」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「島根産 有機番茶」&「出雲そばの実せんべい」 | トップページ | 「玉露のくき茶(水出し)」&「平家パイ」 »